天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

ネームカードとパスケース

Apple Watchを導入したときに、Suicaアプリを入れてApple Watchに登録し、東京出張時は快適に使っています。

backstage.senri4000.com

とはいえ、当地はSuica圏ではありません。もちろん、相互利用可能なので使えるのですが、地元の交通系ICカードを使って地元の交通機関を利用するとポイントが貯まります(定期券利用を除く)。私は日によって通勤経路を変えている(バスにしたり鉄道にしたり)のと、出張・外出も多くて定期券のメリットがあまり出ないので定期を購入しておらず、毎日使うとバカにならない程度にはポイントが貯まります。

ということで、ポイントのために地元での利用はアプリじゃなくて今もカードを利用しています。Apple Watch導入前は、RAKUNIのケースを使っていて、ポケットにカードを入れていたのですが、Watchを入れてからiPhoneに色々集合させて持ち歩く要請が低くなったことで、カード型のケースをやめ、リュックからパスケースをぶら下げて利用してきました。

最近どうもリュックからものを出し入れするために上げ下げする頻度が高いのがよろしくない気がしており(身体を捻っているので)、できるだけこの動作をやめたい。リール付きのパスケースにすれば緩和されるかなぁとか考えていたところ、今度は会社のネームカード(セキュリティカード)をケースごと忘れるのが頻発しまして。

忘れると執務フロアに入れないので、総務に申し出てその日一日ゲスト用のカードを借りるのですが、いったい何度借りたことかという感じでして、ちゃんと支度タスクのチェックリストにも、出発準備のチェックリストにもダブルで入っているのに、それも毎回見てるのに見過ごして入れ忘れることがまだあるってどうなの・・・。流石に頻度高くて恥ずかしい(し、そもそも不便です)。

ということで、両方の課題を払拭すべく、2枚のカードを収納できるタイプのリール付きケースを購入しました。もうね、カバンにつけるとか諦めて、1日中首から下げていることにします。これなら流石に忘れない。

早速購入して使ってみたのですが、支障が出たのが2点。首からぶら下げて歩いていると、オフィス内程度はいいのですが、外をガンガン歩くには揺れて腕とかにあたるのでよろしくないです。カード2枚とか入れてると結構硬くて痛いし。この点は、夏の服だと厳しいのですが、幸いちょうど涼しくなってきたので、ジャケットを着ると内ポケットにカードケース部分だけ収納すればOKですね。

もう1点、セキュリティカードでプリンタの認証も行なっているのですが、なんとカードケースに入れた状態でやってみたらうまく反応しなくて認証してくれない。改札や執務フロアに入るところは全然問題なかったんですけど。日に何度も印刷はしますし、その度にカード取り出していたのでは煩雑。ということで、セパレーターをさらに入れて確実を期すことにしました。

フロムウエスト フラックス・パス

フロムウエスト フラックス・パス

やってみたら、全体にどこでも反応が多少鈍くなり時間がかかるようになりましたが、めでたくプリンタでも認証可能となりまして、一件落着しました。カードの枚数が増えたので多少肩こりに寄与しそうな気がしないでもないですが、しばらくこれで行ってみます。