天職の舞台裏

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

iPhone 6sのバッテリー交換(突然シャットダウン問題への対応)

ガジェット・小物

12/5~12/11のまとめ記事にちらっと書きましたが、自分のiPhone 6sにおいて「バッテリーが残っているにもかかわらず突然シャットダウンしてしまう」問題が(かなり前から)発生しており、この問題に対応してAppleがバッテリー交換プログラムを発表した、ということで、対象機種だったため、地元のApple Storeで手続し、無事バッテリー交換が完了しました。一通りまとめておきたいと思います。

私がiPhone 6sに機種交換したのは2015/10/3です。

backstage.senri4000.com

Appleのサポートページによれば、対象機種は「2015 年 9 月から 10 月までの間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にある iPhone 6s 」ということだったので、ちょうどそれに当てはまったということになります。

iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム - Apple サポート

症状

突然シャットダウンが始まったのがいつだったか、正確には記録がなくて覚えていません。あまり自分の中で問題視していなくて、それ用のノートなどに記録してこなかったんですね。

初回は、ランチに出たところで写真を撮っていたらャットダウンしてしまい、え?電池の残量そんなに少なかったっけ?と焦ったところ、会社に戻って充電したら70%くらいに復活して普通に再起動されてなんじゃこりゃと思ったのでした。ひとまず一旦充電すればすぐ再起動するので大きな問題とは思っておらず、外出先で使えなくなるのは面倒なのでモバイルバッテリーを常備した方がいいかな、と思った程度でした。

どういう加減か分かりませんが、シャットダウンするのは決まって外出時で、写真を撮っている最中がほとんどでした。外出しているときって写真が撮りたいときでもあるので(特に散歩中や旅行中など)、忘れずに充電セットを持ち歩くのが多少面倒でしたが、頻度が高くない間はそれほど気になりませんでした。

2016年になり、シャットダウンする頻度が少しずつ上がってきました。1日外出していて写真を撮っていると、何度もシャットダウンされて再起動を繰り返すこともありました。だんだんモバイルバッテリーを持ち忘れることもなくなりました(苦笑)。

秋になった頃には、毎朝通勤時に写真を撮ると必ずシャットダウンするというところまで来ており、11月や12月の旅行では、あまりに頻繁にシャットダウンするのでしょっちゅう再起動していたのです。さすがにこれでは耐えられないと思い、対応法を探すようになりました。

まずはバックアップから

AppleのサポートでQ&Aを見たところ、意図せず再起動した場合に取れる対処法として、いったん工場出荷時の状態にリセットし、バックアップから復元するというものが出ていました(いま確認すると同じものを見つけることができないのですが。。。)。

とりあえず、ハードの問題なのかソフトの問題なのか分からなかったので、いったんこちらを試すことにしました。参考にしたのは、こちらの記事です。

appllio.com

これを実行するためには、バックアップをしっかり取っておく必要があり、ここのところすっかり放置していたため、まずはバックアップをしようとしたら、こんどはPCのストレージ容量の壁にぶつかり、バックアップ先を外付HDDに移動させ、さらに写真の整理をして、と普段の怠け者が祟ってずいぶん遠回りになりました。

backstage.senri4000.com

backstage.senri4000.com

バックアップできる体制にPC側がなってから、初期化してバックアップから復元したところ、上記の記事では「復元にかかる時間は容量にもよりますが、およそ10~30分前後と考えておけばよいでしょう。」と書かれているのですが、6時間かかりました。。。

さて、これで綺麗になってシャットダウン症状が出なくなるといいな、と思ってとある週末を終えたのですが(上述したように、家に居るときは症状が出ないので再現するかどうか分からなかった)、月曜の朝通勤時にカメラアプリを動作させたらやっぱりシャットダウンしたのでした。ああ~。

対応プログラムを発見

これはいよいよApple Storeに並んで相談するしかないか、と思っていたところ(地元にApple Storeがあるのですが、Genius Barの混雑具合と行ったら半端なく、なかなか予約が取れないので、朝一から並ぶのが一番早い状態なのです)、私が色々騒いでいるのをきいていた息子1号からGigazineの記事が送られてきました。どうやら、Twitterでフォローしていたのを拾ったようです。

gigazine.net

その場で、Appleのサポートページに行き、シリアル番号を入れて送信したところ、ビンゴ!バッチリ対象だったというわけです。

では、次はどういう手続で交換してもらおうか、と少し考え、テクニカルサポートへ送ることも考えましたが、その間実機がないのも辛い。ということで、翌日Storeに朝から行ってみることにしました。

交換手続

幸い、平日だったこともあり、数人の待ちの後で受け付けてもらえ、説明すると、

先週からプログラムが公開されて、全世界で対象の方が殺到している状況のため、今店舗に交換用バッテリーの在庫が全然ないんです。今からすぐ発注して入荷したらご連絡しますので、再度ご来店ということでよろしいでしょうか。

とのことでした。入荷には2週間ほどかかるとの説明で、実際は10日ほどで連絡がありました。交換作業には3時間ほどかかるらしく、あまり夕方にいくとその日のうちに終わらないのでご注意下さい、と。

ハード上でのバッテリーの交換なので、データはそのまま手つかずのはずだけれど、なにか問題が起こるとデータが消去となる可能性があるのでバックアップはしっかり取っておいて下さいと念を押されました。そこでまたiTunesでバックアップを取ろうとしたら5時間経過しても終わらないので時間切れ、諦めました。iCloudは取れているのでまあよしとしましょう(こちらには写真が入っていませんが、別途取っているので。。)。

また、ディスプレイにガラスのフィルムを装着していて、実はこちらにヒビが入っているのですが面倒でそのまま使っていたところ、店舗で交換作業に預ける際、

ディスプレイを開けるため、もしかするとフィルムを剥がす必要が出てくる可能性があります。その際は破棄してもよいでしょうか?

とのことでした。それは仕方がないよね~、と半分覚悟したのですが、戻ってきたときにはそのままでした。ラッキー?

いずれにしても、実際にお昼頃交換に預けたときには「2時間半で終了します」と言われ、終業後に取りに行ったら無事に交換終了していてほっとしました。受取りの際、

交換は無事終了してますが、問題が他に原因がある可能性もありますので、症状が再発するようであれば是非またご来店下さい。

とディスクレーマーを念押されましたが、幸いその後数日使用しておりますが症状は出ていません。万歳。いや~、外出して写真撮っても落ちないって快適です。なぜか交換前の数日はバッテリーの消耗も激しくなっていてあっというまに減っていたのですが、こちらも回復して万々歳です。

これで快適iPhone生活が復活しましたので、ひとまず来年到来する2年縛り開けまでは何事もなく推移することを祈るばかりです!