天職の舞台裏

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

オケ練習日|指揮者来団3回目

音楽・美術

今回は、午前中に木管分奏、午後が合奏練習でした。アリア系の指揮者初合わせも入れて。

弾きながら改めて思ったことですが、なぜアマチュアオケを続けているのかといえば、楽器を弾くこと自体の楽しみ、例えば難しいパッセージ弾けるようになって嬉しいとか、美しいメロディーラインを奏でて気持ちがいいとか、よりもむしろ、同じ舞台の上で、どこかのパートが奏でるメロディーに伴奏や対旋律などを乗せて弾くのが楽しいから、ということのようです。

なので、自分が弾くパートが特に目立たなくても良いし、美しいソロメロディーがなくてもいいんですね(目立つメロディーがないとイヤ、という人は縁の下の力持ちのような役割のヴィオラなんてやりません)。あまり難しい曲も、練習のしがいはあってできたときの達成感はあるのでしょうが、弾ける弾けないに気を取られすぎて楽しくない。それほど大変じゃなくて、聴いてて楽しく合いの手が入れられるくらいの譜面が好きです。大変なだけで延々と休みがないというのが最もかなわない、かな。

La Bohème:

La Bohème: "Quando m'en vo'" (Musetta's Waltz)

  • Gianna D'Angelo, Ettore Bastianini, Fernando Corena, Renata Tebaldi, カルロ・ベルゴンツィ, Renato Cesari, Cesare Siepi, サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団 & トゥリオ・セラフィン
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

人知れぬ涙(ドニゼッティ:歌劇《愛の妙薬》より)

人知れぬ涙(ドニゼッティ:歌劇《愛の妙薬》より)

  • ルチアーノ・パヴァロッティ, イギリス室内管弦楽団 & リチャード・ボニング
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Cavalleria rusticana: Intermezzo sinfonico

Cavalleria rusticana: Intermezzo sinfonico

  • BBC コンサート・オーケストラ & バリー・ワーズワース
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

カルメン - 諸君の乾杯を喜んで受けよう[闘牛士の歌](第2幕)

カルメン - 諸君の乾杯を喜んで受けよう[闘牛士の歌](第2幕)

  • アラン・タイトス, スロヴァキアフィルハーモニー合唱団, スロヴァキア放送交響楽団 & アレクサンダー・ラハバリ
  • Classical
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

オルフ:世俗賛歌「カルミナ ブラーナ」

オルフ:世俗賛歌「カルミナ ブラーナ」

  • チェコ フィルハーモニー コーラスアンドオーケストラ
  • Classical
  • ¥1800

サン=サーンス: 歌劇「サムソンとデリラ」 - バッカナール

サン=サーンス: 歌劇「サムソンとデリラ」 - バッカナール

  • スロヴァキア放送ブラティスラヴァ交響楽団/スティーヴン・ガンゼンハウザー(指揮)
  • Classical
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes