天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

2015年1月のまとめ

今週のまとめが5回継続できたので、月のまとめにもトライしてみようと思います。月末が週日では難しいので、週番号と同様の原則で木曜日が1日なら翌月扱いとします。

1月は、記録を色々な形で整理して振り返るようにしました。大きくは3つです。(1)Evernoteに作った表形式の日記ノート。ここには、イベント、読んだ本、達成感と課題、体重とダイエットメモ、体調メモ、総合所感をつけています。(2)週のまとめエントリ。(3)メディアマーカーの再稼働。

f:id:senri4000:20150208144425j:plain

仕事上の記録を定着させる、と今年の抱負エントリに書きましたが、そちらは正直「ぼちぼち」といったところです。TaskChuteをなんとかかんとか1日継続する、そのコメント欄をできるだけさぼらずに書くようにする、という小さなところを心がけています。

今月の週まとめエントリ

W1 12/29~1/4

年末年始です。それにふさわしく、1年の振り返りをし、新しい年の抱負を考えました。が、書いたままで忘れ去られていないか、定期的に読み直したいところです。

W2 1/5~1/11

仕事が始まりました。この週から、一覧表で日記をつけ始めました。項目に挙げたことを毎日観点として見ることになるので、書くこと、読書への関心が高まってきました。

W3 1/12~1/18

センター試験週末を控えて、職場でも家でも感染症が威力を奮っていて大わらわでした。

W4 1/19~1/25

出張week。出張自体はさして珍しくもなく、ほとんど毎週どこかに出ていますが、重なるとペースが保てなくなりがちです。1/19付で書いた息子たちの気質についてのエントリは、「そうなんだよねぇ」といった感想をあちこちからいただきました。そしてようやくこの週末に今年1本目のメインブログエントリを書きました。

W5 1/26~2/1

多少、ブログを書くことも息切れしたかもしれません。インプットのテーマを設定したことについて、継続してそれについてのインプットをしつつ考えてきていて、まとめまでもう一息でした。

今月の読了本 22冊

メディアマーカーを再稼働しましたので、何冊読んだか、何を読んだのかがわかるようになりました。

インプットテーマについての参考書として読んだ本 7冊

判例とその読み方

判例とその読み方

民法研究ハンドブック

民法研究ハンドブック

判例を学ぶ―判例学習入門

判例を学ぶ―判例学習入門

判例学習のAtoZ

判例学習のAtoZ

  • 作者: 池田眞朗,小林明彦,宍戸常寿,辰井聡子,藤井康子,山田文
  • 出版社/メーカー: 有斐閣
  • 発売日: 2010/10/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 12回
  • この商品を含むブログ (7件) を見る

民事判例の読み方・学び方・考え方

民事判例の読み方・学び方・考え方

リーガル・リサーチ第4版

リーガル・リサーチ第4版

  • 作者: いしかわまりこ,藤井康子,村井のり子,指宿信,井田良,山野目章夫
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 2012/04/18
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

新版 論文の教室―レポートから卒論まで (NHKブックス No.1194)

新版 論文の教室―レポートから卒論まで (NHKブックス No.1194)

仕事に関係する書籍・雑誌 3冊

BUSINESS LAW JOURNAL (ビジネスロー・ジャーナル) 2015年 03月号 [雑誌]

BUSINESS LAW JOURNAL (ビジネスロー・ジャーナル) 2015年 03月号 [雑誌]

税源浸食と利益移転(BEPS)行動計画

税源浸食と利益移転(BEPS)行動計画

租税法と市場

租税法と市場

知的好奇心から読んだ本 3冊

宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議 (講談社現代新書)

宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議 (講談社現代新書)

1冊でわかるポケット教養シリーズ 吉松 隆の 調性で読み解くクラシック

1冊でわかるポケット教養シリーズ 吉松 隆の 調性で読み解くクラシック

数学文章作法 基礎編 (ちくま学芸文庫)

数学文章作法 基礎編 (ちくま学芸文庫)

楽しみのための本 9冊

個別の紹介は省略します。