天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

満開の桜 2018

「今日の記事タイトルはこれだな~」と思ってキーボードに向かい、去年の様子を参照しようとして検索したら、同じタイトルで去年も書いていて笑いました(全然覚えてなかった)。

backstage.senri4000.com

去年の冬は後半寒さが厳しくて、開花は例年より遅めでした。

backstage.senri4000.com

今年は逆で、冬の初めがとても寒く(雪も多く)、3月に入ってからは非常に暖かいためでしょうか、例年より早い開花になっています。それにしても、先週初めにウォーキングしたときは、まだ三分咲き?という感じだったところ、木・金と出張、週末は旅行で不在にしている間に一気に満開になっていました。驚き。週末から3~4日、もの凄く暖かいためでしょうね。

私がウォーキング散歩コースにしている川沿いは、例年、3月最終週をお花見ウィークと考えているらしく、夜桜のライトアップがされています。去年はまるでズレてしまっていましたが、今年は満開になんとか間に合ったという感じです。週末まで持つでしょうか、きっと散りだしているだろうなぁ。

3/19~3/25 今週のまとめ (2018-W12)

雨の多い週になり、週中には東の方は東京でも雪が降ってみたり変な天気でした。そして桜はどんどん開いていっているようです。

年度の仕上げやら次年度への引き継ぎやらの外部仕事が続き、祝日明けからの出張連続、さらに週末は1泊旅行とまるで長期休みのような気分でした。とはいえ、出先に電話が何本も入ってまた新たなトラブルに足を突っ込んでいることが判明したりして、やっぱりリモートでもっと働きやすくないとなぁなどと違う方向に思いを馳せたりしておりました。

4つの価値観に沿って

1.プロフェッショナルたること

水曜日にコーチングセッションを受けまして、この9ヶ月終了時に何を得たいか(どうなっていたいか)というゴールの設定など話をしていたのですが、ほぼほぼ仕事上の話になっております。もっと先だと自分の目的に重なってくるのですが、この9ヶ月で考えるとまずは現在の仕事でどう成果を出して繋げていくかという話になるんですね。

色々な側面がありますが、キーとなるのは人で、どういう人に絡んでいくか、どういう人に呼んでもらうかを戦略的に考えつつ進めていくことになりそうです。放っておくとデータと自分で処理してしまいがち、さらに人も機能で考えがちなスチール特性であるため、相当ここは意識した方が良さそうです。

いずれにしても、今手をつけ出していることと、せざるを得ない状況に追い込まれていることは、どちらもこの先の目的にとっては意味のあることになりそうなため、全力投球してオッケーそうです。自分の動く方向や動き方に自信が持てるようになってきたので、様子を窺って控えめになり過ぎず、リミッター外して動いていこうと思います。

2. 心身の健康

タスク管理の状況

家事(主に洗濯と料理)の時間を圧縮し、好きなだけついうっかりやらないようにして、その分ブログ執筆を1日に3分割してそれぞれ10分ずつ散りばめてみました。1つの記事に大体30分から40分くらいかかるので、10分を3回分入れておけばなんとか1記事仕上がるかと思いまして。以前は30分とか45分のタスクにして毎日どこかに入れていたのですが、そんな塊で取れる時間って日中の仕事中しかないよ!ということで消滅していたんですよねぇ。そりゃ更新できませんって。

まだ試行錯誤中で、出張日になったらかえってうまく実行できず、結局更新が3回になりました今週です。

体調管理&ダイエット

祝日があり、その後宿泊出張、さらに週末は旅行というイベント多目の週であったため、コントロールが難しかったようで、良いんだか悪いんだかよく分からないうちに週末に突入しました。まあ、細かいことは色々あれど、週末旅行でしっかりリフレッシュできたので結果オーライという評価にしておきます。

厳しかったのは体重管理で、宴会が2晩続いたら激増しまして、翌日体重計に乗ってムンクになってました(大汗)。このところ少し慣れもあって緩んできているなという印象はあったのですが、てきめんです。もう少し下げてから緩めるはずだったのですが。

