天職の舞台裏

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

年の瀬

毎年、12月になるとその年を振り返ろうという気持ちにはなるのですが、実際に振り返りに手をつけるのがたいていの場合遅れに遅れ、毎年のことながら、年次の振り返り記事は新年明けてから書くことになり、バックデートしてしれっと更新するのが常になっています。

振り返りもいいけど、普段の生活も維持したいし、お休みでなければできないあれやこれやもしたいし、大掃除はたいしてやりたくもないけれど、来客があることでもあるので最低限しておかなくてはならないし、などと考えていると逃避行動が勃発して日がな一日読書してみたりもするわけですね。

とはいえ、昨年2015年の師走は、途中から片づけ祭りモードに突入しており、年末も年始もひたすら邁進していました。たすくまの過去ログで昨年の本日を指定して7日間を表示してみたところ、来る日も来る日も「祭りの片づけ」タスクがガッツリ並んでいて記憶通りで笑ってしまいました。

今年はそういう熱情もなく、予定していたスキー旅行も突然なくなってしまったため、平穏な年末を過ごしています。が、やっぱり年内には振り返りが終わりませんでした。

大晦日が土曜日ということで、今週のまとめを1日フライングして本日付にしてしまい、週のまとめ・月のまとめ・年のまとめの3本立てでするのが綺麗だろうか?と3日ほど考えていたのですが纏まらず、全部が実現しないあいだに2016年も終わりです。

2015年の振り返り記事を読み、2016年の月のまとめ記事を順に読んでいったところ、月々に書いてきた指針の実施状況をまとめて2016年の振り返りにしても物足らない気がして、カテゴリ別に今年のエントリを読み返してみました。そして、主なカテゴリについては、カテゴリの年次まとめを書いてみました。

2017年は、目標とか指針を立てるというよりは、ありたい状態を確認して、そのためにやりたいことを短期で回すようなことを考えたりしています。12月になってタイムリーに出版された「目標の研究」を見て考えたり、以前書いた記事を読み返したりしてこの半月ほど考えていることによります。

「目標」の研究

「目標」の研究

backstage.senri4000.com

さて、いったん、ここで終わって、やっぱり年が明けてからまとめ記事3連発を書いて、2017年の謹賀新年記事を書くことにしましょう。