天職の舞台裏

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

スキーシーズンの準備

生活雑感

人工雪の設備が整っているスキー場は、11月上旬にはオープンするところが多いようです。昨年も、11月頭に軽井沢に出張したところ、駅から紅葉とともに滑走中のゲレンデが見え、人工雪だと紅葉とスキーの両方が一度に楽しめるのね、と妙に納得した覚えがあります。

シーズンオープン一番乗りは、富士山2合目にある「スノータウン イエティ」のようで、今年も10/21(金)にオープンしています。

www.yeti-resort.com

息子2号の狙っている近隣のスキー場のオープンは軒並み11/11(金)のようです。さすがに降雪はしないでしょうが、「最近の人工雪は特に問題なく滑れるから」だそうで、本格的なスノーシーズンを待たずに足慣らしができるのは素晴らしいですね。息子たち二人とも昨年の受験が明けたということで、今年は存分に滑りに行きたいようで、一体年間何日いくのだろう(すでに息子2号はシーズン券獲得済みなので、あとは交通費と宿泊費の問題ですが)。

ということで、先週末は、スキーシーズンインに向けて、道具のチェックと補充を行いました。息子2号としては、スキー関係にかなりの出費がかかるため、毎年予算を立てて、その総額を12分割した額を毎月貯金口座に振り込んでおり、そこから支出を行う形にしています。今シーズンのスキー用具として予算を立てているのは、ブーツ、ヘルメット、ヘルメットのインナーキャップに、スキーウエア(ズボン)だったかな。

お店に行ってみたら、モーグル用の欲しいタイプのブーツは今年のモデルで7万円ということが判明し、予算を大幅オーバーしていたため(見積もりが甘かったとも言う)型落ちを探し求めて2年前のモデル(機能は変わらないらしい)を出してもらい、なんとか予算内に収めましたが、ウエア(ズボンのすそが短いらしく、こぶを滑っている間に上がってきてしまうらしい)は予算内のものがなくて断念。その他の小物を買い足して完了。

お店の方に聞いたところ、上級者用のモデルは6月あたりから既に今シーズン物が出てくる一方で、アクセサリー系は11月半ばを過ぎないと入荷してこないということでした。なるほど、いつもよりグローブとかインナーとか少ないな??と思ったのは気のせいではなかったようです。毎年こんなに早く来ないからね。

とりあえず、これで準備万端です。私もボロボロになっていたスキーグローブを買いました♪ お正月休みのスキー宿も予約済。私のシーズンデビューは年末年始になりそうな気がしています。