天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

仕事雑感

見積・段取りが甘かった?

昨年から統括責任者を拝命している株主総会です。 3月で会計年度が終了し、4月に入って決算が本格化。4月末週には取締役会を経て決算短信の発表、5月半ばに総会招集の取締役会、5月末に招集通知を発送して6月半ばに総会本番。というのが当社の主なスケジュ…

オープンクエスチョンが苦手

気づきを得るための質問、話を引き出すための質問というのがあります。他者に質問するだけでなく、自分を振り返るためにも自問することがあると思います。抽象度が高めで質問自体に解釈の幅があり、正解があるわけではなく、色々な答えが許容されるものが多…

『働き方』に思うこと

働き方改革がかまびすしい昨今ですが、組織で働く現場の管理職としては、全ての人が、個々に抱える事情の中で、その時々に最適な働き方が無理なくかつ甲斐を持ってできるようになってほしいな、と強く思います。 色々な制度や慣習、様々な立場の強弱、既得権…

遠足効果でリセット

丸1週間お休みしていまして、確かにメールの未読は400通と凄いことになっていたんですけれども、案外その他については仕事が山積みで大変ということもなく、大丈夫でした。 お休みの間に、通常なら私が噛まなくてはいけない承認ルートをスキップしてもらった…

朝ウォークと電池切れ感

2017年の振り返り記事の中で、 理想的には、毎日5時に起き、日の出の頃に30分ほど近隣をウォーク&ランしてから1日を開始する。日中は仕事の合間を縫ってストレッチやスクワットを行う。1日の締めくくりにしっかりストレッチをするようにしたい。これができ…

仕事始め

3年ぶりに、年末年始も会社カレンダー通りに出勤し、仕事始めました。儀式苦手で2015年に全体朝礼で倒れてから、「無理しない」と唱えて余分にお休みしていたのですが、春に部門長になってしまった都合上、休むのもなんだか憚られてやむなく参加、という感じ…

2017年の仕事

2017年の私的10大ニュース(4位以降は作りませんが)、第1位は「法務部長になったこと」で、第2位は「株主総会の統括責任者に指名されたこと」でしょう。2つが3月にセットでやってきたので同率1位かツートップか・・・(意味不明)。 2017年の年頭記事で、「プロ…

領域を広げる

自分のキャリアについての振り返りをして記事にまとめる、というのは何度かやっており、このブログにもまとめがあります(キャリアのカテゴリをご参照ください)。ここ以外でも、依頼されてまとめたこともあります(実名記事なのでリンクはご容赦ください。…

脇目を振らない弊害

平常モードの私のお仕事生活は、本来業務の他に、外部団体での活動が複数あったり、自主的な勉強会に参加していたり、セミナー・研修への参加も積極的にしていたり、と、外部刺激には事欠かないものになっています。 地方在住なので、これらをキープしようと…

新しい仕事の受け方

ぼやくように書き散らかしていますが、4月に法務部長を拝命すると同時に(というか、内定したと同時に)株主総会の運営統括を受けることになり、6月の本番を目の前にしてひたすら走ってきました。 これまでの分担 これまで勤務先会社では、株主総会は総務部…

朝メール夜メール試行中

小鳥遊さんの『似非タスクシュート』実行を興味深く見守っています。こちらの記事で紹介されているツールは、小室淑恵さんの朝メール夜メールを参考にしているとのことです。以前、@人事に記事が掲載されたときに、これは使えるかも、と思って部下の課長・…

コース別人事に思う

男女雇用機会均等法ができたときに、多くの企業(特に大企業)では総合職・一般職といったコース別人事制度を導入していて、今でも存続しているところが多いと思います。前者が基幹的業務に従事し、後者は補助的業務に従事するとされていて、大きな違いの一…

研究活動開始

新年度を迎え、某所での研究活動も新たなテーマで始動しました。なんと7年目です。運営側に回って今年は3年目。昨年も事前準備にいそしんだという記事を書いていますが、今年も同様に準備しつつ、さらに昨年度の反省に基づいて、運営サイドでのテーマに対す…

タイトル変更

2014年に法務と知財が組織ごと事業会社から持株会社に移って3年経過しました。 その際、既存の部の中から別の部の中へ移動させたため、冠となる部門名がなぜか「管理部」となっており、あまり名は体を表していない状態だったのですが、配下の課は法務課であ…

今年度の研究活動ほぼ終了

今年度も継続している某所の研究活動は、各社から派遣されているメンバー10数名で、月の1回の会合を会場は各社持ち回りで開催し、1年かけて1つのテーマについて検討し、結論を出すところまで持っていくのがミッションです。 今年も4月から月1回の会合を重…

