天職の舞台裏

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

5/8~5/14 今週のまとめ (2017-W19)

日中暑く、冷房が入り出して調整が難しくなってきました。かと思うと雨が降ってグッと下がってみたり。5月を実感。

GWが終わり、仕事の方は色々佳境です。どうやら引き継いだ業務はとても大きな一連の業務の最下流の一部だということが分かってきて、手戻りの多さは各ストリーム間の引き渡しがうまく行ってないせいだろうというところまで見えてきました。

あまりよくない状態であることは分かったので、なぜそれがよくないのかの把握と、あるべき姿の設定と、そのギャップを埋めるための施策の立案に行くわけですが、広がりが膨大なのとこれまで縁がなかった分野なので自分の知識を並行してつけていく必要があり、自分リソースの投入量を大量に要求される状況になっています。

とはいえ、他にも抱えている実務はあるし、組織の運営はあるし、こればかり1日中やれるような贅沢な環境でもないため、遅々として進まない感に苛まれ、「もっと仕事がしたい」と叫ぶ毎日に。いやこれ以上つっこんだら身体は壊れるし生活も荒れるしいいことないんだから、と自分でつっこみ入れるものの、欲求不満状態ですね(苦笑)。

プレッシャーも強くかかっているので、蕁麻疹が再発しており、帰宅しても結局家から接続して仕事することが多く、就寝が遅くなって結果運動不足で全般に凝りが酷くなっています。なぜそれでも仕事したい気持ちが強く出るかなぁ>自分

日記のダイエットメモ欄を見ると、毎日食べ過ぎと書いてあって苦笑するしかありません。ストレスきつめになっているので、毎度のことながら飲み食いにはけ口が向かう傾向にあります。仕事上のストレスが激しいときは業務量が増えているときなので、夜が遅くなり、その際口寂しくなってしまうという循環にあります。。。

その他、休み明けに体調を崩して2日間お休みした息子2号の将来はどうなるのかかなり不安になり、これもストレスの一因になっているのでは、と思います。欠席日数が規定を上回ると内部推薦がもらえなくなるのですが、付属校に行ってるのに外部受験扱いで入れるわけが(受験勉強してないし)・・・。病欠も欠席日数に普通にカウントするという学校側の姿勢にも疑問がありますが、そこで争っても勝ち目はないでしょうから、ダメだった場合の覚悟だけ決めておくか、などとぐるぐる考えたり。

週末は、先週に引き続き実家に行き、スチール家具を粗大ゴミに出す準備に精をだしました。前回訪問時に父の状態があまりよくない感じがしたのですが、今回は自作した台の解体をドライバーや金槌を使って進めており、こうした手を使う仕事ってできなくなったりしないんだなぁ、と傍から見ていて思いました。昔取った杵柄がよい刺激になったのか、よい顔つき・目の感じに見えました。とはいえ、スタミナなくなっているので、少し継続して作業をすると消耗してぐったり、なようですが。

今週のエントリ

書きたいことはいくつかあったのですが、まったく時間が取れず、1週間経過してしまいました。記録のためにブログは書き続けたいものの、かなり厳しい状況です。

今週のインプットメディア

初読の本

国際特許管理の日本的展開 -- GEと東芝の提携による生成と発展

国際特許管理の日本的展開 -- GEと東芝の提携による生成と発展

休み中から少しずつ読んでいます。興味深いんだけど、読み飛ばすタイプの書ではないので、なかなか進まず。

下記2冊は、出張帰りに書店をはしごして仕事関係書籍を物色し、買い込んで週末に読了(ちょっと悲しい感じが)。

「経理の仕組み」で実現する 決算早期化の実務マニュアル〈第2版〉

「経理の仕組み」で実現する 決算早期化の実務マニュアル〈第2版〉

コンプライアンス・内部統制ハンドブック

コンプライアンス・内部統制ハンドブック

上記は、「ハンドブック」なだけあって、実務を進める際に何度も参照することになりそうです。発行が予告されてから熱望していたのですが、期待に違わず素晴らしい。

日本の近代とは何であったか――問題史的考察 (岩波新書)

日本の近代とは何であったか――問題史的考察 (岩波新書)

ウィッシュリストに入れておき、書店に行くたびに探していてようやく見つけました。まだ読み始めたところですが、大変面白そう。

再読本

ふと、読み返したくなり、何度目だ?と思いつつ、全巻再読。毎度思うけど会話(発言)がいちいち深いと思う。

その他のメディア

のきばトーク42

欠かさず聞き続けて1年、リスナーとしても感慨深かったです。1周年とは関係のないところで、最後の最後の倉下さんのコメント(割り込みと脱線の類似性)が非常におもしろかった。