来週はちゃんと家飯食べて戻して行きたいと思います。

3. 快適な生活

勝間さんの本に、平日は3時間、週末のうち1日は家にいるようにすると快適さが保たれるというようなことが書かれていたと思いますが、私の場合、自分基準で快適さを保つには平日でも1日5時間は家に居たいんですよね。

そして、今週は、2日間連続で家に居なかったため、かなり荒れ気味になりました。週末もまったく不在でしたし。ルンバのおかげで多少のバックアップというところです。

4. 家族のQOL

変な気候で関東甲信方面に雪が降ったため、息子たちは金曜・土曜とスキーに出かけていました。雪は降ったけど、やっぱり春スキーなのでモーグルコースで練習して満足の息子2号はともかく1号は辛かったようです。とはいえ、宿泊したホテルがハードもソフトもグレード高かったようで(その分お値段も良いけどそれはいつもの宿に比べればでホテルであれば安い方)、インドアテニスもしたりして、大満足で帰ってきていました。

そして私は木金出張で土日旅行に行っていたためすれ違いで、土曜の夕方に帰宅時間を電話してきた息子2号に「私今日は帰らないよ」と言ったら「また〜?!」と叫ばれました(苦笑)。

ということで、週末実家訪問に行けなかった今週でした。週の初めに納骨堂での納骨式の日程調整をしたり、浴室の床シート(滑り止め兼暖かさアップ)の工事発注をしたりしておりました。

そしてずっと気になっていた家計の月間推移表を入力しました。なんと8ヶ月も溜めてましたとほほ。とりあえずの入力なので、分析はこれからです。などと言っている間に3月終わりそうでまた入力しないと・・。

今週のエントリ

3/19(月)

backstage.senri4000.com

週末の旅行中も鼻マスクだけで乗り切りました。途中で外して鼻をかむというのが普通のマスクよりやりにくいのが難点で。

3/20(火)

backstage.senri4000.com

どんどん次を作るので、少しずつ鍋に残った挙げ句忘れられて悪くなったものがチラホラ。そろそろ放置すると傷む季節になってきたので気をつけないと。

3/25(日)

backstage.senri4000.com

とても楽しかった。次回は幹事ということで、早めに動きたいと思っている(まだ熱が冷めないうちに)ところです。

今週のインプット

先週に引き続き課題図書読んでおります。

IoTの衝撃―――競合が変わる、ビジネスモデルが変わる (Harvard Business Review)

IoTの衝撃―――競合が変わる、ビジネスモデルが変わる (Harvard Business Review)

移動中のTwitterで下記書籍の著者のブログ記事が引用されていて興味を持ち購入。個人のリモートワークじゃなくて会社としてのリーモーとチームというのは参考になります。

リモートチームでうまくいく

リモートチームでうまくいく

久しぶりにのきばトークを聴きました。レビューの回です。

のきばトーク72

大学オケ同期の同窓会旅行

大学オーケストラ時代の同期仲間との同窓会、今回は予定通りに関西メンバーが幹事をしてくれて、赤穂温泉宿泊で姫路城に行ってきました。

backstage.senri4000.com

絶景露天風呂の宿という謳い文句の銀波荘に宿泊です。海に面して建てられている大浴場は、露天風呂が広く作られていて、覗き見の心配がないせいか(なにしろ前面が海ですから)、障害物がなく広々と瀬戸内海が見渡せて素晴らしい景色でした。

ちょうど日の入どきにはオレンジ色の夕陽が山間の水平線に沈むさまが見られました。個人的に夕陽に縁のある旅行が多いです。とはいえ、お風呂にメガネを持ち込みたくないので、ぼんやりした夕陽になってしまうのはご愛嬌。

なんと今回幹事をしてくれた関西在住メンバーが、直前になって職場の人事異動で出勤せざるを得なくなってしまい、夕食合流というハプニングがあったのですが、企画してくれた通りに旅の最初は、姫路駅に集合。

その後、山陽本線で播州赤穂に行き、宿の送迎バスの時間まで、赤穂城跡大石神社にも行ってきました。ちょうど本丸の櫓門の展示室が無料公開していてそちらも見ることができました。

