天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

インプットにかける時間

少し前のエントリに調子が今ひとつ、ということを書きましたが、今も続いていて、そのせいか、外部からの情報の流入が辛く感じることが普段より多いようなので、意識的に流入量を減らして自分が情報の波に晒される状況を少なくしています。

冬の憂鬱 - 天職の舞台裏

普段からTVは全く見ないし、新聞も読まないので、ほとんどの情報はネット経由です。それも、あまりニュースポータルやニュースアプリも積極的に利用していないため、RSSフィードでチェックしたり、Twitter経由で見に行ったりしています。逆に言えば、普段はTwitter、RSSフィード、Google+は頻繁にチェックしていて、時々Facebookという感じになっています。

そこで、思い切ってTwitterとFeedlyのチェックを停止しました。Google+は、ごく限られた方々のサークルだけチェックしていますが、フォローしていたアカウントはかなりの部分を停止して、目に入らなくしています。

結果、かなり心の平安?に寄与しましたが、見事に世の中から置いていかれています(苦笑)。子供たちに時代遅れ感を指摘される割合がさらに増しました。

一方で、参考文献や購読雑誌、読みたいと思って買って来た本の購読時間が増えています。たすくまに、朝の時間帯に「参考文献読み」というタスクを30分、夜の時間帯に「読書」というタスクを30分毎日入れていますが、これまで両方きっちりできる日があまりなかったところ、最近はどちらも予定通り完了したり、あるいは予定時間を超えて読むことができたりしているので、読了できる分量が増えています。

改めて、インプットに当てられる時間は有限で、それを数種類で取り合っているのだな、と思っているのでした。

ちなみに、現在読書中の紙の本はこちらの2冊。電子書籍はついSaleで買ってしまうので色々読みかけです。

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス)  ―私たちの働き方とマネジメント

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント

  • 作者: エリック・シュミット,ジョナサン・ローゼンバーグ,アラン・イーグル,ラリー・ペイジ,土方奈美
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2014/10/09
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (6件) を見る

伝わるデザインの基本 よい資料を作るためのレイアウトのルール

伝わるデザインの基本 よい資料を作るためのレイアウトのルール

参考文献として、こちらを図書館で借りました。必要な部分は読了。

租税法と市場

租税法と市場