天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

遠足効果でリセット

丸1週間お休みしていまして、確かにメールの未読は400通と凄いことになっていたんですけれども、案外その他については仕事が山積みで大変ということもなく、大丈夫でした。

お休みの間に、通常なら私が噛まなくてはいけない承認ルートをスキップしてもらったり、正式なものは後回しにして根回しだけ先にしてもらったり、報告を後からもらうことで処理は先行してもらっていたり、部下の皆さんがしっかりやってもらえたということだと思います(感謝!)。

ということで、出社する前は危ぶんでいたのですが、当初の予定どおり、出張に出ることができました。

某所の委員会活動での出張で、もちろん仕事の一環ではあるわけなんですが、使う頭の部分が違うというか、毎度割とリフレッシュ効果があることが多いのですね。あちこち出かけるため、気分は遠足のような感じです。

で、今回も、体は疲れていたものの、メンタルなリフレッシュを狙って出張に出かけました。十数人での議論を聞いたり参加したり、数時間の会議の後には継続審議と銘打って宴会も開かれてそれに参加したり、大いにしゃべって笑ってリフレッシュができました。

仕事に邁進するのも良いのですが、やはりこうした違う刺激は大事だなと改めて思ったことでした。