天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

レッグリフレ

先行して購入していた妹に当てられて?7月にレッグマッサージャーを買いました。こちら、巻き方が2パターン用意されており、1つはふくらはぎから膝裏までしっかりマッサージしてくれる「膝巻き」。もう1つは太ももから足先まで満遍なく脚の全体をマッサージしてくれる「太もも巻き」です。

ここまで購入レポート?が遅くなったのは、想定していた効果?となんだか違っていたために、使い方がなかなか定まらなかったから。

f:id:senri4000:20190723205745j:plain

購入前には、妹の付き添いを得て勤務先近くの某家電量販店に行きまして、マッサージ機のコーナーがえらく充実しててびっくり。おまけに店員もほとんどいなくて放置プレイになっており、自由に使いたい放題。平日夕方のせいなのか、混雑もしておらず、これだと毎日通ってマッサージもOKでは?と思ったりしました。

それはともかく、狙っていたレッグリフレのお試しも特に並ばずにできまして、しっかり膝巻きと太もも巻きの両方をお試し。お尻の方も気になるので、同じシリーズのお尻&骨盤マッサージャーをお試しして、両方は流石にないだろうと思って断念し、当初の予定通りレッグリフレを購入しました。

リメディアルセラピーに通う中で、仕事柄と姿勢の関係で太ももの外側・内側が硬くなりやすく、それが原因で首に痛みが出たり、疲れが出たりすることが多い状況があります(逆もあります。のが普段の生活で気をつけるポイントとしてややこしいところなのですが)。このため、家でのストレッチメニューの中に、麺棒を太ももでコロコロ転がしてほぐすというのを入れており、これが硬いのでたっぷり時間がかかり、腕も疲れるという状況がありまして、これが機械の力を借りることで楽にならないかな、というのが元々の始まりでした。

なので、レッグリフレのシリーズの中でも太ももに刺激が入るのが重要だろうと判断してこのタイプを購入した経緯があります。

ということで、購入当初は、太もも巻きばかり使って毎日マッサージをしていたんですね。すると、気のせいかもしれないけど、どうも使った後にお尻のコリが酷くなってしまう気がします。単純に、元々お尻も凝っていたところに太もも以下だけほぐすので、お尻のコリが相対的に感じられるようになるのかもしれません。原因は不明です。が、数回使ってみても毎回そうで、その後お尻が不快感を覚えるので困ったなぁ、と。これはお尻と骨盤の方のリフレも買うべきかしら?などと考えたり。

リメディアルセラピーのセラピストさんに事情を話してみても、思い当たるところはないようで、先に太ももを麺棒でほぐしてからやってみたら?とか(それじゃ手間が減ってないよ)言われておりました。

そこで、太もも巻きは諦めて膝巻きでしばらく過ごすことに。マッサージ時間は10分に設定されており、コースは色々設定できるのですが、全体の傾向として、太もも巻きよりも膝巻きの方が脹脛への刺激が強いようです。足の疲れって結構脹脛をほぐすことで取れてくるので、これはこれでいいかもしれない、としばらく膝まき中心でやってみました。で、観察していたのですが、この場合はやっぱり終了後のお尻の凝りは感じない。

そしてしばらくぶりに太腿も刺激が欲しくなって太もも巻きを再開してみたところ、やっぱりお尻が凝るよ〜。諦めて、終わった後でストレッチポールでお尻をほぐすメニューを追加しました。

ということで、結論としては、脹脛への刺激が一番いい感じに効くので、だとすると、膝下のタイプでよかったかなぁ、と思います。太ももまで巻きつけるパーツがあるので、収納や巻きつけの手間がそれなりにかかり、10分のマッサージで用意から片付けまで全体が20分じゃ終わらない。ここは膝下だけの充電タイプだとコードの取り回しもなく、巻きつけも簡単なので、相当時間短縮できそうです。

パナソニック エアーマッサージャー コードレス レッグリフレ ブラック EW-RA38-K

パナソニック エアーマッサージャー コードレス レッグリフレ ブラック EW-RA38-K

もう一方の解決法?としては、お尻&骨盤マッサージャーも買ってしまい、どちらもみっちりほぐすようにする、なのですが、さすがに両方は購入に踏み切れず、検討中ボックスに入れて保留しております。机の前に座る時間が長い普段の生活が激変することはなさそうなので、選択としてはありなんだけど。