天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

本・雑誌

2016年の読書

2016年の読書記録 2016年もなんとかかんとかメディアマーカーへの登録を継続しました。自分的に読書欲が盛り上がっていた2015年に比べるとかなりペースは落ちてまして、183冊から110冊に大幅ダウンです。 私の場合、かなり再読率が高く、初読のときにそのま…

お金とのつきあい方とダイエット

コーチングをされている大滝由子さんをTwitterでもフォローしているのですが、時々読んでいる本についてのツイート(MediaMarkerからの)があり、興味がかぶると自分でも読むことがあります。今回引かれたのはこちらの2冊についてのツイートでした。 (コミッ…

ノートを取りながら本を読む

法務系の仕事の割合が体感5割を超えてまして、日々インプットして咀嚼して実践投入してフィードバックかけてまたあらたにインプットする、というサイクルを(わりと高速で)回しています。 いままで横目で見ていた分野も本腰を入れて参考書というか教科書と…

改めて、カナダについての本を読む

1996年5月から2001年11月までカナダはモントリオールに住んでいました。帰国してから15年になり、随分記憶も遠くなってしまっていますが、彼の地で過ごした6年弱はこれまでの人生の中でとても大切な経験であり、人生観も変わったというか幅が広がったと思い…

自分の中に基準を持つ

「アウトライナー実践入門」の「4.5 ライフ・アウトライン」に、著者のTak.さん自身のライフ・アウトライン(「人生」と「生活」のふたつの「ライフ」を扱うためのアウトライン)が紹介されています。 アウトライナー実践入門 ~「書く・考える・生活する」創…

Kindle Unlimitedに登録

8月3日から開始されたAmazonの定額読み放題サービス(Kindle Unlimited)。私がフォローしたり読んだりしている界隈のみなさんは、基本的に二極化している読書傾向の上のほうの方々のためか、始まると同時に無料登録されている人が大半で、8/8配信のWRMのQな…

WRMとのおつきあい

倉下さんの発行されているメルマガWeekly R-style Magazine (WRM)が、先日300号を迎えられました。 honkure.net 雨が降っても槍が降っても盆暮れ正月関係なく配信されるメルマガなので、きっと第1号は300週前なのでしょう。っていつ?と思ったので、まぐまぐ…

お気に入りの書店

今週のWRM(297号!)のQは、 お気に入りの書店は何軒ありますか? でした。 考えてみたのですが、現状、「お気に入り」と言えるほどの書店がありません。正しくは、「以前はあったのだけれど、なくなってしまった(閉店)」ですね。 地元のお気に入りだった…

本をいつ読むか

先日の法クラ女子会のときに読書の話になり、なかなか読む時間が確保できないのだけれど、いつ本を読んでいるかということを聞かれました。そのときは、反射的に、朝と夜、週末より平日、とか答えたのですが、その後たすくまのログを確認してみました。 読書…

構造と骨子

先週の続きで、たとえを考える際に注目する構造と骨子の話。 backstage.senri4000.com 感想ツイートで、構造と骨子は同じ意味ですか?と問いかけたところ、 ほぼ同じ意味で使っています。構造は、構造のことで、骨子は、それを構成する部品たち、くらいのニ…

「たとえ」をいかにしてもってくるか

今週のWRMの知的生産エッセイは「馴染みのある言葉力の高め方」で、前号エッセイ「わかりやすい説明」の感想ツイートから生まれた題材でした。 「わかりやすい説明」で大事なポイントは「馴染みのある言葉がある」であり、(1)「相手にとって」馴染みのある、…

再読する?しない?|片づけ祭り:本類

衣類の片づけが終了しましたので、本に移ります。 片づけ祭りに突入 - 天職の舞台裏 片づけ祭り:衣類その2 - 天職の舞台裏 「人生がときめく片づけの魔法」の本類の片づけのところには、本が捨てられない理由ナンバーワンは、「また読み返すかもしれないか…

本に書き込みができない

日本語を書くことに関する本2冊を貸し出ししていたところ、最近返却されたので、ここ1週間ほど改めて読み直していました。 日本語の作文技術 (朝日文庫)作者: 本多勝一出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 1982/01/14メディア: 文庫購入: 87人 クリック: 5…

紙の本と電子書籍の購入割合

面白そう、と思って予約して読みました。面白かったです。 Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話作者: きんどう zon出版社/メーカー: きんどう発売日: 2015/08/29メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 中にいくつか質問が…

コンロ周りの調味料棚を撤去

先日のエントリで「考えない台所」を紹介しました。 家事のルールと習慣化 - 天職の舞台裏backstage.senri4000.com この中で、是非やりたいと思っていたのが、台所収納のルールの中の「見えるところに、ものは置かない」です。 考えない台所 (Sanctuary book…

