天職の舞台裏

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

固定電話を代替え

ガジェット・小物 生活雑感

現在住んでいる家は、個人の方が転勤に伴って住まなくなったご自宅を借りています。このため、設備がいくつか残っていて、ドアホンもそのうちの1つです。引っ越してきたときに、ドアホン対応のファックスを導入し、パナソニックのドアホンアダプタVE-DA10-Hを噛ませて使ってきたのですが(ドアホン自体はNTTのものでした)、ファックスの方が経年劣化なのかあちこち支障が出てきていました。

パナソニック 電話機附属品 VE-DA10-H

パナソニック 電話機附属品 VE-DA10-H

近年はファックスの送受信もほとんど使わなくなっていましたので、この際電話に切り替えることにして、同社のコードレス電話機VE-GD32DW-Hを導入。特に問題なくドアホンからも呼び出しができるようになり、落ち着きました。

細い3階建てのため、各階に電話機がないと呼び出し音を聞き逃してしまうことがありますので、ここ数年(!)子機の不調で困っていたのでした。あっけなく改善されたので、もっと早く切り替えるんでした。

先代ファックス機がドアホン対応で子機2台という構成が大変調子がよかったのですが、後継機がすべてドアホン対応を止めてしまったとのことでいったいどうすればよいのか悩んで先送りして数年が経過。

よくよく考えたら、我が家には家電品のかかりつけ医のような電気店があり、これまでも色々お願いしてきた実績があります(洗濯機とかエアコンとかTVのアンテナとか)。その電気店に相談したら、あっというまに所望の電話を探してカタログを持って来てくれ、注文すると、入荷後すぐに設置に来てくれました。もっと早くお願いすれば良かった!

家電品って、お願いする場合と自分で量販店で買ってきてしまう場合の両方があって、思いつかなかったようです。ずいぶん長い間不便を堪え忍んでしまいました。しまった。

ともあれ、快適固定電話生活が復活しました。ファックスを処分したので、設置場所あたりもすっきりしました。