天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

2017年のタスク管理

2017年に「タスク管理」カテゴリーを付与したエントリは17でした。はてなブログのカテゴリーは重複して付与できるので、タスク管理っぽいくらいでもつけており、純粋な?タスク管理エントリはあまり多くありませんでしたね。

特筆すべきできごと

独立したエントリにはあげていないのですが、今年は夏にTaskFreaks!! Zwei!!に参加しましたし、年末の忘年会も去年に続いて出張の前乗りで参加しました。夏のZwei!!では、グループディスカッションに加えてショートプレゼンテーションがあり、非常に面白く興味深く有意義にあっという間に時間が経ちました。楽しかった。

加えて、今年は、職場でタスク管理について共有しようという話が持ち上がり、部下のみなさんの個々のやり方を聞いてほぉーとかへぇーとか言っていたら「是非せんりさんのも共有してください!」と言われて「それじゃあ」とタスク管理システム?について熱く語ってしまいました。

その際には、イド♂さんのタスク管理論を随分参考にさせてもらいました~。タスクとプロジェクトとイベントの整理とか、請負プロジェクトや請負タスクの性質とか。皆さん整理されて理解が進み、好評でしたよ!ここで遅ればせながら感謝を!

自分のタスク管理システム

2016年の年末に書いたレビューから大きくは変わっていません。「たすくま」をガイドに日常生活はリピートタスクで回し、仕事は大きめの塊で集中して実行する形で定着しました。TaskFreaks!! の際にも、仕事では分解せずに大きな塊で実行しているという話をしたのですが、タスクやプロジェクトの性質上、分解せずに回すのが最適っぽいということで話が落ち着きました。

backstage.senri4000.com

のきばトークでの佐々木さんの発言から、認識とタスク管理というエントリも書いており、我ながら忘れていましたが、今読み返しても、やっぱりその通りだな、と思います。

backstage.senri4000.com

10月に、午後のセクションをさらに広く取るように変更しました。13時~15時、15時~16時、16時~17時、17時~18時と刻んでいたのですが、13時~15時だと塊でプロジェクトを進めるには短いため、午前中と同じく3時間取ることにして、16時までを一括にしています。なんだかんだと会議が入ってくるので、ガッツリ3時間取れる日があまり多くはないのですが、2時間と3時間だと集中して進捗する度合いが随分違うのでで、無理矢理2時間で切り上げるよりよい感じです。

とはいえ、こうして集中スロット方式で仕事が進むのは、私の環境が島になっていない独立机である(個室やパーテションで区切られているわけではありませんので、それなりに周りの様子は分かりますが)こと、ルーティンの報告・相談は時間を固めて取っていること、実務はかなり部下に任せていること、に起因しているのかな、と思います。電話も自分では取らないし、個別相談電話や相談も基本は実務側に入るのであまり多くありません。

チェックリストのチューンナップ

日常の行動の細かいところが変わったせいで、それまで上手くできていたことが落ちる、ということが何度かあり、都度チェックリストをメンテナンスしてきました。メンテナンスすれば防げることが分かっているのは強いな、と良く思います。「気をつける」というのはまったく信頼が置けないので。

backstage.senri4000.com

backstage.senri4000.com

これらのエントリの他にも、実家を訪問するときのチェックリストを作成、更新。これはEvernoteのノートにしています。

と書いて、たすくまのチェックリストとEvernoteのチェックリストってどう使い分けているのだ?>自分 と思いました。Evernoteの方が導入が早かったので、初期のチェックリストはEvernote側に置いているものが多いのですが・・・。

傾向としては、毎日見ないもの(出張の用意とか旅行の荷物リストとか)はEvernoteに入れていますね。全部たすくま側に移そうという気持ちにならないのでどちらも生きており、それなりに仕分ける意味がありそうなんですが、はて、なぜそうなっているのか、意味があるのかないのか、この先もう少し考えてみようと思います。

ログとレビュー

こちらも昨年からあまり変化なく、たすくまのログは1日分まとめての出力のみで、翌朝それを眺めて思い出して終了です。これを行動のトリガーにすることまではしていません。もちろん、思い出すので、それが行動に反映されることはありますが、仕掛けまではしていない、ということです。あまり必要性も感じておらず、申し送りができていればOKという緩い感じです。

