天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

チョイむきスマート

果物皮むき器の「チョイむきスマート」。水切りヨーグルトと同時に買ったのですが、構造がよく分からなくて(相変わらず立体構造がとても苦手。説明書見ても動画見てもよく分からない)、落ち着いて取り組まないとできないわ、と放置すること2週間。

ようやく意を決してやってみたのですが、何を間違えたのか、キウイの下半分だけどんどん剥かれてしまい(もちろん実が・・・)、横で見ていた息子2号に、「お母さんそれはもう諦めて手でむいた方がいいと思う」と諭されたり。

その時もさっぱり原因が分からなかった(し、今も不明)のですが、とりあえず慣れるが先決と思って、簡単そうなリンゴとかオレンジとかに何度かトライして、ようやくやり方が掴めてきました。ああよかった。

昔カナダに住んでいた頃は、リンゴ専用の皮むき器を持っていて愛用していました。なにしろ季節になると5Kgとかの大袋で買って(とても安い)、アップルソースとか離乳食とか作って冷凍してましたので、手剥きしてたら全然追いつきません。あちらのリンゴって、日本のものと比べると2周りくらい小さいので、皮むきの手間がさらにかかりますしね。

日本に戻ってきたら、大きさの関係で剥けるものがなくなってしまい、惜しかったけど使う余地がなくて処分しました。そのときのとは全然しくみが違いますが、再び皮むき器が使えるようになって嬉しいです。丸いものなら果物に限らず芋類も剥けるという噂なので、実は里芋がむきたくて買ったのですが、まだ試せていません。

本当は、オレンジなどの柑橘類は、手剥きして皮ごと食べる(ミカンのように)のが一番好きなのですが、手でむきやすいものとそうでもないものに分かれるので、むきにくいものはこれでガンガンむいて食べるのがいいかな、とか思います。最近柑橘類って種類がとても多くて楽しめますから。

6/18~6/24 今週のまとめ (2018-W25)

雨が多く、晴れの日が続かない、「正しい梅雨」を主張するかのような天候でした。気温も低めに推移。

金曜に出張し、これ幸いと久しぶりに法務クラスタの方々と飲みました。とっても楽しくて、「相変わらず元気ですね」っと言われてしまった。

今週の良かったこと

  1. 今月のコーチングセッションでした。一区切り着いて今後の動き方の目処が立ちました。

  2. 数ヶ月ぶりに美術展に行きました。映像作品に面白さを感じた自分に驚き。現代美術作家のインタビューも面白かった。

  3. 法務クラスタ飲み、楽しかった。

4つの価値観に沿って

1.プロフェッショナルたること

株主総会が終わって、あちこちのアンケートに回答したり、自社での総括に入ったりしています。終わった直後って振り返りたくもなかったりしますが、忘れてしまうので、できれば直後に色々できるように先に準備しておいた方が良いんですよね。総括方法も見直した方がいいよなぁ、と思いつつ、決め切れていません。

並行して、お題をもらっていた独禁法(競争法)周りのインプットに励んでいました。自分の中に感覚を作りたいと思うのですが、難しくてストレートに落ちてこない悩みがあります。一通り講義本を読んだのですが、次は事例集に行くべきなのか。。。

独禁法講義 第8版

独禁法講義 第8版

2. 心身の健康

タスク管理の状況

やりたいことを改めて見直したいと思いつつ1週間を過ごしました。内外環境の整備は欠かせないにしても、それ自体がやりたいわけではなく、やりたいのはインプットと内省、そこから何らかの成果物につなげること。そのためには現在のタスクの組み立ては適切でなく、組み替えが必要そう、までは見えてきたのですが、具体的にどうする、までは至っていません。もう少し考えつつ、実験も必要そうです。

backstage.senri4000.com

体調管理&ダイエット

出張の往復新幹線でやっぱり車酔い。これでは車中でできることがなくなってしまいます(寝るしかない)。特急より揺れが少なくて仕事ができるのが新幹線の良さだと思ってただけにショック。おまけに通常通り2杯しか飲まなかったのに酔いが回った感じがあり、体調も良くなかったのか?とか思ったのでした。その後移動の場合は1杯だけにした方がよいかも。

水曜日にコーチングセッションのためにお休みを取り、その機会に美術展に行きました。大雨だったので外出には不向きな面もありましたが思い切って出かけてよかったです。とてもリフレッシュでき、翌日朝から非常に気分良くて我ながらびっくり。

3. 快適な生活

大きなことより日頃の小さなことを整えたい、のだけれど。そうしていると、時間が過ぎてはみ出していくんですよね。時間は有限で、気持ちよく暮らすためのメンテナンス時間が没頭する時間を圧迫してしまって悩ましいです。結果的に最低ラインになりました。

4. 家族のQOL

実家まわり

もの凄くゆっくりペースになっていますが、なんとか相続関係手続に必要な書類の収集と作成を進めています。遺産分割協議書を作成し、金融機関の手続依頼書を作成し、おかげで実印の押印祭りになりました(契印とか割印とかもあって大変)。ハンコ押すのがとても苦手で(必ず歪む)、全部妹にお任せしてしまった。ありがとう~!!

