天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

京都にて

会合が京都にてあったので、自主泊して久しぶりに晩秋の京都を散策することにしました。混雑している季節ですが、幸いアパホテルの祇園四条が取れたこともあり。

今年は寒くなるのが早かったり、その後暖かく戻ってみたりしたせいか、紅葉は見事に色づいたという感じにはなっておらず、そしてさすがにもう終わりだろうという頃合いでした。

といいつつも、まだ夜間拝観やライトアップしている時期ではありますので、まずは夜のうちに高台寺へ。何度も京都には訪れていますが、高台寺を訪問したのはおそらく初めてだと思います。池が澄んでいて、ライトアップされた木々が映るのが素晴らしく綺麗でした。

プロジェクションが面白かった。

翌日は、朝食前に八坂神社へ。そのまま円山公園を散策し、知恩院も見てきました。

混雑しているであろう北の方は避けて南下し伏見稲荷へ。千本鳥居から稲荷山の途中まで散策し、時間となったので途中で下山しました。上まで上ると1時間コースのようでした。暖かく、気持ちのよい日だったので少し残念。

そのまま伏見の酒蔵方面へ。好きな方々と合流して、吟醸酒房「油長」で利き酒。美味しゅうございました。

その後、竜馬通り商店街を抜けて寺田屋へ向かいます。

最後は、「鳥せい本店」でランチ。やきとりや取り鍋をつまみに神聖の「蔵出し生原酒」を4人で。飲んべえの方々とご一緒してると普段と違う世界に行けます(笑)。

かなり出来上がったのではないかと思いつつ、京都駅に向かったのでした。楽しい週末、大人の遠足でした。