ログとは別に、日記も継続していて、こちらは1週間単位の表形式(Excelベース)なので、毎日並べて見ることになり、それなりに振り返りの効果はあります。

週次レビューは、このブログの週のまとめ記事を書いているだけで、非公開でのプライベートなレビューは全く行っていません。週のまとめをするときに、その週のエントリと共に日記を参照しています。公開しないとうまくレビューができないという性質がある(強制が働きにくくなるので先送りした挙げ句レビュー自体をしなくなる、自分しか見ないとなると書き方の丁寧さが落ちるので見返したときに分からなかったり気分が悪くなったりする)ため、きっと今後もこの方式で行くと思います。

幸い、今年も週のまとめ・月のまとめ記事は遅れはあってもスキップなしで完了することができそうです。読み返すことも多くあり、読み返す度に書いて良かったと思うので、来年も継続します。

12/18~12/24 今週のまとめ (2017-W51)

残すところ今年もあと1週間となりましたね。

今週も、寒さ継続しておりましたが、週末に向かって少しずつ緩み、本日日曜日は日中ずいぶん暖かく感じました。明日の最低気温は久しぶりに5度を超えそうな予想になっています。久しぶりの雨の予報でもあり、そのせいかな。

水曜日に恒例のリメディアルセラピーに行ったのですが、まだ先週の株主総会本番の余波を引きずっていて相当お疲れ&酷い凝りを指摘されて「よく休んでください」と言われて帰ってきました。その後もまだ凝りの酷い状態が継続していることに加え、にわかにインプット祭りになっていて夜が遅くなり朝が起きられないための運動不足が追い打ちをかけており、朝起きたときから背中が痛かったりしています(寝ている間に凝りが悪化するってどんだけ)。

この年末年始はカレンダーの都合で休みが短い中、無理矢理遠方へスキー旅行にいくため、生活を整えたり環境を整備したりも徐々にやりたいと思いつつ、あまり進展しないままに最終週へ突入しそうです。

整理の成果?埃をかぶっている書棚から救出して手元に持って来た子たち。見えるところに置いて眺めて和みたいですよね。。。

息子たちは22日に学校が終わって冬休みに入り(といっても学期通じて数学が赤点だったので26日に追試の息子2号ですが)、早速泊まりでスキーに出かけ、楽しそうな写真が送られてきています。来週には私もスキーなんだけど、さっぱりピンときていません。

年内の実家訪問も最後になり、短時間ながら顔を出してきました。年末押し迫っていますがギリギリ28日まで介護サービスは提供されますし、明日25日は手すりの設置工事も入ってもらえるようです。ありがたや。

そして仕事の方は、大きな塊を片づけたあと、次の塊に取り組んでいますが、手を離したくて離せないプレイヤー仕事がいくつも噴火していて手分けしてドタバタしています。標準化と人の育成がやっぱりキーですね。

今週のエントリ

観点別の年次レビュー始めました。あと書きたいのは、2017のタスク管理、心身の話、介護の話、お仕事の話、インプットの話、といったところですが、年末までに終わるかしら。。。

12/23(土)

backstage.senri4000.com

まだ今年だったんだ、これ!と思うものもあれば、もうそんなに経ってたんだ~、と思うものもあり、色々です。ここには書いてませんが、12月になって夫がApple watchを買ったり、Surfaceを買ったりして横目で見ています(笑)。

backstage.senri4000.com

毎日一緒に生活している間は変化が見えにくいので、時々思うところを記録しておくとよいよな、と思うのでした。あまり個人のプライベートに踏み込まない程度に、こちらの思うところとして。

12/24(日)

backstage.senri4000.com

組合せの妙というのが強く出るようになり、面白みが増しました。とはいえ、それをどう活かすのかというのは考えどころですね。

今週のインプットメディア

初読の本

億万長者 富の法則

億万長者 富の法則

才能は開ける

才能は開ける

  • 作者: ロジャー・ハミルトン,宇敷珠美,アンジェラ・マイコ
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2015/03/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

億万長者の秘密をきみに教えよう! (中経出版)

億万長者の秘密をきみに教えよう! (中経出版)

ウェルスダイナミクスの日本の公式サイト(一般社団法人 日本適性力学協会)ではじめてセット[コンプリート]なる3冊を買って読了しました。そしたら毎日メルマガが来るようになり、凄いわここ・・・。内容はとても興味深いですが、情報量が膨大で消化するのに時間がかかりそうです。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXIII (電撃文庫)

