天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

日常生活の運動量

Apple Watchのアクティビティを頻繁にチェックしながら日常生活を送るようになり、普段の運動量とか傾向が見えるようになってきました。

現在の目標カロリー(ムーブ)が360とささやかであるため、日常生活を送る中で少し気をつければ概ね達成できる感じです。目標設定をうまく推奨してくれているものだと感心します。

現在すっかり朝のウォーキングをサボっているので、平日は、朝夕の通勤と昼休みの軽い散歩、時々帰りに買物と言う程度の屋外ウォーキング。オフィスの中で時々階段利用+エクササイズ、家の中での家事活動。だいたいこれで無理なく達成します。

30分のエクササイズリングは、ほっておいても割とすぐに達成するのですが、しばらく歩くときはワークアウトでウォーキングを設定しておきます。通勤時も、ウォーキングにして、交通機関を利用している間は一次停止にするようにしています。

案外あなどれないのが家事活動での運動量。我が家は3階建ての戸建て(借家)で、各階の部屋数が多くなく、1階にはリビングダイニングのみ、2階に寝室と自室と息子1号の部屋、3階は息子2号と夫の部屋という利用をしています。このため、普通に生活していても、1階と2階の間の昇降が思いの外多いようで、この積み重ねが効きます。

面白いもので、そういう効果が可視化されると、姿勢が変わってきます。これまで階間の動きを最小化しようと考える傾向にあったものが(何度も往復すると面倒なので)、運動になるから積極的に取り組もうとして、億劫がらずに何度も往復するのを自分に推奨するようになりました。目に見えてカロリー消費するので面白いです。

また、どうしても1日終わって消費量が足らないときは、帰ってきてから少し離れたドラッグストアに歩いて買物に行ってみたり、あと少しであれば階段の昇降をエクササイズ風にやってみたり、部屋の中でなんちゃってエアロビクスをしてみたり(ワークアウトでダンスを設定したり)。

案外消費が難しいのが週末で、主に週末やりたいことがインプットや執筆であり、出かけるより引き籠もる傾向が強いので、ふと気がつくと家から一歩も出ないままに夕方になっていたりします。一太郎に「入力が長くなっています。少し休憩しませんか」とか言われたりすることもよくあります。なかなか平日にはまとめて自分の執筆活動はできないので、週末時間があるときはかためてしまいたい欲求が強いようです。

週末にも、通勤と同じ程度のウォーキングを挟み込むのが良いのだろうな、と思いつつ、朝からついPCに向かい、洗濯と料理を繰り返して平日の夜のような動きになってしまうのでした。タスクの組み立てをチューンした方がよいのかもしれません。