天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

モロッコ料理

大変久しぶりに東京出張で泊まりになりまして、しかも夜が空いているということで、親しくさせていただいている法務クラスタの方々をお誘いして食事に。

「お誘いして」といいつつ、遠方なので幹事もお願いします!と甘え、さらに好みのものは?と聞かれたので、ずうずうしくも「エスニック系がいいな~」と注文までつけたところ(その昔、レバノン料理が食べたいと駄々をこねて一緒に行ってもらったメンバーでもありましたし)、モロッコ料理のお店を見つけて下さいました。

参加メンバー5人のどなたも初めてのモロッコ料理&お店だったのですが、みなさん激賞。注文した料理がすべて美味しい!前菜・サラダからメインディっシュまで、食べたことのない系統のものが多く(みじんに刻んだものが多かったですね)、香辛料も使われているのですが、特に食べづらく感じるものもなく、大変満足して頂きました。

東京では世界各地の料理を味わうことができるのですが、会食の設定だと好みの分かれる馴染みのないエスニック系は自分が幹事であっても設定しづらく、結果、無難な和食や中華系に落ち着くことが多いという話で、こういうのって機会がないよね~、もっと積極的に食べたいよね~、という話になり、リクエストした側としては嬉しかったです。辛くないエスニック系大好きなんですよね。

話の方もいつものように大層盛り上がり、私としては法務な方々に伺いたかったあれこれも色々聞けて大変実りの多い会食となったのでした。業界が違うと色々違うなぁ、という発見もあり、面白かったです。

最後のミントティー。

こんなおいしいお店は広めたくない!と幹事の某先生が強く主張されるので、一応店名は伏せておきます(笑)。珍しい系統のレストランって、検索するとすぐにヒットしそうではありますが。また行きたいな~。