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXIII (電撃文庫)

前回と今回の厚さの違いはいったい・・・。外伝とは言わないまでも、幕間という感じの1冊でした。次回最終巻らしく、楽しみです。

茉莉花官吏伝 二 百年、玉霞を俟つ (ビーズログ文庫)

茉莉花官吏伝 二 百年、玉霞を俟つ (ビーズログ文庫)

シリーズ化され、2冊目が出ました。この先どうなっていくのか面白そうです。

その他のメディア

のきばトーク65

今回のテーマは、佐々木さんのブログの記事から発展したものでした。

ツールをいくつも併用することになってしまう、という話の中で、佐々木さんが、Googleカレンダーから取り込んで「たすくま」へタスクを入れる、と言われていました。私も同じようにやっているのですが、その前にTodoistがなんで必要なんだろう??と思ったことでした(私は直接カレンダーに書いてしまう)。いったんリストになっているのが重要なのかしら。

12年ぶりのストレングス・ファインダー

先日京都で泉さん(@hoppetagaotiru)と語らっていたときにストレングス・ファインダーの話が出ました。話の流れとしては、記録で明らかに違うと分かっていても、自分の全てのリソースをつぎ込みたい衝動に何故駆られるのか、という文脈だったかと。で、ひょっとして「達成欲」のせいか?とか。

ストレングス・ファインダー2.0

最近余り思い出すことがなかったので、散々探して昔のブログ記事を発掘したのですが、なんともう12年も前のことなんですな。当時とは状況もずいぶん違っているので、再度受けてみようかと思ったところ、書籍も手元から処分してしまっていたようなので、Amazonを見ていたら、新版が出ているではありませんか。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

書籍の内容のバージョンアップにも興味が出てきたので注文し、アクセスコードを入手して、WEBテストを受けてみました。

Clifton StrengthsFinder

全ての資質一覧

今回は、上位5つだけではなく、追加で34の資質全部も入手。その結果が以下の一覧です。サイトで表示される色にほぼ合わせて色分けして表にしてみました。見事に分野の偏りが見られまして、上位は思考系が大半を占め、人間関係はほとんど下位に集中。どんだけ人が苦手なんだか>自分。

f:id:senri4000:20171224155006p:plain

上位5つについても、前回3位だった「調和性」がなんと30位に落ちていて、何が起きた?という感じです。

思うに、昔から人付き合いというのが苦手で、ただのお喋りとか何の意味もないと思ってるし、当たり障りのない話とかできないんで美容院でもタクシーでも話しかけないでほしいし、大勢の人がいるところってそれだけで疲れるし、なんですが、そういうのをストレートに出すと「協調性がない」とか「気がきかない」(最近の用語で言えば「女子力低い」)とか叩かれるので、防衛のために周りがどう思うかを先回りして気にしていたのが「調和性」ということだったのかな、と。

で、こういうのって、加齢と共に周りに溶け込まなくてもなんとかなるようになってくるので、昔より自分に素直に振る舞えるようになってきているように思います。(そういえば、20代の若い頃って、早く歳を取りたかったなぁ(遠い目)。)それがテストにも反映されたのだろう今回ということなのでしょう。それにしても代わりに入ってきた「個別化」というのは説明を読んでもよく分かりませんが・・。

5つの強み(資質)

さて、上位5つの強み(資質)については、以前は誰にでも同じ解説文だったものが、現在では、他の資質との組合せによって違いが出るようになっているようです。34の資質の組合せということで、完全一致の人はなかなかいないため、似た資質を持っている人との間でも違いがあり、独自性が出てくる模様。また、例えば「内省」など、前回の解説ではなんのこっちゃさっぱり分からなかったのですが、今回のものを読むと、学習欲や収集心との組合せが出ているのが実感でき、分かりやすくなりました。

じっくり読むためにWorkFlowyに日英両方入力して読みました。長くなりますが、こちらにも全文載せておこうと思います。特にそうだと思ったところを強調表示にしています。

01.学習欲_Lerner

あなたは本能的に、自分の注意を引き続けるプロジェクト、問題、機会に労力を集中させることにほとんど苦労しません。強みによって、あなたは、質問に答えてもらったり、調査によって新しい情報が得られたり、知識が深まったりすると、ありがたく思います。あなたは、いつも、会話やメディア、インターネット、本、授業などを通じて理解を深めます。あなたは、自分の生まれつきの能力に沿わないテーマに大部分の時間を費やすことに抵抗を感じます。その代わりに、才能を活かして、最高の結果を出すことを選びます。多くの場合、あなたは、仕事や研究をしているとき、気を散らすものを完全に無視することができます。気持ちが課題から逸れることはまずありません。あなたはおそらく、しなければならないことを前もって把握しておきたいタイプでしょう。背景説明や、プロジェクトの基準リストを提供して欲しいと思っています。あなたは、そういった情報を手元に置いて、目標に近づいていきます。あなたは、活動やイベント、プロジェクトに関して、知っておくべきこととそうでないことを簡単に、確信を持って区別できます。持っている才能によって、あなたは、継続的な学習に価値を見いだすかもしれません。これは、特定のテーマに関するあなたの興味を反映しています。あなたは、知識や技術を取得するプロセスに魅力を感じるときがあります。おそらくあなたは、歴史的事件や重要人物について新しい事実を見つけることにわくわくするかもしれません。定期的に、歴史上の特定の時代を深く研究している専門家に頼ることもあります。

はい、「集中する」ことには苦労なしで、気を取られるとか脱線するとかってタスク管理上のテーマによくなるのですが、実のところ「ふーん」という感じです(すみません)。

02.内省_Intellection

あなたは本能的に、アイデア、概念、諸説のやりとりがなされている会話に引き寄せられます。世間話、うわさ話、ゴシップは避けます。自分の得たあらゆる情報について検討し、覚える価値のあるものとないものを選り分けます。あなたには知識の整理の仕方があり、後で素早く思い出せます。多くの場合、あなたは、1週間に最低5時間は一人になって考える時間として決めます。おそらく雑念や割り込みを取り払う方法を見つけているでしょう。家族、友人、同僚、チームメンバー、クラスメイトなどと過ごす時間が少ないという事実を受け入れています。生まれながらにして、あなたは、興味深いテーマについて掘り下げて考えます。講義、実験、研究のトピックを読み、書き、聴くことで、それらに対する理解を広げます。誰もたずねたことがないような質問を考えることがよくあります。自分で答えを見つけることも多いでしょう。持っている才能によって、あなたは、スポンジが水を吸い込むように、書かれた文章を吸収します。読書に没頭する機会を大いに楽しみます。面白い本、または有益な本を読んでいるとき、時間が飛ぶように過ぎていきます。できるだけ速く本を読み終えることだけを考えています。強みによって、あなたは、人間としての成長や仕事上の責任、家庭での義務、友人、健康、精神的刺激など、人生の重要な側面に十分な時間とエネルギーを注ぎたいと願っています。興味深いテーマや夢中になれるフィクションについて読むことは、あなたにとって生活の質を向上させる要因であるはずです。

1の学習欲や4の収集心との組合せがよく出ているように思います。

03.達成欲_Achiever

生まれながらにして、あなたは、進取の気性に飛んだ人です。新しいベンチャーを苦もなく立ち上げます。自分の進捗を定期的に測定しているのではないでしょうか。おそらく測定の結果を見てあなたはもっとハードに働く気になるのでしょう。おそらくあなたは、さまざまな知識やスキルを習得することを重要視します。一生懸命働くことと個人またはプロとして成長が促進されることには、明らかに相関関係があると考えています。多くの場合、あなたは、自分のことは後回しにして、他の人に注目することによって、その人の士気を高めることがよくあります。彼らが口にした重要なアイデアや質問を繰り返すことに努めます。強みによって、あなたは、正確さと緻密さが強く要求されるプロジェクトに取り組むことを好むことがあります。勤労意欲の強さによって、そのような作業を正しくやり遂げるまで働くという思いに駆り立てられます。あなたは本能的に、常に、自分の才能、エネルギー、努力、および推論の大部分を、目の前の課題に向けます。あなたはおそらく、適切な判断により、専念する価値がある長期目標を確立できるでしょう。

