天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

オケの練習日

今シーズン二回目のオケ練習日でした。ここ3日ほどずいぶん気温が高くなっていて、ぽかぽかと温かく、紅葉の公園はとても見頃で散歩日和なのですが、練習会場の某役所のホールはまだ季節柄暖房が入っておらず、日も差し込まないのでとても寒くて参りました。お昼を持って外のベンチに出てしまったほど。

現在所属しているアマオケは、2~3週間に1回程度の練習頻度で、練習日は朝から夕方までみっちり、というスケジュールになっています。今回も同様で、全曲みっちり、やっているうちに、最後の方は段々気が遠くなってきます。肉体的な疲れとまだあまり弾けないので集中力が妙に要求されて精神的な疲れが重畳されて辛い。

でもまあずいぶん様子は分かってきたので、個人練習する気も起こってきたというか(遅いけど)。頑張ります。

オルフ:世俗賛歌「カルミナ ブラーナ」

オルフ:世俗賛歌「カルミナ ブラーナ」

  • チェコ フィルハーモニー コーラスアンドオーケストラ
  • Classical
  • ¥1800

Ravel: Daphnis et Chloe

Ravel: Daphnis et Chloe

  • コヴェント・ガーデン王立歌劇場合唱団, ロンドン交響楽団 & Pierre Monteux
  • Classical
  • ¥800

サン=サーンス: 歌劇「サムソンとデリラ」 - バッカナール

サン=サーンス: 歌劇「サムソンとデリラ」 - バッカナール

  • スロヴァキア放送ブラティスラヴァ交響楽団/スティーヴン・ガンゼンハウザー(指揮)
  • Classical
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes