天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

新しい Kindle Paperwhite を買った

Kindle Paperwhite の新しいモデルが6/30発売と発表され、プライム会員なら4000円オフで買える、とあちこちで取り上げられていたのを横目で眺めて10日ほど考えていました。

Kindle Paperwhiteは、2013年1月に最初のモデルを買っています。 licensing.senri4000.com

気が散らなくて目に優しい、読みやすい、と当初は思っていたのですが、しばらく使っていると、ページめくりとか、ハイライトとかでタップしたときの反応が遅くて段々苛つくようになり、すっかり使わなくなってしまっていました。

もっぱらKindle本はiPad miniのアプリで読んでいます。カラーもきれいだし。いつも持って歩いているし。キーボードつけたままだと読みにくいのが難点ではあるのですが。で、この読書にすっかり満足していたので、そのまま次のモデルはスルー、Kindle voyageなんて出たのも知りませんでした(爆)。

とはいえ、私は2008年から継続してプライム会員です。当初は配送料無料のためだった気がするのですが、それが全会員に広がってからもそのまま継続しています。相当利用率が高いので、お急ぎ便とかに価値を認めて、かな。単純に費用対効果をキッチリ見ていないだけかも(汗)。

で、プライム会員でKindle端末を持っていると、オーナーズライブラリーで毎月1冊無料で読むことができます。

買おうと思ったKindle本がオーナーズライブラリーの対象だったということはかなりの割合であって、そのためだけに初代のKindle端末を取り出すことも数回やっています(が、数回やってやっぱりイライラして止めてしまった)。

ごりゅごさんの紹介エントリを読んだところ、どうやら2013年秋のバージョンでかなり反応速度は上がっているらしいことが推測され、さらに今回解像度が上がっているみたい。うーん、悩む。と10日考えて、やっぱり予約してしまいました(前置きが長くてすみません)。

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき

プライム会員が4千円オフなのは予約期間中だけかどうかが分からなかったので(期間が書いてなかった)、実機のレビューを見てから決めたいと思いつつ、4000円を棒に振るのは痛すぎると思って予約したのですが、現在も継続しているようです。

www.amazon.co.jp

ともあれ、届いた日が出張の前々日だったので、とりあえず読みかけ本を何冊かピックアップしてダウンロードし、出張に持っていきました。

結果、確かに反応速度が凄い上がってる!これなら普通にストレスなく読めます。そして、画面も綺麗。読書快適感大幅アップ。ハイライトがカラーでないのだけが残念だけど(笑)。

おかげで、今回の出張移動中に相当読書が捗りまして、これまで滞っていたものが5冊読了に持ち込めました。iPadアプリに比べて一覧が見にくいな~と思いましたが(画面が狭いしカラーじゃないし)、WiFiモデルなので、基本は読みかけとこれから読む本を事前にダウンロードしておく使い方になりますから、コレクション機能を使って整理しつつ、使って行こうと思います。

とりあえず、初期感想、大満足。