大石神社は四十七士の像が山道に林立する一種異様な光景でした。念がこもっていそう。

メンバーに1名城に熱心な歴女がいて、宝物殿を見学するというので、その間他のメンバーとまったりお茶をしていました。コーヒーがポットサービスで幸せ。

宿に到着してからは、近隣の遊歩道を散歩して、伊和都比売(いわつひめ)神社にお参り。夕食までゆっくりとお風呂を楽しみました。

銀波荘さんは、食事も(夕食も・朝食も)とても美味しくて大変気持ちのよい宿でした。お世話になりました。

翌日は、「綺麗になった」姫路城へ。春休みの週末、さらに桜の開花も早まっているということで相当の混雑を覚悟して出かけまして、ひょっとすると天守閣は諦めざるを得ないかも、と話していたのですが、行ってみたところ、1時間待ちということであったため、そこまで酷くはないと判断して突入。

そこそこ待ちつつ入りましたし、中も人数規制しつつの入場で、順路に沿ってひたすら進む感じではありましたが、6階までしっかり登って見学することができ、窓からの景色も含めて堪能しました。

もちろん、城に着くまで、登るまで、登る途中、出てから、と、あらゆるところから美しい姿を見てパチパチ写真を撮り、大満足。

また、隣接している庭園(好古園)も訪れまして、こちらも楽しみました。茶室でお抹茶も。

足が棒になりつつ駅まで戻り、次回は10月末に、と約束して別れました(だんだん旅行が増え、さらに間隔が短くなってるぞ?と笑いあいました)。

ああ楽しかった。やっぱり旅行は非日常が強くてリフレッシュできますね。自分だけ・家族旅行よりも仲間で行くのがよいようです。

次回も楽しみ。

ホットクックと買物

毎日ホットクックでなにかしら作ること、汁物・煮物を作ったらそれをスープマグに入れてお弁当に持って行くことが定着してきました。

なにしろ大量に作るので、野菜を中心に食材が大量に消費されるのですが、ホットクックのメニューがこれまでの食事のメニューと微妙に重ならないため、食材の買物の加減に苦慮しています(どうもまだ定まってこない)。理由としては、こんなところ。

  • 炒め物を中心に献立を組んでいたため、葉物が多い。でも葉物はホットクックの自動メニューにはあまり向いてない。

  • カレーやシチューにトマトを大量に使うので、やたらトマトの消費量が増えた。トマト水煮を常備していたのだけどあっという間になくなったので、常備量を増やした方がいいかも。

  • ローカーボの食生活のため根菜類の買い置きをしなくなっていた。でも煮物系には根菜は不可欠。

  • ソース類やムニエルなど作ったりしなかったので薄力粉の在庫がない。

  • できるだけ買物の頻度を減らしたいので生協・らでぃっしゅぼーやの宅配を使っているが、品揃えが限られている。例えば、いつも欲しいパプリカやマッシュルームがない。

  • 宅配は週に1回なので肉類が冷凍中心になる。ホットクックでは冷凍肉もそのまま使えると謳われているけれど、どうもあまり美味しくない。

こんなことを考えつつ、常備しておく野菜を選択し、メニューを考えつつ発注し、帰りにスーパー2軒を週1回ずつ寄っています(肉の買い出しと注文できてない野菜類や缶詰などを買い足すため)。ちょっと家を空けると余るし、まだ安定したシステムになってません。

特に豆と海藻の調理頻度が足らないのが自分としては不満で(これは長いこと不満。だから妙に乾燥の在庫が多い)、早く消化してローテーションに入れたいです。

蒸カゴに、象印の純正品を買いました。

www.zojirushi-de-shopping.com

タイムリーに、勝間さんのブログで蒸し野菜の記事が出ましたので、アスパラガスを1分、パプリカ2種(赤と黄)を5分でそれぞれ蒸した後、サラダにしました。3色で綺麗に出来上がって満足(したら写真にするの忘れました)。

katsumakazuyo.hatenablog.com

いい感じなので、早く豆を蒸すのにもチャレンジしたいです。

鼻マスク

花粉症真っ盛りです。例年通りだと、4月いっぱいくらいは継続するでしょう。ここ数年の対応策としては、以下の3つくらい。少し鼻水・クシャミが出始めた頃、1を時々→朝だけ→朝晩と増やし、症状が酷くなってくると2を追加、どうにも無理になると3も追加しています。

