天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

1/26~2/1 今週のまとめ (2015-W5)

今週は、水曜に有給休暇をとり、午前中にメンタルクリニックを受診(3回目)、午後は洗濯乾燥機の修理に立会いました。

こんなペースで働くとずいぶん心身ともに楽だと思いましたが、後半木曜金曜は出張と会議が続き、もくろんでいたタスクが完了しないまま終わってしまいました。

メンタルの状況は好転しており、もう少し投薬継続して様子見と言われつつ、仕事を詰め込まないようにと念を押されています。

今週のエントリ

先週も多少そういう傾向があったのですが、今週は特に、週の後半になるまでまったくエントリが挙げられませんでした。ネタがないわけではないものの、書くエネルギーと暇が捻出できずに一日が終わってしまう感じです。結局、ウィークデイは3日分しかエントリがありません。

1/26(月)

各方面、ずいぶん記録が定着してきたように思います。残るは仕事面ですね。。。

1/27(火)

エントリにまで上げていませんが、日常的に入ってくるタスクのInbox用に新しいノートを買いました。いつものRollbahnでないリングノートにしたら、リングが手に引っかかって書きにくい。ノートによっていろいろですね。

1/28(水)

f:id:senri4000:20150128231601j:plain

お休みでした。通院の前後にウォーキング、途中で喫茶店でモーニング。

1/29(木)

東京出張でした。弁理士会の会合の後、東京オフィスで知財研修を。

1/30(金)

会議とセミナーとレイアウト変更とでなんだか予定にまみれた一日でした。でもなんとか定期演奏会に。

1/31(土)

髪を切ったほか、インプットについてのまとめ記事を書いていて終わらず。今日も続きをしましたが、来週に持ち越しです。

2/1(日)

朝から夕刻までたっぷりだったので、消耗しました。アリアの伴奏は、歌がないと正直よくわからず、でも、本番は楽しめそうです。

今週読んだ本

読了

民事判例の読み方・学び方・考え方

民事判例の読み方・学び方・考え方

裁判例の読み方の方法論確立のために購入しました。読了というか、大半が事例演習本なので、読むところだけ読んだものです(1章分のみ)。

リーガル・リサーチ第4版

リーガル・リサーチ第4版

  • 作者: いしかわまりこ,藤井康子,村井のり子,指宿信,井田良,山野目章夫
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 2012/04/18
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
上記の調べものをしていたら、あちこちに引用されていた本です。思い返せば、ずいぶん前に購入して積読になっていたのでした(汗)。

数学文章作法 基礎編 (ちくま学芸文庫)

数学文章作法 基礎編 (ちくま学芸文庫)

Kindle版で購入してしばらく読めていなかったのですが、移動中に読み始めて一挙に読了。あちこちで絶賛されているだけあって、とても分かり易く、腑に落ちるところが満載です。消化しきるためには何度か読み返してノートを取っておかないと。ブログを書くときにも大いに参考にしたいと思います。そして、これは息子に読ませたい、と思いましたので、紙の本も買いました。推敲編も注文済みです。

1つの文に1つの主張、というあたりは、以前読んだ、英文のライティングの本に通じるところがあると思いました(こちら)。

即戦力がつく英文ライティング

即戦力がつく英文ライティング

読みかけ

私たちはどこから来て、どこへ行くのか

私たちはどこから来て、どこへ行くのか

少しずつ読み進めています。なかなかパーセンテージが進まないので確認したところ、紙の本だと400ページを超える厚い本だったようです。Kindleだとそういうボリューム感がわからないんですよね。

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス)  ―私たちの働き方とマネジメント

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント

  • 作者: エリック・シュミット,ジョナサン・ローゼンバーグ,アラン・イーグル,ラリー・ペイジ,土方奈美
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2014/10/09
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (10件) を見る
こちらも読みかけにしていたものをひっぱり出してきて読み進めています。これは、当初から息子1号と共有のつもりで、紙の本です。あと一息。参考になる、というよりも、読み物として面白いです。