天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

オケ練習日

12月に2回あった練習日を両方欠席してしまったのでずいぶん久し振りの練習となりました。

チャイコフスキー:交響曲第4番

チャイコフスキー:交響曲第4番

  • アーティスト: ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2012/05/30
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

本日は、次回の演奏会で同じ曲をやるという学生オケのメンバーが見学に来ていたのですが、開始前に練習指揮者が見学者に向かって

まだ全然出来上がってきてないからね。そのつもりで聴いててね。前フォローしておかないとね。

と笑っていたように、まだまだこれからという状態です。とはいえ、2月末には本番なので、これからほぼ毎週練習があり、どんどん完成度が上がってくると思いますので、自分の練習と、全体練習の出席とを欠かさないようにしなくては。

欠席2回の間にボーイングがかなり変わっていて、前を見ながら変更箇所をチェックして、後から前席の楽譜を見て書き込むということを繰り返していました。

それにしても、やっぱりこうして音が出来上がっていくところに参加するのはとても楽しいです。下手の横好きからなかなか脱出できませんが、継続しているのはこの楽しさからなのでしょう。

本日はヴィオラ・チェロパート合同の恒例新年会でしたが都合で欠席。来週は、弦分奏です。