  1. 蕁麻疹のために皮膚科で継続的に処方してもらっている抗アレルギー剤「アレロック」を服用。花粉症にも効きますから飲んでよし、と医師にも言われています。

  2. 花粉ブロックの塗り薬やスプレー薬を使う

  3. マスクをする

息苦しいのでできるだけマスクはしたくない。眼鏡も曇るし。室内では支障ない程度なので、屋外を歩くときだけの着用で、逆に忘れて酷い目に遭うこともあります。外したマスクの扱いも面倒だし(最近はマスクポーチも見かけるようになりましたね)。

そんな中、今年もマスクマストのシーズンになったと悲しい気持ちでいたのですが、ツイッターでちきりんセレクトの花粉症対策グッズ記事を見かけました。鼻用のマスクがあるんだ!と試してみることに。当地ではその辺の薬局には売っておらず、東急ハンズでの取扱いと通販くらいのようでした。

bio-pit.com

同じ会社の似たような製品が並んでいて??となりましたが、ひとまず、「ノーズマスクピットスーパー」のSサイズ3個入りをおためし購入。

ノーズマスクピットスーパー Sサイズ 3個入り

ノーズマスクピットスーパー Sサイズ 3個入り

購入した直後にお手洗いに駆け込んで?すぐに装着して帰ってきました(笑)。ちきりんさんは、「(こわごわ)使ってみたら非常に快適でした。慣れると全く違和感(使用感)もないです。」と書かれていますが、確かに、見た感じほど違和感はありません。Amazonのレビューを見ると様々なので、合う人合わない人ありそうですが。

装着しているときの‘息の通り具合は、普通のマスクとあまり変わらない感じがします。要は少し息苦しい感じですね。フィルタしてるので当然なのですが。なのに口の周りは覆われていないのでなんだか違和感があります(笑)。また、左右の鼻の穴のサイズが微妙に違うらしく、右側の方がキツめで詰まった感じがつきまといます。そのうち慣れるのだろうかこれ。

普通のマスクは、飲み食いのときや声が通りにくいときなどには外す必要がありますが、それが全くないのは便利です。1日中つけていたいのにままならないという悩みからは解放されると思います。

逆に、私のように屋内ではそこまでフィルタが不要で外していたい場合には多少面倒。口マスクほど簡単に取り外しがしにくいので。水に濡らしてから装着する、外して捨てない場合は(数日間再利用できるという触れ込みです)、水洗いして乾かしておく必要があります。

最後に再利用ですが、2度3度と使っていると、水洗いしていても臭いがつくようで、装着した瞬間が不快です。すぐになくなるのですけどね。1日装着しているのなら、使い捨てで考えた方がいいかもしれません。

ということで、出張時など、外気多目の時はずっと装着していられるので便利かなと思いつつ、普段の内勤の時は使うかどうか迷う感じです。いずれにしても、まだ試用期間なので、慣れる目的もあって積極的に使ってます。

3/12~3/18 今週のまとめ (2018-W11)

一気に春に突入しました。日中の気温が20度を超えたり、最低気温も10度超えになってみたり。先週のまとめ記事では、桜の見ごろは2週間後くらいかな、などと書いているのですが、どうしてどうして、ソメイヨシノも開花してしまいました(花見予定が狂って少し悲しい)。

下は満開継続中の河津桜です。朝のウォーキングは暫く花見観察ウォークになりそうですが、残念ながら来週は当分雨予報のようです。せっかく習慣が戻りつつあるのに困ったもの。

4つの価値観に沿って

今月から9回のコーチングプログラムを受けるにあたり、ゴールの設定を事前に考える宿題が出ているのですが、関連で7つの習慣にいう「ミッションステートメント」の話題になりました。

