天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

定期会員券

3月も終わりに差し掛かり、新年度のあれこれに意識が向くようになっています。

というわけでもないのですが、久しぶりに地元のプロオーケストラの定期会員券を購入しました。2014年度までは通っていたのですが、毎月息急き切って会場に急ぐのに少し疲れて休止。5年ぶりです。毎年テーマが決まっていて、2019年度は「マスターピース」がテーマだそうです。

毎月定期演奏会に行くというのは、自分で好きな演目を選んで買うのと異なり、知らなかった曲に出会う楽しみがあります。いきなり行って聞くよりも、事前に何度か聞いてみたり、作曲家や演奏家について少し予習をしておくとより楽しめます。4月は未完の傑作と題してメインはモーツァルトのレクイエムで、こちらは弾いたことがあるのでまたしばらくぶりに聞き返してみようかと思います。

レクイエム ニ短調 K.626 第1曲: 入祭誦(永遠の安息を) / 第2曲: キリエ(主よ、憐れみたまえ)

レクイエム ニ短調 K.626 第1曲: 入祭誦(永遠の安息を) / 第2曲: キリエ(主よ、憐れみたまえ)

  • エディット・マティス, ハンス・ハーゼルベック, ウィーン・フィルハーモニー, カール・ベーム & ウィーン国立歌劇場合唱団
  • クラシック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

毎月の定期演奏会は、金曜夜と土曜の夕方に開かれており、私は金曜の方を申し込んでいますが、都合が悪い回については(満席でない限り)土曜に振り替えることができます。どちらも予定があるときは諦めるしかありませんけど。で、早速4月は夜の都合が悪く、チケットが届くとすぐに振替の申し込みをしたのでした。