天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

成人式

息子1号の成人式でした。当地では、小学校の学区ごとに式典が行われるようで、といっても息子1号の学区では、会場は小学校ではなく近隣の公的施設のホールで(ちゃっかり)行われました。学区内に施設があるので毎年恒例のようです。来賓の祝辞などの他、小学校の合唱部が校歌やお祝いの歌を歌ってくれたそうです。

成人式おめでとう>息子1号

女子だと晴れ着で一大イベントなのでしょうが、男子はてきと~。スーツも入学式のもので、コートだけそれっぽいウールのものを買い足して終了です。

そして、午後からは中学校の同窓会。こちらは繁華街に出て、どこかのお店を貸し切って立食で。3年次の委員長たち(といっても、ほとんど1年~3年までメンバー変わらなかったようですが)が幹事で準備していましたが、着手が遅まきになってしまい苦労していた様子でした。

息子1号の頃はスマホ・LINEが中学時代はそこまで普及していなくてクラスごとのLINEグループまではできておらず、連絡に苦労するところがあるようです。これが息子2号になると全員つながっていて即なんでも伝わるという便利なような怖いような状況になります。4年の差でかくも違うものか、という感じですね。

息子1号は、高校の公立入試に失敗して私学に進んだ関係で、合格報告に中学に行きそびれ、そのために同級生の進学先がさっぱり分からないまま高校生活を修了したのですが(積極的に収集もしないという性格のせいもありますね)、今回の集まりで色々判明し、久しぶりの面々に会って喋って大層満足そうでした。