現在日々を暮らす指針にしている4つの価値観について言及したところ、指針になっているのであれば、1つの文章になっていなくても、それがミッションステートメントですよ、と言われました。もう少し纏まった自分でしっくりくるものが欲しいと思い続けて作るもうまくいかず、とりあえずの軸としてここに落ち着いている経緯があるので、人生に支障はないものの、またそのうち考えてみたいとは思っています。

それにしても、自分の葬儀でどう思われたいか、といういかにも「ブレイズ的」なガイドではなく、スチールに響くミッションステートメントの考え方が出てきて欲しいものです。とはいえ、私自身はいつ人生が終わっても特段後悔しない人なので(あれもやりたかった、これもやっておけばよかった、というのがない)、こういう人に響くものって難しいのかもしれませんが。

ちなみに人生の成功ということにも興味がなく、従って自分の人生を評価する指標も必要とは思っていません。だけど達成欲は高いと言ったら不思議がられました。上位3位の資質に入っているんですが。

1.プロフェッショナルたること

上記に関連しますが、この項目はもっと広がりをもった言葉に変えていく方が良いのかもしれません。 プロフェッショナルの定義にもよるのでしょうが、自分自身をプロフェッショナルという枠にはめなくてもいいのかもしれない、と思う昨今です。

さて、仕事の状況は、3月の半ばになって、期末迫る感がヒシヒシと出てきています。6月の定時総会に向けて具体的な運営のキックオフを行いました。そろそろやらなくちゃ、と思いつつ、自分の中での準備が整わず、ズルズルさせてしまったのを少し後悔。キックオフの日程を先に決めておくべきでした。来年はそうします。

おそらく、キックオフをして関係者に方針を宣言することで、今年はこのフレームの中で実行するというのが決まるため、自分としてはもう少し広げておきたいができるかどうか悩み、長くなってしまったのだと思います。ある程度の割り切りは必要なので(自分だけでできることではないためと、作業量が膨大なため)、今年はここまでとして、来年以降も続けます。

一方で、年度末ということで、外部の活動も一区切り。散々迷ったものの、立つ鳥後を濁すのがどうにも気持ち悪かったので、もう1年継続(ただし立場を少し変えてもらって)することにしました。来週は引き継ぎです。

2. 心身の健康

タスク管理の状況

ホットクックを導入したり、ルンバを導入したりして、快適さはハッキリ向上しているのですが、家事効率もずいぶん上がっているにも関わらず、どうもそこの効果が見えにくい。効率化して何を入れたいのかもあまり見えずに始めたからというのもあるのでしょうか。

ということで、効率化されているはずのいくつかのタスクをチューンして、日々のタスクリストにブログを執筆するタスクを戻すことにしました。まだチューンの最中ですが、来週には完了して記事の更新率上げたいです。更新頻度の問題というよりも、このブログが自分の考えを纏める・蓄積するツールとして重要な位置を占めているので、そこに割くことができないのはよろしくないので。

体調管理&ダイエット

花粉症は継続中で、東急ハンズに行く機会があったので鼻マスクも購入してみました。もう少し使って見たら使用感を書こうと思います。

今週は2度の日帰り出張があり、上記した定時株主総会のキックオフに向けて読みが甘かったので詰めて作業をすることになり、都合座りっぱなしが増えて身体が硬くなって支障が出ました。分かりやすい。足をしっかりほぐすようにストレッチはしているので、股関節とかはなんとか1日の終わりに戻っている感じなのですが、どうも調子が悪いのは首のまわり方です。ヘッドリフトをしばらくしていなかったことを思い出しました。再開しよう再開しようと思いだすのが横になれないタイミングで…。

takayoshi-14.com

そして、間食・飲酒習慣が先週から継続していてダイエット停滞中です。理由が不明でうまくコントロールできていません。「ジョブ理論」を読んだので、私はなにを(どんなジョブを)解決しようとして間食・飲酒を雇用しているんだろう、と考えているのですが、すっきりせず。ううむ。

音楽

来年の本番日程が決まったということで、練習日の予定が出てきました。2月頭の本番ということで、譜読みはお盆明けからになるようです。といいつつも、曲決めがこれからなので、あまりイメージ湧きません。長いことお休みしているので、一度楽器ケースを開けてチェックしなくっちゃ。