達成欲についての解説には、この資質は「体力があってエネルギッシュな体育会系資質」とか「ケダモノ並の体力」とか書かれているものが多いのですが、あまりそこまで強くは出ていないですね。資質と体質ってそんなに強く相関するものなのかしら?と虚弱体質の自分としては思ったりします。とはいえ、私の場合、達成欲が自分の体力を食いつぶすというか、達成衝動に負けて倒れるということが多く、持て余し気味という話があります。

04.収集心_Input

生まれながらにして、あなたは、物事に秩序を与える、物事を整理する、不要なものを捨てるための有益なヒントを与えてくれる本、文献、インターネットサイトに惹かれがちです。多くの場合、あなたは、自分が多読家であると信じているでしょう。あなたは資料を読まなければならないからではなく、読みたいから読みます。あなたはその過程で、自然にさまざまな分野やお気に入りのトピックについて、多数の事実、データ、情報、背景または洞察を蓄積します。強みによって、あなたは、書籍や他の印刷物に書かれたアイデアを読んで楽しみます。あなたは、読み進めながらそれ自体の多くの情報を蓄積します。一週間の間に、数時間を宝の山である事実、データ、歴史、または調査について熟考して過ごす傾向が高いでしょう。新しく得た概念や理論、研究結果などの一つか二つについて考えるために、あなたの時間の大部分を費やすことがよくあります。おそらくあなたは、情報の輪に加わることによって知識を拡げたいと考えています。そのため、あなたはほとんどの人が可能なレベルよりも深く、思慮に富んだ会話を交わす人々に引かれます。「世間話」、つまり無駄な会話に参加するのは、あなたにとって時間の無駄に思えます。持っている才能によって、あなたは、心の広い、機転が利く人の理想的なお手本です。思考はあなたの時間のかなり大きな部分を占めています。あなたは自分と同じようによく読書をする人と意見交換をするのが好きです。活字に対する情熱は、あなたの思考過程を刺激し、洗練された会話の基礎を築きます。あなたは一人でいるときには、おそらく優れた著者の考えや著名な研究者の発見について熟考するでしょう。

ここで「世間話は無駄と思っています」と言われるって(笑)。非常に頷くところが多いです。

05.個別化_Individualization

おそらくあなたは、提言、変更の提案、助言をすることにより、特定の個人を支援することがあります。あなたは、これが自分の強み(長所)であるとかなり感じています。あなたは、何度でも同じメンバーでチームを組むのが好きでしょう。あなたは、特定のチームメンバーと一緒にいればいるほど、それぞれの独自の長所、関心事、仕事のやり方、望ましい褒め方、気分の変化を特定しやすくなるでしょう。強みによって、あなたは、時間をかけて観察し、会話を交わした特定の人たちには、支援の手をさしのべるかもしれません。ある程度、個人の独自の関心、才能、制約、経験、目標、知識、スキルを特定することができます。こうした洞察力により、あなたは、個人個人の状況に合わせて、自分の対応を調整することができるでしょう。こうした洞察力により、あなたは、個人個人の状況に合わせて、自分の対応を調整することができるでしょう。あなたは、本能的に、人に支援を提供したいと思っているようです。ただし、ときには、自分が喜んで支援の手をさしのべていることを相手に上手く伝えられずに苦労することがあります。多くの場合、あなたは、特定のチームの一員になることに喜びを感じるかもしれません。なぜなら、あなたはときに、パートナーがプロジェクトに何を貢献できるかを把握できるように、とにかく助けたいと思うことがあります。あなたは人的資源と物的資源の調整に手を貸すことがあります。あなたはときに、もう一人助けてくれる人がいるかいないかで物事の成否が決まるという状況に陥ることがあります。

上にも書きましたが、この解説、さっぱり分かりません。他の上位の強みとの組合せがうまく出てこない、稀な取り合わせなんでしょうか。はて??

そしてこの後?

