天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

音楽の力を借りる

何度か書いているように、11月末あたりからあまり調子がよくありません。心身の、というか、主にメンタルの不調が強く出ています。気分が沈みがちで、訳もなく泣き出しそうになるというのが特徴的で、実際些細な失敗で涙が出てきて止まらなくなったりします。

波があるのはそれはそれで平常であり、泣きたい気分になる、というのも、わりとよくあることではあります。回復してまた戻っていけばいいわけなのですが、どうも今回長いので、少々心配になり、クリニックを受診してみました。結果、少し前のエントリに書いたように、うつ病という診断までは行かないけど、軽めのうつ症状ですね、と言われて薬を出されています。

そして、日常生活としては、有酸素運動がお勧めです、と言われました。うーん、と考えていると、「あまり運動は好きではないですか?」と言われたのですが、というより、時間をやりくりしてジムに行くこと自体が負担になって、しばらく前にジムを退会してしまってからは、日常の運動はほぼウォーキングになっているんですよね。通勤時と週末の散歩&買物。通勤はともかく、週末の散歩は減っている自覚がありますので、意識して戻そうと思いました。プールにも行きたいところですが、公営プールが近いとはいえ、季節があまりよろしくない。風邪を引きそうです。

しかし、訳もなく泣き出しそうになるのって、こういうウォーキング中が最も多いんですよね。身体はやるべきことがあって動かしているんだけれど、頭は集中していなくて良い、という状況がよろしくないようです。そして、有酸素運動って、エアロビクスダンスを必死にやっているならともかく、歩く・走る・泳ぐ程度だとどれも思考は浮遊しがちで、つい色々物思いにふけってしまう。

これではあまり効果がありそうでないような気がしますので、歩くときには音楽をかけてそちらに意識をむけることにしました。普段私が聴いているのはほとんどがクラシックで、これだとほぼBGMになってしまい、あまり意識が向きませんので、ちゃんと歌詞のある、それも、一緒に歌いたいと思う系統がよさそうです。ついでにカラオケのレパートリーにしてしまおうか(違

ということで、iTunesで新たに購入したり、夫のCDコレクションからリッピングで追加したりして、歩くときのプレイリストを20曲くらい入れて作りました。つい、懐メロになってしまうのは、年齢的に仕方がないですね。例えば、こんな曲たちです。

セーラー服と機関銃

セーラー服と機関銃

  • 薬師丸ひろ子
  • Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

鎌倉物語

鎌倉物語

  • サザンオールスターズ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

(みんなの)春よ、来い

(みんなの)春よ、来い

  • 松任谷由実
  • Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

空と君のあいだに

空と君のあいだに

  • 中島みゆき
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes