天職の舞台裏

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

2/20~2/26 今週のまとめ (2017-W8)

先週は冴えない印象だったと書いたのですが、そもそもまとめ記事がなんだか書きにくかったので、日記に総括欄を新設しました。一通り項目を埋めた後で、その日はどんな日だったかを纏めてみる。そして、まとめを書くときには、総括欄を中心に眺めてみて、それを総括コメントに入れる形にしてみます。

今週は、日中はそこそこ気温が上がるものの最低気温が低くて寒い気候でした。風が強かったり、雨にも降られたり。先週疑問符付きで花粉症の記事を書きましたが、どうやら残念ながら気のせいではないようで、周りでも今年は症状が出るのが早いという声を聞きました。外出時はマスクが欠かせなくなりつつあります(まだ慣れないので忘れがちで辛かったり)。

月曜日・火曜日と、朝しっかりウォーキングして、かなり久し振りにスクワットも復活してみたところ、テンションが上がってタスクをみっちりこなすモードに突入し、達成感と充実感が得られたのですが、これって心身共に負荷が高めになるらしく、水曜日には息切れしてしまいました。休養日にして翌日から復活しようと思っていたところ雨に降られたので上手く行かず。水曜・木曜が底になってまた上昇という感じになりました。

オーケストラの本番まであと2週間となり、全体練習の頻度もほぼ毎週になっています。まだちょっと仕上がりに不安があるな~。個人的にもアンサンブル的にも。ということで、毎日眠気と闘いながら個人練習しています。

そんな感じで、運動・楽器の練習・インプット・記録とやりたいことがせめぎ合っている毎日で、ぼやぼやすると浸食されてしまいます。これに環境の整備もするのは正直難しく、本番が終わったら楽器の練習がオフになるのでその時間を使ってなんとかします。。

今週のエントリ

2/20(月)

backstage.senri4000.com

寝る前に電池切れを起こさないように気を遣うようになりました。逆にそこさえ気をつけていれば、それほど支障はないと言うことも分かりました。

2/21(火)

backstage.senri4000.com

細切れの待ち時間(交通機関待ち・エレベーター待ち・エレベーターやエスカレータの中・乗物の中)の読書が馬鹿にならないのですが、つい記録を忘れがち。いちいち記録してどのくらいになるかをトライしています。今のところやはり週末5時間の週日2時間というところ。

2/25(土)

backstage.senri4000.com

どういう風に纏めようか考えつつ、濱口氏の著作を読み返しています。WorkFlowyに纏めていくのがいいかしら。

今週のインプットメディア

集中インプットしつつ、図書館に予約していた本を引き取って読んだり、興味を惹かれた本も並行して読んだり。

初読の本

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン<天鏡のアルデラミン> (電撃文庫)

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン<天鏡のアルデラミン> (電撃文庫)

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)

Honkureの記事をみて読みたくなり、Kindleのサンプルを試したのですが、自分に合うかどうか確信が持てず、買うのはやめて図書館に予約していました。アニメの関係か、待ち行列が長くてようやく届いたので早速。面白く読めたのでこの先も読むと思いますが、買うかどうか考えて3巻のサンプルを読んで描写が厳しかったのでとりあえずこのまま図書館の予約を待つことに・・。

労働経済 (やさしい経済学シリーズ)

労働経済 (やさしい経済学シリーズ)

労働経済学入門-新しい働き方の実現を目指して

労働経済学入門-新しい働き方の実現を目指して

インプット実証実験の最終ラウンドの本2冊です。この後に、白書(労働経済の分析)も読んでいました。

Kindleセールになっていたので即買いし、隙間時間に読み進めました。分かりやすいし、ポイントが押えられていてよい本でした。

大国の掟 「歴史×地理」で解きほぐす (NHK出版新書)

大国の掟 「歴史×地理」で解きほぐす (NHK出版新書)

こちらもセールで購入。以前読んだ下記の本とかぶるところも多かったのですが、コンパクトに整理されていて良かったです。

大世界史 現代を生きぬく最強の教科書 (文春新書)

大世界史 現代を生きぬく最強の教科書 (文春新書)

流れでこちらも読みました。

トランプは世界をどう変えるか? 「デモクラシー」の逆襲 (朝日新書)

トランプは世界をどう変えるか? 「デモクラシー」の逆襲 (朝日新書)