天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

朝のタスク順を見直す

今週の目標は、ガタガタになった諸々を平常に復帰させる、です。ガイドはもちろん「たすくま」で、ちゃんとガイドに沿って暮らしていれば最適な生活になるものを色々目が眩んで?先送りしたり時間を守れなかったりしたために崩れてしまっている状態。時々こういうていたらくになりますね。。

こうなると体調にも影響が出てきまして、過食気味になるためダイエットどころか体重は増加するし、就寝が遅くなって運動不足になるため体中凝りまくるし、という状況です。こんな肉体環境?で冴えた頭脳労働はできません。とりあえず、非常事態宣言して仕事を絞ったので、はみ出していた分をひっこめて、生活ペースを戻すことにしました。

まずは、残業や持ち帰り仕事で活動が夜にシフトしてしまっていたところを改善。就寝時刻を戻して、朝の活動開始時間を確保するところからです。私の平常は、朝にほぼ自分のための活動が集中しているので、夜にシフトすると朝起きられなくて全滅する宿命になります。睡眠時間が削れない(日中気持ち悪くて活動できない)ため、必ずそうなってしまう(身体のためにはよいのでしょうが)。

最適な一日は朝5時から活動開始なのですが、ここ数週間は5時台に起きられたことがほとんどなく、結果、朝ウォーク30分が削られる日が多くなっていました。このせいで、マッサージに行っても解消しない肩凝り状態。まずはここから、と、久しぶりに(多少遅れたものの)予定時刻の6時半頃に朝ウォークに出かけたところ、

暑い。

日差しがまぶしいし、気温も既に相当高くなっています。よく考えたら、朝ウォークを始めたのは冬のさなかで、同時刻で「日の出ウォーク」だったのでした。もうすぐ夏至ですから、随分環境が違います。

backstage.senri4000.com

元々この時刻にウォーキングを設定していたのは、朝の目覚めの活動が一通り終わって一段落するから、という理由ですが、なによりこれ以上前だとまだ暗くて寒かったからというのが大きかったように思います。朝の目覚めの活動は、2階の寝室から階下に下りて、洗濯(干す)、食洗機の食器を片づけてお弁当・総菜をつくる、軽く朝食を取る、ラジオ体操までで、約1時間ほどになります。ここまですると活動で目が覚めるので、自室に上がって出勤支度に入り、着替えてPCに向かう(日記をつけたりEvernoteのInBox整理をしたり)という流れです。もともとそういうタスク順になっていたので、1階の活動と2階の活動の間にウォーキングを差し込んだ格好ですね。

で、あまりに暑かったのと日差しが痛かったので、ウォークを朝一番タスクに持ってきてタスク順を見直すことにしました。この季節だと、帰ってくるとシャワーもしっかり浴びたいし、すると、着替えが先に来ることになり、などと色々触ってみて、試行しています。

冬の朝よりも夏の朝の方が活動している人の量が圧倒的に多いのですが、さすがに7時前と5時過ぎでは随分様子が違います。人出の少ない中、快適にウォーキングやジョギングを楽しむことができました。帰宅してからも割と調子よくタスクがこなせたので、しばらくこれで行ってみます。