この先順に窓口手続です。普段の生活に加えてこういう手続って手間がかかりますね、と改めて。当初の諸々の名義変更等や保険・年金関係の手続は、母の生活をまずは整えなくてはの一心でかなり頑張って早く進めたのですが、とりあえず生活が回るようになると、相続手続などはどうしても優先度が下がってペースが落ちます。自分の生活もありますし、それまでの疲れもありますからね。

夫と息子たち

相変わらず朝食を夫と共にしているので、楽しそうな話が聞けて、定年に向かっての数年の充実が期待できてよかったな、とか思ったことでした。

backstage.senri4000.com

課題祭りが前半で終了し、開放感に溢れている息子1号と、期末考査を目前にして勉強モードに入っている息子2号でした。週末は大人しく勉強ですね。

今週のエントリ

6/19(火)

backstage.senri4000.com

まだ考え中、ですね。観察は済んだので、どうしたいか、なんですけど。

6/22(金)

backstage.senri4000.com

楽しいのは分かるんだけど、毎日遅くなってるのは、あまり身体のためにはよくないと思うんだけどな・・・。

今週のインプット

一段落したのでインプット期に入りました。面白いし、広がりが見えて凄く楽しい。しかしインプットのスピードが追いつかない(時間が足らないとも言う)。

独禁法講義 第8版

独禁法講義 第8版

立場別・ステージ別 ストック・オプションの活用と実務〈第4版〉

立場別・ステージ別 ストック・オプションの活用と実務〈第4版〉

コーポレートガバナンスハンドブック

コーポレートガバナンスハンドブック

話して仕事する人

夫が定年を数年後に控えて子会社に出向になってからそろそろ3ヶ月。

グループ内とはいえこれまでと全く違う業界で、グローバルから純ドメスティックへ、と大きく変化したのですが、なんだか楽しそうです。

お客さまのところに営業部長さんに連れて行ってもらい、引き合わせの後で色々話をして今後に繋げていくといった挨拶回りの段階ですが、話をするのは苦にならない(=得意)のため、営業さんに「トークできますね」と驚かれ褒められた、とか。

業界も、いわゆる遊技機関連で、これは好き嫌いはっきり分かれる分野だと思うのですが、大学生の頃から通っていたこともあり、「嫌いじゃないし」。ギャンブル系、ゲーム系一般好きな碁打ちということで、これまでの人生何が役に立つか分からないものですね・・・。私などは特許事務所時代にパチンコメーカーの出願がそれなりの数あり、意義が見出せなくてかなり辛かった思い出がありますけど。

そして、そういえば、この人って、何かにつけて話して進めるタイプだったな、と改めて思ったのでした。携帯電話でショートメッセージができるようになっても、まずは電話。そんなのWEBで検索すれば一発で分かるじゃん?と思うようなことでも、カスタマーサービスにまず電話。

右側(外向的・ブレイズ)のエネルギーだねぇ、と思うのでした。

会社にいても、人によって、自席にいる大半を電話して過ごしているんじゃないこの人?という人もいれば、私のようにまずはメール(メッセージ)。という人もいますよね。とりあえず書いて送る派としては、メールなりメッセージで投げておけば、記録も残るし誤解も少ないし、必要なら向こうから電話かかってくるし(直接来られることもあるし)、いいじゃん?と思うわけですが、話して進めるタイプの人って、あまり書くのは得意じゃないことも多いし、そもそもちゃんと読んでないことも多かったりするんだな、これ。

楽しそうな夫をみていて、思ったことでした。

夜のタスクが必ずはみ出す件について

シゴタノ!の佐々木さんの以下の記事の中で、○分あれば★ができる、ということがいろいろ書かれています。

cyblog.jp

最近は、ブログの記事を一度に書けるほどのスロットが日常的には決して取れないことが(ようやく)分かったので、10分刻みで1日3回の「ブログ執筆」タスクを入れています。ものによっては1回の10分で書きあがって公開してしまうこともありますし、そうでなくても4~5割は書けることが分かってきました。ので、まとめて書こうとしていた時より更新の難度は下がりました。

