天職の舞台裏

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

別姓にびっくり?

先日、ふと息子2号が言い出したことには、 学校で別姓だって言うとびっくりされるんだよね。 え、そうなんだ? それって、入籍してない、ってことだよね? (ここでも「入籍」かぁ。マスコミ責任重い。)そうだね。やり方はまあ色々あるけどね。 えっ色々あ…

「家族であることを確認する」って?

息子2号の受験が終了し、春から高校生になるということで、本人当然のように、 入試が終わった日にスマホに変えたい!! と意気込みまして。翌日スキーに行くことになっているので、どうしても、機種変更したスマホを持っていきたいという事情のようでした。…

私的別姓ばなし その8|現在そしてこれから

ここまで書いてきたように、25年ほどの結婚生活をずっと別姓で過ごしてきました。そのうち法律婚をして通称使用をしていた期間は2年に満たない期間に過ぎません。何度かその後法律婚を考える機会はありましたが、できるだけ事実婚のままで継続しようとしてき…

私的別姓ばなし その7|日本で子持ち事実婚生活

帰国にあたって 2001年11月に5年強滞在したカナダから帰国しました。帰国当時、息子1号は5歳になったばかり、息子2号は1歳3ヶ月でした。私が仕事に復帰したくて帰国をせっついた面もあり、フルタイム復帰をするつもりでしたので、それを前提に住居や保育園の…

改製原戸籍

年末に取得した戸籍謄本が妙にきれいさっぱりしていたので驚きまして、電子化前の改製原戸籍の謄本を取得しておくことにしました。 backstage.senri4000.com うちの家族の戸籍は私が筆頭者のものと夫が筆頭者のものと2つになっているので、両者を合わせて見…

戸籍の改製って

事情により、息子たちの法定代理人であることの証明書が必要になりそうだったので、年末最終日の役所に行ってきました。 通常は、戸籍謄本で法定代理人(親権者)が証明できるということなのですが、なにしろ事実婚です。法律婚であれば両親がともに親権者で…

同姓強制は合憲との判断

最高裁判決出ましたね。裁判要旨では、 夫婦が婚姻の際に定めるところに従い夫又は妻の氏を称すると定める民法750条の規定は,憲法13条,14条1項,24条に違反しない とのことです。 判決文は、補足意見・意見・反対意見を含め30頁に及びますが、丁…

私的別姓ばなし その6|子どもたちの姓の選択

子どもへ姓をどう継承するか 結婚した頃は、周りに同様の別姓実践者は通称使用ですらさっぱり見当たらず、ましてや事実婚なんて、という感じだったのですが、時の流れとともに、類は友を呼ぶのか、単にインターネットの発展で出会いやすくなったのか、事実婚…

私的別姓ばなし その5|カナダの別姓事情

夫に米国赴任の話が持ち上がり、私は色々迷ったものの、退職して同行することになりました。米国の就労ビザの取得は、会社が面倒見てくれるとはいえなかなか大変そうです。そして、同行家族はそれに付属する形となりますので、家族であることの証明が要りそ…

私的別姓ばなし その4|事実婚へ移行

ペーパー離婚・再婚という手段 参考書籍には、色々な別姓実践者の実例が載っていましたが、驚いたのは、必要に応じてペーパー離婚・再婚をしている人がいるということでした。基本は事実婚なのだけれど、家を買う局面などで夫婦であることの証明が住民票など…

私的別姓ばなし その3|通称使用の時代

家族手当というもの 今は企業の福利厚生はかなり整理されてしまっていますが、その昔、給与が生活給の性格が強かった時代には、基本給の他にいくつもの手当がありました。その一つが家族手当で、結婚したり、子どもが生まれたりするとお祝金だけでなく、月々…

私的別姓ばなし その2|結婚に際して姓について考える

別姓を提案する 20余年の昔、結婚することを決めて夫になる人と諸々打ち合わせをしておりました。どういう場面だったかあまり覚えていないのですが、その中で、当時の自分としては結構思い切って、結婚してからも今の姓を使い続けたいということを伝えました…

私的別姓ばなし その1|過去記事目録

夫婦別姓を認めず同姓を定めた民法の規定の合憲性を争っている裁判が現在最高裁に上告されていますが、本日は、大法廷で弁論が開かれました。 www3.nhk.or.jp 何度かこれまでもブログの記事にしてきましたが、結婚以来、20年以上別姓を実践しています。基本…