天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

CRCPシンポジウム「急増する特許権とイノベーション~競争政策の役割」に行ってきました

某所で紹介いただき、競争政策研究センター(CRCP)の掲題の国際シンポジウム(日経新聞社と共催)に行ってきました。

国際シンポジウム:公正取引委員会

登壇者の大半(北大の田村先生を除き)が経済学者の方々で、主催者も公正取引委員会の競争政策研究センターということからか、あまり知財畑の関心が高くないのか、聴衆に見たことのある方が少なかったようです。

基調講演が50分ずつお二人、田村先生と、一橋の長岡先生からのコメントを20分ずつ。そして、センター長の岡田先生の仕切りによる、これら4人の方々によるパネルディスカッションがたっぷり。

ディスカッションのテーマとして、特許制度と競争政策の補完・協調の各国でのあり方(具体的な実情を踏まえ)、特許(制度)の質について、標準必須特許について、PAEについてなど、発言を求められたコメンテーターの方から「大変重いテーマだ」というコメントが飛び出すほど。予定時間を多少オーバーし、大変興味深いコメントをいくつも聴くことができて有意義でした。