上記の結果の活用について考えたい、そのヒントはなにかしら、とあれこれ調べている間に、タスク管理クラスタの一部で盛り上がっているWealth Dynamics日本語)にも興味が出てきて、そちらの診断を受けたり、書籍に手を出したりしています。これについては、また改めて書こうと思います。

家族の関係の変化

この週末は、息子たちが泊まりでスキーに出かけています。午前中は夫と部屋の片づけや掃除をし、諸々相談などしていましたが、午後からは夫が買物と碁会所に出かけ、私は一人で家に残りました。食料品の買物に出たり、ブログを書いたり、本を読んだり、調べ物をしたり、アイロンをかけたり。基本一人で考えたり調べたりするのが好きなので、とても充実感があります。

息子1号は今年の1月に成人式を迎えました(20歳になったのは去年の10月ですが)。運転免許を取ったのが昨年9月。毎日とは言わないけれど、週に複数回は家の車を運転し(おかげで保険料がジャンプアップして大変でした)、めでたく初心者マークを卒業。危なげなく運転しているので、頼めることが増えました。飲酒年齢にもほぼ同時に達しているのですが、どうやらアルコールの分解酵素が足らないようで、特に飲みたい欲求もなく、飲むのが好きな両親としては大変ありがたい存在です。

backstage.senri4000.com

そんな風に息子1号の行動範囲が広がった恩恵を一番受けているのは息子2号で、昨シーズンも何度も二人でスキーに行き(時には息子1号は滑らないのに送っていき)、二人で宿泊もするようになりました。夏休みにも足を伸ばしてドライブ日帰り旅行に行っています。

息子たち二人とも家には残っているけれど、独立性がずいぶん高くなってきており、子どものために何かをするという意識はこの1年でほぼなくなったように思います。同居人とまでは行かないけれど、義務感から解放されて、少しずつ貢献しながら暮らしていく感じに近づきつつあります。ただ、私がその中心にいて取り回しているところは変わっていないので、この先はもう少し自動的に回るような形に持っていきたいな、と思っています。

backstage.senri4000.com

backstage.senri4000.com

そして、子育てと生活で精一杯だった時代が過ぎて、夫との関係も余裕が出てきたように思います。子どもが生まれる前(20年以上前ですね)の関係に戻った面もあり、年齢を重ね、共に過ごした時を重ねている分がそこに加わって楽になったところもあるように思います。

backstage.senri4000.com

非日常を共に過ごすのも楽しいのですが、日常生活も、勝手にお互いに過ごすばかりでなく、自然に共にありたいな、と思ったりする年の瀬です。

2017年のガジェット・小物類

昨年、カテゴリ別のまとめ記事をいくつか書いてまして、自分的に割と良かった(全体でまとめようと思うと膨大になりすぎるんですよね)ので継続してみます(ガジェット・小物類の2016年まとめ)。

2017年に「ガジェット・小物」カテゴリで書いたエントリは23件。このうち、モノを新調した系が14件、アプリの導入が1件。その他はモノに関連したなにかしらの記事です。多少遠いかなというものもありますね(携帯の回線集約とか)。

f:id:senri4000:20170327210424j:plain

今年は去年より買った物も多かったように思いますが、しっかり活用できていて満足高い感じです。それによって生活が変わったものもいくつか。しかし、このカテゴリ、「物欲」に変えても良さそうな。ガジェットでも小物でもないものが増えてます(苦笑)。

さて、特に活躍しているものたちを順に並べてみましょう。切りのいい数字にならなかったので、7つです。

1位 L字デスク (4月導入)

backstage.senri4000.com

この机を導入したのが今年に入ってからだったなんて信じられない(笑)。アレコレ移動しなくてもすべて机上で作業ができるようになり、劇的にストレスが減りました。多少散らかっても吸収できるだけのスペースがあり、でも、散らかりっぱなしになると気になる(すっきりしていた方が気持ちがいい)し、すっきり片づけるのも手間がかからない(収納先が決まっている)ので、とても快適です。

足台として導入したヨガブロックもいい感じです。

backstage.senri4000.com

2位 iPad Pro と Smart Keyboard(3月導入)

backstage.senri4000.com

こちらも快適です。出張にPC持っていこうかどうしようかと迷うことがなくなりました。新聞も読みやすくなったし、キーボード入力の快適さはこれまでで一番です(やはりそこは純正品・・・)。

購入時にApple pencilも買いたい衝動に駆られて少し迷ったのですが、結局今に至るまで買ってません。あまり手書きしたいという欲求がないということが初代のiPad以降何度か試した結果わかってまして。

手書きの場合、画面の大きさだと小さすぎてガマンできないというか、全体が見えないのがイヤというか、自分でも今一つよく分からないのですが、手で書くなら紙の方が今のところよい感じです。まあ、来年のこのカテゴリには買いました記事を書いているかもしれませんけどね(汗)。

