天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

拠点1の暑さがヤバい

週末と来週半ばに所用があり、拠点2から拠点1に移動してきました。木曜日の夜です。

今回は、夫の所用が先行しており、同行すると滞在期間がさらに短くなるということで、2日ほどではあったものの後から追っかけて高速バス移動にしました。

夜なのに

拠点間の高速バスのスケジュールは、1日に11本。拠点1→拠点2は朝7時半発〜夜20時半、拠点2→拠点1だと朝6時半〜夜19時の間に収まっており、だいたい1時間に1本程度です。色々試した結果、自分的にベストなのは夕方の移動便で、拠点2からの場合、17時半発で自宅到着は21時前くらいになります。このくらいだと、1日の仕事や家事を一通り済ませてから出発になり、帰宅後も無理なく片付けて入浴して就寝する時間があるのであまり前後の生活に響きません。

ということで、今回も(翌日日中に所用があったので、朝移動にするかどうか少し迷ったのですが)いつもの便で移動してきました。日中は拠点2も晴れて気温がグイグイ上がり、日中の買い物散歩でジリジリ熱い感じがしておりました。夕方バスセンターに向かう時もまだ暑くて帽子が欠かせない感じでしたし。

途中、1時間ほど走ったサービスエリアでトイレ休憩があります。日も暮れかけてきているからか、あ、涼しい。という気温になってきました。

ががが、拠点1に到着してみたところ、午後20時過ぎですよ、なのに、バス降りたらもわっと暑い。。。まだ30度。ううう、まだ梅雨だよね?7月上旬だよね?

自宅に着いたらすでにエアコン常時ONモードに突入しておりました。なしでは寝られない状況です。

西日のせいか?

拠点1の自室は、昨夏に夫と交換しまして、西側(玄関側)のウインドクーラー付き洋室になっています。

backstage.senri4000.com

backstage.senri4000.com

久しぶりにクーラーの後ろの窓を開けてスイッチをONに。一気に冷えていたような覚えがあるのですが、なかなか冷えないような。。窓に向かって机を置いていますが、机に向かうと熱気が感じられます。暑いです。。。

そして、昨夏は、就寝時にエアコンのタイマーを2〜3時間かけて寝ていた記憶なので、今回もタイマー設定そのままに2時間でやってみたのですが、夜中に暑くて目が覚めました。なかなか寝るまでに部屋が冷え切らず、エアコンが切れてからグイグイ気温が上がってくるのでしょうか。。朝起きたらすでに室温は29度を超えていました。

どうも、断熱が今ひとつの古い建物のせいか、外気温がそのまま室内温度になってしまうように思います。なかなか先が思いやられます。

日中も

そんな感じで日中も普通にリモートワークのところ、朝からエアコンONはいいのですが、冷えてこないというか外気に負けてるのは困ったなぁ、です。やっぱり夏の間は避暑に拠点2へ逃げるべきなのかもしれません。

リビングには普通のエアコンがありますが、廊下を超えてこっちの部屋にまで冷気が来るほどのパワーはありません。まあどうしてもの時はキッチンで作業ですかね。