天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

日帰り出張時の電源まわり

Macの持ち歩きをベースに、ケーブル・バッテリー類を発注しました。

backstage.senri4000.com

ちょうど台風やら地震やらの災害週だったせいもあってか、バッテリーについてAmazonの配送が予定日に到着せず、数日してからさらに遅れますというメールが入ったりして随分遅くなったのですが、とりあえず出張には間に合いました。ということで、今回の日帰り出張は、以下のセットで行ってみました。

1) Mac Book Pro
2) iPhone
3) Kindle paperwhite
4) USB type c cable 2m
5) type c対応モバイルバッテリー
6) Type c to Lightning ケーブル 0.3m
7) Type c対応急速充電器

一日中会議の出張であり、その間ほぼMacは開きっぱなし、接続しっぱなしです。それもあって、充電が要るかな?と思い、割と充実目に持って行ったのですが、結論から言えば、充電関係は全く使いませんでした。

iPhoneからテザリングして使っているので、常時Mac-iPhoneはケーブル接続したまま。このため充電も同時に行われていて、いつもバッテリーの消耗の速さに悩まされているiPhone側も心配要らず。Macは電源取らずに使用していたのですが(電源が遠かったので)、そのせいでMacの充電の減りが早くて困る、ということも特段感じませんでした。結果、1日終わってMacの充電率は50%くらい。全く問題ありません。帰りの新幹線で開いたりもしないし(酔う)。

ということで、日帰り出張の場合、充電の心配は要らず、6) Type c to Lightning ケーブル 0.3m だけを忘れずに持てば良さそうです。私にとってはそれなりにMacが重いので、バッテリーや充電器が要らないのはかなり助かります。

泊まりの場合には、寝ている間にMacに充電するためのセットは必要として、バッテリーが要るかどうかは微妙ですね。Macを開いて作業している時間の長さが長いのならほぼ要らなさそう、移動が長くて作業しないのならあった方がいいのかなぁ。あ、移動中に電源が取れるのなら不要なのか。ここは、もう少し試行が要りそうです。