天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

カーシェアリングを使ってみました

我が家には車は1台ですが、運転者が3人います。通勤や通学に車を常時使っているわけではないので、平日は家の車庫で眠っていることも多いのですが、週末になると車を使いたい予定がバッティングすることがよくあります。例えば、ゴルフに行きたい夫、スキーに行きたい息子2号(に付き合わされる息子1号)、実家に行きたい私、というように。

これまで、交渉で優先する予定を決め、他の人は別の手段を探す(公共交通機関を使う、同行する人に同乗させてもらう、同行者を探すなど)ようにしてきましたが、予定自体を諦めなければならない場合もあり、不便でした。特に、冬場に宿泊付きで息子たちがスキーに行ってしまうとその間全く足がありません。地方都市でこれは結構辛い。

ということで、以前から近所のステーションが気になっていたタイムズのカーシェアリングを試してみることにしました。面倒なので息子1号に手続きを任せようとしたところ、クレジットカードが必須で断念(まだ家族カードも持たせていません)。

よくよく見ると、一番早く入会手続きが完了するのはWebで申し込んでカード発行可能店舗にカードを取りに行くクイック入会のようで、たまたま職場近くに店舗があることが分かりまして、私が手続きをして、家族3人分を家族会員として登録することに。

plus.timescar.jp

Web登録のあと、免許証のコピーを2人から預かって、店舗に出向き、無事にカードを発行してもらい、受け取り完了。翌週末には、ウォータージャンプに行きたい息子2号と実家に行く必要がある私(夫の同行も依頼していた)ということで、早速近所のステーションで予約して使ってみました。

徒歩圏内(小学校の学区内)に3箇所ステーションがありますが、どこも2台ずつで小型車という小規模なもののようです。一番近いステーションの空き車を予約したらなにも補助システムのないヴィッツでした(運転するのは夫なので気にしませんでしたが)。もう1台は駐車の補助カメラなどシステムがついているスウィフトで、そちらの方が先に予約が入るようで、通りがかっても1台はいないことが多いですね。

予約の際にカーナビの目的地を登録しておくこともでき、慣れないナビに四苦八苦することが減って便利です。予約時間は余裕を見て前後長めに設定し、直前に調整することもできます。調整しないと、使用開始時間ではなく予約開始時間から料金カウントは始まるようでした。

ETCカードの予備はないので現金で高速に乗る羽目になってちょっと面倒だったりしましたが、仕組みがわかったし、出先でタクシーがわりに使うことも視野に入れてもいいかもしれないというのは夫の弁でした。私自身は、あまり運転が得意ではないため、こうした慣れない車はできるだけ運転したくはない(修理などで代車になっているときは運転しない)ので、専ら夫や息子1号に使ってもらおうと思いますが、便利は便利だなぁ、と。

所有から利用へ、という時代を反映しているなぁ、などと車中で夫と話したことでした。