天職の舞台裏

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

「家族であることを確認する」って?

生活雑感 別姓

息子2号の受験が終了し、春から高校生になるということで、本人当然のように、

入試が終わった日にスマホに変えたい!!

と意気込みまして。翌日スキーに行くことになっているので、どうしても、機種変更したスマホを持っていきたいという事情のようでした。

代理人での機種変更

勢いに押されて、その日のうちに店舗で待ち合わせることにしたのですが、予定を入れてから3日ほど前に思い出したのは、息子2号の使っている携帯電話の名義は夫である、ということ。

元々、息子1号が小学生の時にキッズケータイを購入、息子1号が高校に上がったときに別回線でスマホを購入し、キッズケータイはそのまま息子2号に譲り渡したという経緯です。小学生は本人の名義で契約ができないため、親の名義になっているのですが、私じゃなくて夫のものにしてあったのでした。

ちなみに、携帯キャリアはdocomoでして、すでにdocomo歴12年になりますが、契約当時は夫と私の間で家族割引が無理だった(法律上の配偶者でないので)ため、2回線両方を夫名義にして家族割をつけました。息子1号に携帯を買ったときに、特にその名義だけ私にする必要もありませんでしたから、そのまま夫の名義にしたのだと記憶しています。現在の息子1号のスマホは本人名義になっています。

今回の息子2号使用携帯の機種変更、面倒がないのは契約者本人である夫に手続を全部やってもらうことなのですが、諸々の事情でできれば私の付き添いで本人がやりたい。行く予定の店舗に行って、事情を話してできるかどうか聞いてみると、

ご本人さまからの委任状をお持ち頂ければできます。

委任状のフォームをご用意しますので、そちらにご本人から記入と署名を頂いて、ご本人様の運転免許証のコピーを一緒に持ってきて頂ければOKです。

とのこと。もらった委任状の様式を見ると、

個人名義での新規ご契約またはドコモの分割払いをご利用される場合は、契約者(委任者)のご家族からの注文に限ります。

と書いてあります。ここで「家族」にひっかかり、夫婦別姓のため法律上の婚姻関係にないが大丈夫かどうかさらに質問。担当の方は一瞬考えた後、

お客様(私のこと)の免許証の住所と、ご本人様の免許証の住所は同一ですか?であれば大丈夫です。

そうなのか?うーん、本当に大丈夫かなぁ。その日の担当に違うことを言われないかしら。と不安になり、帰ってからdocomoの本人確認についての案内ページを見に行くと、以下のようになっていました(強調は当方によります)。

代理人によるお手続きの場合、「契約者ご本人の確認書類」、「委任状」、「代理人の本人確認書類」が必要です。

【機種変更・契約変更と同時に分割払い契約をされる場合】

個人名義の場合は、契約者ご本人からのお申込みが必要です。代理人(契約者のご家族を除く)からのお申込みは受付できません。

契約者のご家族によるお手続きの場合、「契約者ご本人の確認書類」、「委任状」、「契約者のご家族の本人確認書類」、「ご家族であることが確認できる書類(戸籍謄本、「マイナンバー」の印字がない住民票など)」が必要です。

上述の店舗担当の発言は、この「家族であることが確認できる書類」を住所が同一であることでOKとした、ということだと思いますが、どうにも不安が残ります(いざ行ってできないというのは難儀ですからね)。たまたま有効期間中の住民票は持っていますので持って行くにしても、妻(未届)は家族であることが確認できる書類なんだろうか?そもそもdocomoの定義する「家族」は三親等のようで、ここに事実婚の配偶者が入るのかどうかは微妙です。

名義変更

以上の面倒は、私と夫が「家族」に該当するかどうかが不安定なために発生するわけです。であれば、この際、対象回線の名義を夫から息子2号本人に変更してから機種変更をすればよいのでは。と思いつきました。将来を考えても、ここで本人名義にしておいて特に問題があるわけではありません。

名義変更の場合、一方当事者のみの来店(本人確認書類持参)でも、第三者の来店でも可能となっています。この場合、来店しない当事者からの委任状と本人確認書類のコピーがあればOK。

ということで、夫には名義変更についての委任状を私宛に書いてもらい、免許証のコピーをもらいました。私自身は名義変更の当事者ではありませんが、息子2号については法定代理人ですから問題ないでしょう。

息子2号は待ち合わせ店舗に大幅遅刻して現れましたので、待ち時間の間にやりたいことを説明し、預かってきた委任状・免許証コピーと、息子2号の保険証、私自身の免許証を提示。難なく手続は開始され、実際のところは名義変更と機種変更は同時進行しました。家族云々は当然ながらまったく問題になりませんでした。元々私自身の回線と一括請求になっており、支払の問題はありません。分割払いについても本人が署名し、法定代理人である私が同意書に署名する形でOKでした。

家族であること

10年前と比べると、携帯各社のファミリー割引条件も緩くなっている気がしています。そして、ある程度は店舗の裁量でできることでもあるようです。また、別居となると少しハードルが高くなるようですが、同居の場合には実質で判断されているように思います。

今回は安全を見て息子を噛ませる形を取りました。私と夫の間の身分関係は不安定ですが、息子たちとの間では一親等の血族であることは間違いないので、息子たちを間に入れた方がスムーズに行くことが多いのです。方便ですが、確実に、面倒を避けて、やりたいことを実現できるなら、実質をとりたいことも多い、ということで。