天職の舞台裏

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

ゴールデンウィーク 2017

今年のGWは、息子2号が夫とともに白馬へ最後のスキー旅行、息子1号は友達と予定があるといって同行せず自宅でのんびり、私も特に予定を入れずに自宅周りでのんびり過ごしました。

昨年は旅行熱につられてお出かけしましたが、きっとこの先も暫くの間(息子2号が1人で出かけるようになるまでの間かな)GWはこんな感じではないかと思います。

高原旅行 - 天職の舞台裏

今年のゴールデンウィーク 2015 - 天職の舞台裏

勤務はカレンダー通りで5/1-2も平常出勤しましたので、通常の土日2セットに加えて祝日が3日間あったわけですが、どこかにでかけるのでなければ、お休みの日といっても塊でいつもと違うことに使えるのは1日5時間程度です。案外少ない感じがしますが、毎日「たすくま」で予定とタスクを並べてみると、どうあがいてもそんなものなんですよね。

だって自宅にいるのなら、毎日普通に家事もするし、休日定番のアイロンだってやりたいし、ウォーキングや買い物にもいきたいですから。これらを除くとやっぱり普段仕事をしているときの集中スロット分程度の5時間が残るというわけです。

ということで、この5時間×7をどう使ったかといえば、1日は実家に出かけ、2日は家計管理に没頭し、1日息子2号につきあってトランポリン、1日は衣料品の買物、あとはのんびりまったり軽めの読書、という感じでした。息子1号が、「連休終わってしまった~。ああまた明日から学校だ。長期休みにはいつも同じことを言ってる気がする」と笑っていましたが、大きなイベントがないと達成感もあまりないのでそんなところでしょうか。

気になっていた実家訪問と家計管理ができ、欲しかった服も変えて自分的には十分満足のお休みだったと思います。片付け祭りが手つかずで過ぎてしまったのが心残りですが、これはカレンダーに毎週登録していてもこのざまなので、他の手が必要そうです。

一方、シーズン最後のスキー場は、まだまだ冬のように見えますが、やはりシャビシャビで、最終日は雨に降られて散々だったそうです。ふもとはすっかり初夏で、BBQを楽しみつつ大道芸を見る、といった感じだったそうな。