3位 AirPods(11月導入)

backstage.senri4000.com

こちらも、さすが純正品という快適さで、接続・充電のスムーズさは素晴らしいです。とはいえ、移動中に主に聞いている関係で、ノイズキャンセラが欲しい思いも募ってまして、ソニーのこちらが欲しい・・・。

www.sony.jp

今のところまだ切望まで行っていないので、お試しもしてないのですが、いつまで保つかな・・・。

4位 anelloの口金リュック2つ(5月と7月に導入)

backstage.senri4000.com

普段の移動の荷物の持ち方が激変しました。とても気に入っています。本体が軽く、形が四角に近いので、見た目よりたくさん入り、書類も入れやすいこと、ポケットが少ないのでどこに入れたか分からなくなったり、入替えのときに出し忘れたりすることが少ないこと、サイドポケットが深めで落ちにくいこと、などがお気に入りポイントでしょうか。

backstage.senri4000.com

そして、宿泊出張用に買った大きい方は、バッチリでした。下着類をメッシュの袋に入れて底に配置、充電グッズを追加、その上に通勤と同じように手帳類とiPad miniを放り込めばOK。手が塞がらないし、キャリーバッグのように動きがもたつかないので身軽です。

5位 iPhone 8(10月導入)

backstage.senri4000.com

2年ごとのルーティンになっているような感じで、目新しさがまったくありませんが、なしではいられない、すっかり生活インフラですね。12月からウルトラデータパックLにして、外出中のストリーム視聴も快適になりました。

6位 アイロンとアイロン台(6月と7月に導入)

backstage.senri4000.com

backstage.senri4000.com

どちらもとても快適。バイトにスーツ必須の息子1号が時々カッターシャツをかけるのに使っているようです(2枚しか持ってなくて週に2回バイトがあるため、洗濯し忘れると慌てる感じですね)。しかし、アイロンのケースがちゃちなプラスチックで、うっかり手を滑らせておとしたらパッキリ割れてしまい瞬間接着剤のお世話に・・・。

7位 ScanSnap iX100

backstage.senri4000.com

狙い通りでとても便利に使っています。毎週毎週実家へ出かけるお供として欠かせません。厚みのあるものも通るので、家で使うこともあります。iPad proに取り込んで、帰宅後Syncで取り込んだものをPC上でOCR処理の上、Evernoteへ共有しています。ここが地味に時間がかかるため、遅れがちになっていますが。。

12/11~12/17 今週のまとめ (2017-W50)

寒さは引き続いてまして、氷点下とか近年の当地にない冷え込みです。臨時株主総会の日は当初雪の予想とか言われていて「冗談でしょ!」とか思ったのですが、風は強かったもののなんとか雪にはならずにすみました。

で、無事に本番はつつがなく終了いたしまして、心配したような事態も起こらず、少ないとは言え一般株主さんにも来場頂け、質問も1問あり、関係者一同ほっとしました。本番の日というのは私自身は何か役があるわけではなく、全体を見ているだけなので(私の一番働きどころが多いのは前日のリハーサル)、なんということもないはずなんですが、終ったらどっときまして、発熱と疲労で使いものにならなくなり、早退して家で倒れてました。自分の勢いに身体がついてこられないのはいつものことですが、見越して午後休の予定にしておけばよかったな~、と。

大きな山を越えたわけですが、待ちかねたかのように本業で色々発生したりして、テンション高めに対応し、さらに追い込みかけているような状況で1週間が終りました。このへんのコントロールがもう少しできるといいのですが。

コントロールと言えば、アスリートなのに虚弱体質の息子2号はこれで苦しんでいて、傍から見ていると、身体の不調があってもなんとかなるようにバッファをもったりしてうまく付き合っていけるようにならないと全てがそれに振り回されて難しいよなぁ、と思います(自分がそうだったのでよく分かる・・・)。が、若いうちって、それが分かったとしてもそこまで辿り着くのは試行錯誤も含めて大変なので、声をかけつつ、それで崖っぷちになったり取り返しがつかなくなったりしないようにだけ気をつけたいと思ったりするのでした(すでに崖っぷちかもしれませんが・・・)。