緊急対応

今の勤務先に転職してから9年経過し、10年目に入りました。少し前に書いた記事を引用しておきます。ここからさらに2年以上経過していますね。早いものです。 backstage.senri4000.com 上の記事にも書いていますが、しばらくの間、訴訟・係争の数が半端なく、…

上司というもの

今の勤務先に転職して来てからの数年間上司だった方が、現在監査役となっておられ、内部統制の関係でここ数ヶ月ご一緒することが多くなっています。 上司と部下だった頃というのは、こちらは知財部門の実務責任者で、先方は部門長兼務の担当役員。技術系では…

仕事始め

今年も家族都合で1日余分にお休みを頂き、本日が私的仕事始めでした。 年末年始は、納会やら年賀やら、種々の行事が目白押しです。行事というものがいたく苦手な私としては、昔からこの時季が憂鬱だったのですが、所属集団によって儀式性の高さは色々で、う…

追い込みと仕込み

12月に入りました。 4月始まりの年度で動いているものは、そろそろ仕上げを見据えて追い込みの時期に入っていきます。それと並行して、来年度をスムーズに始めるための仕込みに入る時期でもあります。着地を見据えて新たな企画を立てる。 仕事の方は、どちら…

働き方の裁量

少し前に勤務先が企画業務型裁量労働制を導入する等という話を聞いていて、そういえば特許事務所に勤めていた頃は裁量労働だったところを転職して企業勤めに戻ったらガチガチの定時勤務になってしまい当初は有給休暇も少ないしまだ息子2号は小学生になったば…

合宿の効用

ここ数年、外部団体で研究活動をしています。年度単位でテーマが設定されており、人の入れ替えがあります。いくつかのテーマをそれぞれ研究している10人前後の小単位がいくつか集まって中単位になっており、継続している人も年度替りに中でシャッフルされて…

どの仕事にいつ着手するのか

2014年の5月に配下の部署に新入社員が配属になりました。事務系の一般職で、法務のバックヤードを引き受けてもらうことになります。時々契約書の検討もしてもらいます。 初めての人にどのように仕事を配分するかというのは中々難しく、1つずつ与えてそれが出…

イベントの幹事業、「段取り八分」

ここ数年、外部団体での活動に精を出していますが、1年に2回研究発表を行う機会があります。秋に中間発表、年度末に最終発表という形です。そして、秋は交流を深める目的も兼ねているため、合宿で行います。総勢80名ほどの中、参加者が60(宿泊)~70名(日帰り…

ロケットスタート

中島聡さんの、「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である」を読みました。 なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である作者: 中島聡出版社/メーカー: 文響社発売日: 2016/06/08メディア: Kindle版この商品を含…

修行に出ます。。

諸般の事情で、法務部門の最終承認者になってしまいまして。 ということは、契約検討依頼、法務相談のワークフロー、契約締結の稟議審査の全件に承認者として入るということで、話には聞いていたものの、月間3桁の件数があるということは、稼働日で割り算し…

事務担当者に求めたい資質・スキル

人員計画で補充要望を出すときに、スペックや育成計画を可視化しておくわけですが、事務担当の補充要望に当たり、今事務をお任せしている方に詳細なものを作成してもらいました。 今お任せしている方は私が今まであった中でピカイチのスーパー事務さんなので…

物事の進め方のスタイル

何度かこのブログでもグダグダ述べているように、先月に行った会合での運営がうまく行かず、かなり凹んだわけですが、メンタル回復してから、なぜうまく行かなかったのか自分で原因を考えつつ、人にも相談していました。 原因がただ一つ、ということはないの…

平常運転までの道のり

先週のまとめに書きましたが、先週半ばにかなり凹むことがありました。詳細は書けませんが、運営責任を負っている会議がうまく方向を見出せなくて迷走しかかり、みんなが考え込んで議論が進まなかったのでした。 準備が足らない気もしつつ、一応はその場のシ…

テーマ研究でのグループ討議

ここ数年継続して参加している某所の委員会活動では、年間で1つのテーマを掘り下げて研究を行い、結果を論説の形に纏めて行きます。母体の異なるところから派遣されてきた10人前後のメンバーで1年間行うのですが、始めのうちはバックグラウンドがよく分から…

一次情報としてのメモ

先日、事務方をお任せしている方から、指導している人について相談があり、一度説明したことが分からなくなって再度聞かれたり、聞いたことを忘れてしまったりする傾向がある、とのことでした。 そこで、説明を聞いているときにメモを取っているのか、取った…