とはいえ、こんなふうに「途中で時間がきたら止められる」ものって、私の場合非常に限られていて、気がつくと見積時間を超過しています。最近は、Apple Watchへたすくまが終了時間を知らせてくれるようになったので、その時に「はっ」となることが増えましたが(それまでは、iPhone上の通知なんて全然気がついていなかった)、それでもその通知で止めることがとても難しい。

朝はさすがにこれを繰り返すと遅刻してしまうので控えていますが、夜や休日はそういう縛りがないせいか、どうしても、毎日予定していたタスクがやりきれずにはみ出してしまいます。朝にしたって、見積時間で止めているわけではなくて、間に合わなくなってタスクのいくつかをスキップしているだけのような。

上記の佐々木さんの記事では、「集中して「ロケットスタート」できる時間はせいぜい3分くらい」で、「それ以上は、どういう事をやっても「ありきたりのスピード」に戻ってしま」うと書かれているのですが、それって、集中していると評価する自分の状態がどういうものなのかにも依っちゃうよな~、とか思うのでした。

以前の記事にも書いたように、私自身は、集中する・没入するのに苦労がないタイプで、逆にそこから自分を引き剥がす方が難しい。仕事中・インプット中・執筆中はこの傾向が激しくて、外的強制力(会議の予定があるとか)がないとほぼ失敗します。

で、ここでタイトルに戻るのですが、夜のタスクって、整然と並んでいる割に、全部やり終えて予定の就寝時刻に就寝できるって全然ないんですよね。帰宅したときから時間オーバーというのは横に置いておくとしても(その場合になにを省略すべきなのかという別の課題はありますが)、帰宅後タスクを始めたときには余裕であったはずなのに、いつの間にかはみ出している。

都合、毎日やらないと溜まる系のリピートタスク(写真を整理するとかマネーフォワードを入力するとか)がスキップされることになり、それが続くので、毎日やっていれば5分でおわるものが溜まるために1時間経っても終わらないことになり、着手するハードルは上がるし、着手したらこんどは没入してしまうために戻ってこられない問題に直面します。

しかし、夜のタスクって、大半家事と生活なんですよ。洗濯2回と料理、夕食に入浴。歯みがきしてストレッチ。時間がなくて読書は諦める、とか。何が時間オーバーになるかといえば、洗濯と料理。なんでいつも時間が伸びるんだろう?と思ってここ数日観察していたのですが、どうやらこの2つをしている時間って、集中して家事をしているわけではなくて、ぼんやり手を動かしながら内省に浸ってるんですね。頭はほぼほぼ考えていることに持って行かれているので、手を動かすスピードは上がらないし、あと何分でやらなくちゃ、とか、早く仕上げるにはこう段取りして、とか全く考えていません。自分に至福のながら内省タイムなのでした。

原因が判明したので、こんどは、改善できるかと思って時間を意識しながらやってみているのですが、認知資源を割かないとできないので、普段より体感3割増しで疲れますね。内省しなくなるわけではありませんが・・・。どうしたものかな。

6/11~6/17 今週のまとめ (2018-W24)

降ったり止んだり気温も上がったり下がったり。梅雨ですね。雨が降ると湿気が厳しく辛いです。毎年同時期に実施している株主総会ですが、珍しく雨の当日となりました。ずっとスタッフで関わっている人に聞いてもここ数年で覚えがないとか。

直前期になってかえって余裕が出てきたので、久しぶりに出張を入れたところ、実は体力が落ちていたのか疲労が蓄積していたのか、車酔いのようになってしまい、参りました。体中凝りが酷い感じで。段々年中行事でルーティンになってくるとこの緊張が続く感じも低くなってくるのでしょうか。知らないうちに張り詰めてしまってドッと疲れるというのは困りますね。

今週の良かったこと

  1. 株主総会本番終了しました。今後に向けての検討事項はありますが、まずは高評価で終了できてよかったです。

  2. 法務課内で飲み会しました。色々な話が弾み、楽しく過ごすことができました。リアルな飲み会と普段のチャットが相互に好影響の気がします。雑談大事。

  3. 日記の項目に、「タスク管理の状況」に加えて「ブログ更新状況」も追加したら、意識が向くようになって、更新もしやすくなった気がします。

4つの価値観に沿って

1.プロフェッショナルたること

ひとまず終了で、ここまで実行したことはシステム化・標準化してパッケージにしつつ、残った部分でパッケージに追加するところを選別する、そして、パッケージした以外の部分に注力するステージへ、という感じが見えてきました。どんどん広がりそうで、ちょっと休ませて?という気持ちも一方で。リフレッシュ、リフレッシュ。月末の最強旅行が楽しみです(今年は東北!)。