両親宅には介護用品業者さんからレンタルのお試し手すりなどが早速届き、特に玄関はとてもよい感じになりました。工事なしで置くだけで安定して使えるってすごいな~。訪問リハビリも開始して、なかなかよい感じのようです。浴室やトイレ、玄関外に手すりをつける工事の見積も出てきたので、確認してGOをかける予定です。

今週のエントリ

色々思うところはあったのですが、一大イベントの後倒れたこともあり、無理せずエントリは止めました。

今週のインプットメディア

初読の本

ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう

ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう

昔受けたときにはなかった4つの領域?の話しがどうやらリーダーシップ本の中に出てきているようだということが判明してこちらも購入しました。アクセスコードが二重に手に入ったので、息子1号に譲りました。。

才能は開ける

才能は開ける

  • 作者: ロジャー・ハミルトン,宇敷珠美,アンジェラ・マイコ
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2015/03/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

最近タスク管理界隈で盛り上がっているウェルスダイナミクスにも興味が出てきて手を出してしまいました。さてどうなるか。

その他のメディア

のきばトーク64

Scrapboxはまだ手を出していないのですが、この回の大橋さんの話と62回の倉下さんの話しを聞いて「ツイッター以上ブログ未満」の置き場所というのが気になっています。私の場合、それを書き出していない(WorkFlowyにやりかけたけど続かなかったし、Evernoteはアイデア置き場として機能させていない)ので、常に頭の中に熟成中で留まっていて、出てこないままになることも多いんですよねぇ。

12/4~12/10 今週のまとめ (2017-W49)

本当に、寒かったです。最低気温が1度とかになり、極寒?とか思いました。試験が終わった息子2号は(悲惨な出来だったらしく一部追試らしいが)、今シーズン初滑りに出かけて行きました。

忘年会シーズンに突入しまして、久しぶりに会った人やこれまであまり接点がなかった人との趣旨不明な?楽しい会が初回になり、少々調子に乗って飲み過ぎました。翌日頭痛が酷くてロキソニンのお世話になる羽目に。記憶もかなり飛んでいます。半分に酒量を抑えても同じくらい楽しめるのだからコントロールしようね>自分

出張のない週で、来週の臨時株主総会に向けて準備が佳境(というか、やってもやっても完全にならないのはなぜだろう・・・)のため、集中して机に向かう時間が長くなっており、運動が足りておらず、凝りが酷い状態になっています。ストレッチでなんとか引き戻している格好です。睡眠欲求も多めで推移していて、朝が起きられず、さっぱりウォーキングに行けてません。

週末に母のケアマネさんが介護用品業者さんと訪問理学療法士さんとで打合せを設定してくれたので、訪問リハビリ計画と、家の中・外に手すりなどの取り付け工事・用具レンタルの相談をしました。足の浮腫が酷いので、週に3回(各40分ずつ)訪問リハビリで理学療法士さんに来訪してもらい、改善を進めていこうと言うことになりました。トイレやお風呂場、ベッド周り、玄関・外回りなども実際に見てもらい、母の使う様子も実演して確認してもらって、見積をお願いしました。工事の方は申請もあり、少し時間がかかりますが、リハビリは早速来週水曜日から始めてもらえるようです。

今週のエントリ

毎月のことながら、月のまとめ記事を書くのに数日かかり、それであらかた終了してしまいました(バックデートして先週末の公開です)。あれこれ読んで振り返ってはいたので、そろそろ今年のまとめを色々書いていきたい気がしています。12月はまとめ記事だけで終ったりして。。。

12/7(木)

backstage.senri4000.com

洗面所の電灯も替えを取り付けました。カバーはまだ乾燥中ですが。とりあえず、戻ってきた電気のある日々が嬉しいです。

今週のインプットメディア

初読の本

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

先日京都でお食事の際に、ストレングスファインダーの話になり、その昔受けた結果を久しぶりに読み返してみたのですが、どうやら書籍を手放してしまったようで、手元になく、Amazonを見ていたら新版が出ていたんですね。読み返したくなったのと、もう一度受けてもいいなぁと思って購入しました。

ああそうか新しい月になったのね、と。定期購読の雑誌って、勢いで読まないと積んでいる間に次が届きますよねぇ。今月号の特集は興味のある方向なので楽しみです。少し読み始めました。

その他のメディア

のきばトーク、スペシャルと通常と。少し遅れつつ視聴中です。

のきばトーク63

のきばトーク61