3. 快適な生活

ルンバで快適さアップで幸せなのですが、その分自室・自分の机の上の散乱状態が気になります。ようやくInBoxが空になるようになってきたのですが、隣のActive Boxが満杯で入りきらないほど。こちらを何とかすると見えやすくなりそうです。

4. 家族のQOL

3週間ぶりに実家に行ったところ、処理すべき書類が山のようになっていてドッと疲れました。やっぱり頻度が大切なんだよなぁ、と思いつつ、この後もしばらく週末予定が色々・・・。

すっかり春ですが、息子たちはスキー継続しています。息子2号は学年末考査が終わって開放感もあるらしく、先週末・今週末と2週続けて泊まりで近場のスキー場へ自主トレーニングに。日曜にずいぶん早く帰宅したと思ったら、盛大に転倒して膝を強打したらしく、そこで打ち止めになったせいでした。

春スキーになるとグッと人出が減るようで、駐車場も余裕で停めやすい位置に入れるらしいです。ガチ勢しか残らなくなってくるんですよね。私自身ももう滑りたいと思わないからねぇ。雪が重たくなるので、上手い人でないと楽しくないんじゃないかな、と。

今週のエントリ

気がついたら更新することなく1週間終わってましたorz...

今週のインプット

先週に引き続き、関連本で読みまして、どちらも読了。翻訳の用語が「ジョブ」と「用事」になっていて違和感ありますが(原書で読みたい・・)、内容はとても面白かった。後者の方が分かりやすいようにも思います。

イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ

イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ

そして、以下の本も「必読文献」に指定されて読書中。自分で買ったら数日して配布されました。先に言ってください。ということで、部門内に回覧中です。

IoTの衝撃―――競合が変わる、ビジネスモデルが変わる (Harvard Business Review)

IoTの衝撃―――競合が変わる、ビジネスモデルが変わる (Harvard Business Review)

3/5~3/11 今週のまとめ (2018-W10)

雨が多く、気温は高めに推移しました。このまま春になっていくのでしょうか。花粉症も厳しくなってきましたし。川沿いを歩いていたら、河津桜が既に満開。ソメイヨシノも蕾がたくさんになっていて、見頃まであと半月くらいかなぁ、と思いました。朝の花見ウォークを是非したいところです。

遠方出張のない週でしたが、近接地に出かけたり、会食があったり、リメディアルセラピーに行ったりして、予定多めでした。

夫さんの転勤が決まった部下の異動内示があり、正式決定。本人は怒濤のように押し寄せてきたこれらで考えること・動くことがふくれあがって一気に負荷が高まってしまい、いったん先が見えたと思ったところで高熱出して2日ほど倒れていました(インフルエンザ?と焦りましたが疲れだったようでホッとしました)。渦中にいるって大変なんですよね。。

4つの価値観に沿って

1.プロフェッショナルたること

3月に入ったということで、そろそろ期末を見据えて決算から定時株主総会の準備へ入らなくてはなりません。昨年訳も分からず走ったこと、走りながらアラをみつけて改善したいと思いつつかなわなかったこと、もっと大きい視点でやらないとそもそも無理なことが多いこと、などなど、その後も継続して見つめては来たのですが、準備万端とは言い難く、ある程度のラインで満足するべく方針を決めることになりそうです。

組織の中で、情報や想いの流れが悪いところが気になっており、うまく流れるようにするために、どのように人を巻き込んでいけばよいか、キーパーソンは誰か、など考えることが増えています。

そうこうしつつ、外部活動もそろそろ終盤、来年度に向けての活動も入ってきます。

そんな中、弁理士会から届いた継続研修の単位取得状況のお知らせを開いて愕然。今年度取得単位が0でした。うーん、確かに自分が弁理士であることを思い出さずに過ごした1年間だったのかも。4月以降はもう少し気をつけて単位取らないと後が辛くなりそうです。