組織運営の方法を変更したいと検討しつつ、一方で人員配置の話があったり、両方併せて考えるべきだけど、とかぐるぐるしていました。。

2. 心身の健康

タスク管理の状況

今週気づいたことが2つ。1つめ、会議や打合せの予定が隙間なく続いていると、その前後で記録がなくなる傾向があります。ドタバタと移動して頭を切り替えるので精一杯になるせいか、記録していても、コメントが書けず、そのまま怒濤のようにいくつも打合せをしていくと、瞬時レビューできたら役に立ったであろうことが失われてしまいます。打合せの場合は私の都合だけでスケジュールが決まらず、グループウェアのカレンダー上で空きがあれば入れられるため、流れに任せているとそうなる傾向にあります。なんとかしないと、主体性がなくなりそう。

2つめ、夜の予定が入った場合に、なにを省略したら良いのかがよく分からず、なんとなく実行できないものが溜まったり、単純に就寝が遅くなったりする。基本方針を立てたい。

などと考えた挙げ句、タスク管理状況が「良い」ってなんだ?となり、さらにそもそも私にとってタスク管理ってなんだ?と遡って、記事になったのでした。

backstage.senri4000.com

体調管理&ダイエット

上記したように、出張中に凝りの影響か車酔いかその両方なのか、不調になって、久しぶりのお出かけだったのに台無し感でした。凝って気持ちが悪いというのは突然来るので、閾値の問題なのかなんなのか。。。

咳が残るのがずっと続いていて、思い出したように暫く咳き込んで止まりません。総会当日も、ドロップなめたりマスクしてみたり。せき、たんという感冒薬も飲んでいます。そして、緊張からなのか、夜になると蕁麻疹めいた痒みが出てきていて嫌な感じです。アレロック飲んでとりあえず治まっているのですが、継続して飲んだ方がいいかなぁ・・。

という感じで、自覚よりも身体に負荷がかかっているようで、週末に行ったリメディアルセラピーでも、「お疲れですね。疲労の蓄積に施術が追いつかない感じがします」と言われてしまいました。日々の疲れは日々取りたいのですけれども。時々平日休みを取るといいですよ、とお勧めされたので、さらに積極的に取って行きたいと思います。

宴会続きであったため、体重は少し増えてそのまま安定という感じでした。夜が遅くなると、翌日のお弁当も難しくなったりして、影響が大きいです。

音楽

そろそろ楽器のお手入れをして、基礎練習始めなくては。と思ったのだけど、週末そこまで手が伸びませんでした。

3. 快適な生活

毎晩遅くなったため、新しいことはもちろんできていないのですが、帰ってから洗濯機を回して、シンク周りを片づけて、時々ルンバをかけて、といった日常の環境整備に励みました。週末には、自分の内的環境整備のために、普段よりも家事をする時間を増やして満喫しました。

4. 家族のQOL

実家まわり

先週末の実家訪問結果と、作成した相続手続フロー(これについても記事にしようと思いつつできてませんね)を妹に共有し、母の整形外科受診日程に併せて役所周りをしてもらいました。今月中にどこかで平日銀行訪問をしたいな・・・。

夫と息子たち

出張から飲み会3連続と続いたため、夕食を家で取れない日が続き、予告が遅れて息子2号に怒られました。時々なら喜んで作ってくれるんですけど、連続だと面倒感が勝つみたい。夫はすっかり平日夕食に帰るという発想がなくなってしまったようです。連絡も入らないってどうなん。

今週のエントリ

6/11(月)

backstage.senri4000.com

今後に備えてETCカードをもう1枚作る?とか、息子1号にクレジットカード(家族カード)を作る?とか、いくつか懸案があるのですが、ひとまずどちらも切迫していないので様子見です。

