天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

同窓会で浜松旅行

大学時代、オーケストラに精を出していました。その頃の同級生の一部と今でも親交があります。旗を振ってくれる人がいるので、最低でも年に1度、多いときは3~4回集まっています。バイオリンのメンバーを中心に5~6人で、各地に散らばっているし大半が仕事もしているので全員がなかなか揃いませんが、それでもこの頻度で機会があれば、全員と数年に1度は顔を合わせています。

今年は久しぶりに宿泊つきで集まりました。浜松駅で集合して、宿は浜名湖畔の舘山寺温泉(浜名湖グランドホテルさざなみ館)。あいにくの天気でしたが浜名湖の遊覧船にも乗りました。

www.hamanako-yuransen.com

浜松で食べるもの、といえば鰻だと思っていたのですが、メンバーの一人から、

最近ある調査で、一年間に餃子に消費する額が、宇都宮を抜いて浜松が全国一位になったこともあるそうで、浜松餃子が注目を集めてます。

との情報があり、がぜんみんな餃子気分。駅から近い名店ということで、「むつぎく」に行ってきました。下調べしていたら、確かに、浜松餃子、有名なようです。5人で40個。野菜たっぷり、もちもちアツアツでとても美味しくいただきました。30分ほど並んだ甲斐がありました。

宿でおいしく会席をいただき(こちらで鰻は食べることができました)、温泉もたっぷり入り、昔話から今の話までおしゃべりに興じて夜が更けていきます。大学時代はこのメンバーを含めて年に2回は合宿していますし、同窓会になってからも宿泊旅行は何度もしていて慣れているし気心も知れていて気楽な旅です。

翌日は、浜松城へ。1年半前に天守門を復元したそう。復元の模様が映像で流されていて興味深く視聴しました。

天守閣のほかは城址ですが、公園になっていて、日本庭園ほか、緑が豊富で散策していてとても気持ちがよかったです。

お城では、ちょうど『家康くん』が登場している時間帯で、一緒に写真も取れました。しかし、頭に鰻、袴にピアノって。。。

ieyasu-kun.jp

楽器の街浜松ということで、(オケメンバーの同窓会ですし?)駅前の楽器博物館にも行ってきました。

www.gakkihaku.jp

とても充実したコレクション・展示内容でした。珍しい世界の楽器が展示とともに音声や映像で楽しめるように工夫されており、ちょうどギャラリートークの時間帯にも当たったので、オルガンからピアノの歴史も展示楽器の演奏付きで解説してもらい、体験コーナーでいろいろ音を出してみて大満足。ミュージアムショップも充実していて買い占めたくなりましたが我慢しました。まだまだ見たりないところもあったので、またゆっくり行きたいです。

大変充実した2日間となりました。シルバーウィークはまったりしたので、私にとってはこの旅行が本命?でしたね。次は、メンバーの参加しているオケの次回演奏会(3月)かな?と言いあって別れました。