天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

ワークポーチ

以前、パスケースとセキュリティカードケースを一体化した話を書きました。

しばらくそれでやりくりしていたのですが、どうも往復の通勤中も首に下げっぱなしというのは思ったより気になるということが判明。やっぱり、不自由だなぁ、ポーチ要るかなぁなどとぼんやり思っていたところに、別件目的で出かけた東急ハンズで見かけてほとんど衝動的に購入しました。

かなり薄型のポーチで、肩掛け紐は取り外しが可能。最近中身が増えて膨らんでいたバッグインバッグ内のモノたちが全部収まるか多少不安があり、実際カードケースは諦めて中のカード類を直接収納する形に変更しましたが、小さい財布でもあり、カード数枚・財布・メモ用紙・フリクションペン・名刺・ハンカチ・ティッシュまで収めることができました。これだけで出かけても困らない程度ではあります(あまりやりませんが)。

店頭には、このワークポーチの他、フラップポーチもあってどちらにするかしばらく悩みました(こちらの方がまちがあって収納量は大きい)。ただ、フラップの分重さがあって、実際肩から掛けてみるとズッシリくるので薄い方を選択。その後使用感として重いなということはないので正解だったと思います。

外ポケットがあるので、通勤時はこちらにパスケースを収納して使用しています。パスケース自体、ネックストラップ部分とカード部分が着脱式になっているので、ストラップは会社の机に置きっぱなしです。紐を持ち歩くのって地味に嵩張って面倒なのでスッキリしました。

また、外出の際の財布やカードの取り出しのためにリュックの上げ下ろしや中身の取り出しがなくなって楽になり、乗車券の出し入れも簡単になりました。概ね正解ですね。カバンが2つになってまとまりが悪いことの不便さは多少あるのですが、許容範囲です。

しかし、このワークポーチのコンセプトとしては、仕事中に貴重品などまとめて持ち歩きたいニーズに応えるということのようですが、オフィス内では持ち歩きはしませんね〜。財布とか要らないし。オフィス内で会議移動とかだと持ち物としてはノートPC、手帳、ペンケース、関係書類、飲料といったところ。案外かさばるのでトートバッグに入れて持ち歩いていると変な顔で見られます(普通の人は裸で持ち歩くので)。しかしそのまま全部持つと何かしら落とすんだよねぇ。。。

現在社内ではパソコンのリプレイスが進行中で、順番待ちの列に並んでいるようなのですが、リプレイスされるとかなり薄型小型になるようなので、もう少し楽に移動できるのかもしれません。その場合はポーチにペンを突っ込んで移動するスタイルにでもしましょうか。