6/12(火)

backstage.senri4000.com

快調です。総会終わって出張も増えそうなので、手間いらずはありがたい。

6/14(木)

backstage.senri4000.com

ヒデさんに記事を読んでもらったところ、引用して意見を述べるところと、息子たちをナンバリングするところが「スチール的」と言われました(笑)。

6/15(金)

backstage.senri4000.com

一応、前説明なので、この後、最近のタスク管理状況に思うところについて記事を書く予定です。が、この記事が妙に膨大になったせいで忘れてしまったというか吹っ飛んだような気が。

backstage.senri4000.com

ひとまず終了ですが、パワーが残ってなくて総括ができていないので、週が明けたら気を取り直して総括して検討事項も整理しなくては。

6/17(日)

backstage.senri4000.com

そろそろ期末試験前に入ってくるので、来週末はお休みかな。

今週のインプット

ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

応用して自部門に使えないかと検討中。特に助言システムのあたりを読み返しています。

TOEIC®テスト 満点コーチング

TOEIC®テスト 満点コーチング

記事中に引用するために、息子1号に貸し出していたのを取り返して再読。書いた後、息子2号に貸出ししています。

紅霞後宮物語 第八幕 (富士見L文庫)

紅霞後宮物語 第八幕 (富士見L文庫)

例によって、BookLiveから新刊通知が来て読みました。そして、通例通り、ここまでの話が読み返したくなって、3冊ほど遡って再読。

近頃の息子たち

大学も3年生になって専門科目が増えた息子1号は、授業のコマ数を厳選して週3日にしたにもかかわらず、課題が本格化していてこなすのに相当の時間がかかってひーこら言っています。ほぼ、プログラミング課題になっているため、適当にやっつけるというわけにいかず、ちゃんと走るようにしなければならないためか、試行錯誤に時間がかかるようです。

始めたばかりなのでコツがつかめるところまで行っておらず、やってみてはつまずいてやり直すの繰り返し。きっと、語学と同じで階段状に進むんだよね~と言ったところ、本人も、

オレも分かってはいるんだよ。まだ始めたばっかりで分かることが少ないから、他の勉強でもそうだったように、最初は練習あるのみなんだって!でも大変なんだよぅ~(;.;)

とのことでした。ひたすら籠もって取り組んでいて、時々気分転換に階下へ降りてきたり、話しかけてきたりしています。

そんな息子1号の状況のあおりを食らっている?のが息子2号で、昨年は運転手として息子1号にお願いしまくっていたら、今年は「課題があるからダメ」と断られまくっているようで、6月半ばというのにまだウォータージャンプに1回も行けてません。

全然練習できないんだけど~

昨年の状況ですっかり息子1号頼みになってしまっていて、夫が息子2号の予定を気にしなくなってる(自分の予定をガンガンいれまくってる)のも影響しているような気もします。人との予定って早めに決まるので、息子2号のように直前になって「今週末行ってくれない?」とか言われても無理だって。

私はトランポリンはつきあうものの、運転の距離と言った先の道の狭さと駐車場の取り回しが大変なので、ウォータージャンプに連れて行くのは拒否してるんですよね。事故ったらしゃれにならない。

ということで、今日もトランポリンで自主練でした。

無事に株主総会終了

前日のリハーサル(2回目)から、当日の本番へとなだれ込み、無事に終了しました。緊張状態が解けてどっと来たらしく、当日たいして働いていないのに終了後はぐったりして眠気に襲われ、午後からあまり使いものになりませんでした(苦笑)。

個人的には、前日の取締役会に事務局初参加で出たことの方が効いていて、緊張と疲労感が倍増ししたような気がしました。。。

さて、見習いだった昨年から、本格的に運営統括として2年目の本年は、見える範囲の中で自分なりの方針を立て、達成水準を決めて動かしてきました。立てた水準に対しては、概ね達成した実感がありますし、見合った評価も得ていると思います。

とはいえ、動かしている中で、見えているつもりが実はもっと範囲が広かったことが判明したり、同じ範囲の中でも深いものであることが分かったりしたため、これで完成というものではなく、また、今年の範囲のなかで完成度を高めればよい、という単純な話でもないということが分かったのでした。

株主総会は、コーポレートガバナンスをどのようにしていくか、それをステークホルダーにどのように理解してもらうかの一連の環の中での1つに過ぎず、適法・適切を土台に、よりダイナミックに進めていく必要があるな、と思ったことでした。

ということで、継続検討しますが、ひとまず区切りということで、緊張を緩めてリフレッシュしないと疲労が蓄積している感があります。。。

また、今年は、スタッフで、公式ではなく有志での打ち上げをセッティングしてもらい、そこそこの人数が集まって開放感に浸って楽しく飲みました。会社で飲むのって公式な歓送迎会程度しか参加しないので、たまにはよい感じ、とか思ったことでした。