天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

研究活動開始

新年度を迎え、某所での研究活動も新たなテーマで始動しました。なんと7年目です。運営側に回って今年は3年目。昨年も事前準備にいそしんだという記事を書いていますが、今年も同様に準備しつつ、さらに昨年度の反省に基づいて、運営サイドでのテーマに対する思いのすりあわせを事前にミーティングして行いました。

backstage.senri4000.com

昨年度の研究は、概ね終了し、まとめの論文の仕上げもほぼ終わる段階になっています。一昨年の深い反省に基づいて走った甲斐があったと言えるのでしょうが、最初の発散フェーズは少し自分としては先走って空回りした反省があります。今年は準備もしつつ、あまり焦らずに、議論ができる関係作りをじっくりやりたいと思ってスタートしました。

初回はどうしても連絡事項や日程調整など運営の諸々で時間が取られがちなので、できるだけ事前に皆さんから情報を出してもらい、整理して同意をとるだけにしておき、自己紹介に時間をかけ、発言を引き出すことに注力しました。なんだか年々メンバー数が増えていて、昨年は14人でかなり多くて大変と思っていたら今年はさらに増えて15人です。各社持ち回りでお願いする会議室を取るのも一苦労(広い会議室を持っている会社はあまり多くないのです。12名定員が多いということがここ数年で分かりました)。

f:id:senri4000:20170423135243j:plain

初回を終えて、皆さんの発言やテーマへの思い・姿勢の感じも悪くないスタートになりました。次回までに先行文献調査をして纏めてもらうという宿題をお願いし、そのまま懇親会へ流れ込んで終了。初回から盛り上がりました。会社や業界が違っても同じ職種の管理系ということで、悩みが共通していて話は尽きません。