リスク回避とリスク追求|ファスト&スローより

ファスト&スロー(下)の第4部「選択」では、プロスペクト理論が説明されています。 ファスト&スロー (下)作者: ダニエルカーネマン,村井章子出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2012/12/28メディア: Kindle版購入: 1人 この商品を含むブログ (5件) を見…

経験と記憶

一週間ほどかけて、ダニエル・カーネマン の「ファスト&スロー」上下を読みました。ずっとウィッシュリストに入っていて、少し前のセールで購入し、こんどはKindleの中に眠っていてようやく取り出したものです。 ファスト&スロー (上)作者: ダニエルカー…

インスパイア返し

愛読しているR-styleの日曜日の記事は、一週間のまとめになっています。先週(7/13~7/18)のまとめ記事から少し形式が変わりました。 7/13 〜 7/18 今週のまとめ [リニューアル]rashita.net 後半に「今週触った本」のコーナーが増設され、「買った本・いた…

移転後の図書館へ初訪

地元の図書館が移転しました。6月半ばから1ヶ月弱の休館を経て新たな場所で新装オープンしたということで、初めて訪問してみました。 元々の図書館は、自宅から3分と至近で、選挙の投票所になっていたくらいなのですが、移転後は隣の学区になり、徒歩10分強…

本を買う、本を読む

久しぶりに、ゆっくりと時間をかけて大き目の書店で本を物色しました。数冊本を買って帰りつつ、そのときの自分の行動を振り返って、今の本の買い方、読み方が大体見えたので、書いておこうと思います。 本との出会い、その後の関係 電子書籍がなかった昔、…

本を買う環境について

今週のWRMのQは、以下のようなものでした。 Q.どこで「本」を買われますか? 以前と比べて本の買い方、買う本の種類が変わったようなことはありますか? 直接の答えとは別に、カナダに住んでいたときのことを思い出したので書いてみます。 もう20年近く前…

【本】ブログを10年続けて、僕が考えたこと(倉下忠憲)

先月末に出された月間くらした計画Zの第一弾です。 ブログを10年続けて、僕が考えたこと作者: 倉下忠憲出版社/メーカー: 倉下忠憲発売日: 2015/05/28メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 倉下さんの文章はとても好きで、ブログはもちろん、セルフ…

アウトライナーとの出会い|アウトライン・プロセッシング入門に寄せて

こことのところ話題沸騰していますが、Tak.さんが、今月始めに「アウトライン・プロセッシング入門: アウトライナーで文章を書き、考える技術」を出版されました。既に多くの方がブログやTwitterで取り上げられており、売上も上々のようです。 「アウトライ…

【購入・読了】クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本(鷹野 凌)

巷間話題の標題の本を買いました。 クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本作者: 鷹野凌,福井健策出版社/メーカー: インプレス発売日: 2015/04/24メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品…

年度末の東京出張

3/19に、今年度最後の東京出張だった、と書いたのですが、先週降って湧いた事情で急遽弁護士さんと会うことになり、年度末の本日も東京に来ることになりました。 東京は桜が満開、とあちこちで報道されたり写真がアップロードされていたりするので、この機会…

本が読みたい!

先週のまとめで少し言及しましたが、自分にとっての「本当にやりたいこと」や「ずっとやりたかったこと」ってなんだろう、と考えていました。 2/16~2/22 今週のまとめ (2015-W8) - 天職の舞台裏 通勤時間や出張移動中など、数日詰めて考えていて思ったの…

BLJ連載|米国における特許権制限の動きが及ぼす影響

ビジネスロー・ジャーナルでは、2014年12月号から、米国弁護士の一色太郎氏による「米国における特許権制限の動きが及ぼす影響-特許権価値の低下とパテント・トロールの衰退」と題された連載がされている。 第1回で、米国におけるプロパテント(1980~90年代…

メディアマーカー再開の効用

先週、メディアマーカーを再稼動させたというエントリを書きました。 メディアマーカーを整理しました - 天職の舞台裏 まだ1週間ですが、心持ちに変化が起きていますので書いておこうと思います。 いま読んでいる本が明確になった 本を一気に読める幸せなと…

澤上篤人さん×出口治明さんのトークショーに行ってきました

書評サイトHONZを愛読しています。しばらくまえの記事で、出口治明さんの新刊の紹介がありました。 『「働き方」の教科書 「無敵の50代」になるための仕事と人生の基本』-編集者の自腹ワンコイン広告 - HONZ 出口さんの書評で取り上げられる本は、知的好奇…

倉下忠憲|「本」を読むことについて

倉下さんが毎月1冊電子書籍を発行されている「月刊くらした」計画の2014年12月の配本。 「本」を読むことについて think about reading (a book) - 倉下忠憲 今回は、3章からなる通常版とそれに4章を加えた増補版が出ています。倉下さんの「長い文章」が好き…