2. 心身の健康

タスク管理の状況

平常復帰したにもかかわらず、どうも夜も朝も遅くなっていてタスク管理としては締まらない感じです。朝思い切って起きるのも、ここ2ヶ月ほどの寝坊癖でハードルが高いし、夜はなんだか気がつくと時間が経っていて終わらなくて就寝できない。まず「気がつくと」という状況からしてよろしくないんですが。

体調管理&ダイエット

残念ながら、通常通りの時期の範囲内で、花粉症シーズンインしました(泣)。4月終わりまで、マスクとアレロックを友に乗り切ることにしたいと思います。

backstage.senri4000.com

普通の調子に戻ったとは感じているのですが、どうも身体の硬さが取れなくて、特に太腿周りが酷く凝り固まっていてその影響で腰・首・手首に痛みが出たりしています。もっとちょこちょこ普段の生活をこまめに動くようにしたいのですが、どうもうまくいかない。

体重は、宴会が2回あったことに加え、夜更かしして自室の作業中に口寂しくて飲み食いしていたこともあって上振れで推移しました。自分で作ったものを食べて夜は軽めにすぐ寝れば戻ることは分かっているのですが、なぜできないかな?

3. 快適な生活

時々、収納場所からものを引き出して使わないもの、期限切れのものを処分したりしています。全てが「置く」状態になるとすっきりして見えやすく、安心して暮らせるのでしょうが、まだまだものが多いです。

4. 家族のQOL

父の四十九日と香典返しがほぼ完了し、気が抜けたというか疲れが出たというか、まだ色々やるべきことは残っているのですが、ちょっと動きが鈍くなっています。

息子2号の学年末考査が金曜日に終了し、息子たちは早速週末宿泊スキーに行ってました。寝坊して予定より遅くなってしまい、渋滞にはまったそうですが、スキー自体は練習になりよかったようです。とはいえ、試験期間中は体幹トレーニングもしていないし、直前の先週末は練習もしていないし、で、鈍っているため、筋肉痛がヤバいそうです。

そして、今週ずっと夫が海外出張で不在だったため、息子2号が遅刻しないように送り出しを担当していたらなんだか疲れました。朝のバス&スタバタイムが恋しいです。

今週のエントリ

3/5(月)

backstage.senri4000.com

おかげで作り置きが増えたので、夜の予定(会食・飲み会以外)があっても家に帰って食べるのが普通になりました。この週末には、ポークビーンズ、春雨のスープ、ラタトゥイユを作って次々に鍋に移していました。

3/6(火)

backstage.senri4000.com

体験セッションの後、コーチングプログラムの案内があり、多少迷ったのですが、9回セットのセッションをお願いすることにしました。1ヶ月に1度でよいでしょうということなので、3月から11月までになります。初回を前に、チャットワークス上でゴールの設定をしようとしているところです。

3/8(木)

backstage.senri4000.com

やっぱりマスクは不自由ですね。。。ノーズマスクというのも試してみようかしら、と思いつつ、あまり近所では売ってないみたい。

3/9(金)

backstage.senri4000.com

ゆっくりリフレッシュするには、お昼休みが1時間では短い気がしてしまいますね。その昔、初職の会社は昼休み40分!だったことを思えば随分長いのですが。

今週のインプット

4月号届きましたので、さっそくぱらぱら眺めています。

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ビジネスリーダー1万人が選ぶベストビジネス書トップポイント大賞第2位!  ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム (ビジネスリーダー1万人が選ぶベストビジネス書トップポイント大賞第2位! ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

  • 作者: クレイトン M クリステンセン,タディホール,カレンディロン,デイビッド S ダンカン,依田光江
  • 出版社/メーカー: ハーパーコリンズ・ ジャパン
  • 発売日: 2017/08/01
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (4件) を見る

社内で必読文献と言われて読み始めたのですが、仕事上の有効性は脇に置いても、これって自分の人生のその時々の選択を考える上での理論にも使えるんじゃ?と思いました。読み進むうちに、ライフについても著作があるとありましたので、そちらも続けて読み始めています。

イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ

イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ

  • 作者: クレイトン・M・クリステンセン,ジェームズ・アルワース,カレン・ディロン,櫻井祐子
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2012/12/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 9人 クリック: 51回
  • この商品を含むブログ (21件) を見る