天職の舞台裏

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

健康診断2016

心身

恒例の健康診断の季節となりました。今年は2年に一度の婦人科健診オプションに補助が出る年です。毎回申し込んでいるのですが、今年は案内を見落としていて出遅れました。このため、院内検診日の予約が取れず、例年8月上旬のところずれ込んで9月に。

f:id:senri4000:20160907221133j:plain

昨年の教訓から、午前中に健診だと午後は使いものにならないことが判明しているので、1日年休取って臨みました。

backstage.senri4000.com

今年から、健診の実施業者が変わって、社内の場合も院内健診の場合も同じ業者さんになりました(そして他拠点でも同じらしい。)。ということで、初めての健診センターだったのですが、それほど広くはないものの、あまり混んでおらず、婦人科オプションの実施日のためか女性ばかりで落ち着いて受けることができました。

検査着で待合室にいたりするので、男性と混じるとちょっと落ち着かないんですよね(以前の健診センターは入り交じっていて結構混んでいたので少々気になりました)。健診自体は問診の入力(タブレットでした)からオプションも含めて2時間ほどで終了。マンモグラフィーで少し待ちましたが、その他はほとんど待ちもなくてスムーズでした。

もっとも身体に堪える胃部レントゲン(バリウム!)も、あまり大量に飲まされることもなく、スムーズに終了。これは今年は割と軽く済んで大丈夫かも、と思ったのですが、やっぱりあちこちいじり回される?のが良くないのか、また、台風の影響で気圧が下がってきて頭痛が追い打ちをかけて、どんどん体調は悪化。

どうしても本日中の承認が必要そうだったため、年休の中会社に1時間半ほど出ましたが(幸か不幸か健診センターが会社から徒歩圏なので)、その後は速攻帰って夜まで寝倒しました。

夕飯に起きたもののやっぱり就寝も早くしてしっかり寝たので、身体が休養を要求していたようです。

ということで、来年も、丸一日お休み取って臨むのが良さそうです。院内健診だと、就業扱いにならないのでお休み取る必要があるのですが(社内の場合は勤務時間内に社内で行うので、勤務扱い)、快適さがずいぶん違うので、来年も(オプションなくても)院内健診で申し込もうかなぁ。