天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

ダウンケットを買いました

その昔、羽毛布団が普及する前は、冬には厚手の綿の布団(中には毛布)、春秋には少し薄手の合掛け、夏場は肌掛け布団からタオルケット、という感じでした。

一般にも手が届く値段になってから羽毛布団を購入して、「なんて軽くてあったかいんだ!」と感動して使っており、冬場でも毛布は要らなくなったな〜と思っています。

しかし、夏にはこれ暑すぎるよね、というか、最近の当地の夏は酷暑すぎてタオルケットどころかバスタオル1枚で寝ていたりもするのですが(自室に冷房がない)、そういう季節になる前の今くらいにも、羽毛布団はちょっと暑い。

そんな季節の間、昔ながらの綿の合掛けを引っ張り出したり、無理矢理羽毛布団かけてみたりしていたのですが、羽毛布団にも厚手・薄手があるんですね(知らなかった。誰かが寝具について語っているのを見ておお!となったような気がする)。調べてみると、こんな感じのようです。

www.umou.jp

ということで、張り切って?ダウンケットを買いました。

とてもコンパクトな段ボールに入って届きまして、広げてみても薄い薄い。これで大丈夫なのかしら(何が?)。

とか思ったりしたのですが、早速届いた日にカバーをかけて(Amazonで一緒にお勧めされたカバーをそのまま買ってしまった)、その夜から使っています。まだ薄すぎるか?(ついその前の日まで冬の羽毛布団使ってたのに)と思ったのですが、薄いけどあったかくて?寒く感じることはなく、軽いので寝心地もいいし、いい買い物でした。

喜んで、30年来の綿の合掛けは処分しました!これはきっと、冬場になったら毛布がわりに2枚セットで使えそう、同じカバーの中に入れてしまえばいいよね、とか、まだこれから暑くなる季節だというのに気が早いことを考えていたりもします。

f:id:senri4000:20210603210326j:plain

どうも負傷このかた、睡眠効率がよろしくないので、環境整備に熱心だったり。目指せ快適睡眠!