天職の舞台裏

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

6/6~6/12 今週のまとめ (2016-W23)

週末地元にいない間に梅雨入りしていて今ひとつ実感が湧かないのですが、梅雨らしく湿度は高く、雨の頻度も高くなっています。合間の晴れ間は気温がぐんぐんあがり、オフィスの温度調整も難しく、体温の調節も厳しい季節ですね。お風呂にゆっくり入りましょう。

月曜日のWRMの物書きエッセイで、倉下さんが、「良い一日の定義/条件」について書かれていました。

私が、「今日は良い一日だったな」と思える日は、「適切に計画し、それがきちんと実行できた日」です。

うーん。「適切に計画」とは、なんと難しい。

必要なのは、「Just Size」の計画です。

たしかに、その通りです。でも、それって、具体的に自分にとってどうなのか、落とし込むのがとても難しい。今週はずっとそれについて考えていました。いくつか試行錯誤はしましたが、まだ結論は出ていません。

さて、色々見切り発車した先週末の余波で、今週は締め切りに追われたり後始末がなかなか終わらずに持ち越したりしていましたが、たっぷりリフレッシュしたおかげか精神的にはとてもいい感じでした。肉体的にも、相当量歩いたので運動不足もかなり解消して良かったように思います。

今週のエントリ

ネタは色々あるのに時間が捻出できず、バックデートして帳尻を合わせる羽目になりました。。メインブログも書き進めてはいるのですが、引用が多くて少し時間がかかっています。書くだけならiPad miniでOKなのですが、リンクをはったり引用をしたりにはやはりPCでないと不自由です。

6/6(月)

backstage.senri4000.com

なんだか前夜祭の記事を妙に詳細に書き始めてしまったので、昨年や一昨年は1記事に収まっていたのに終わりません(汗)。この際なので、もう2記事くらい書いておこうと思います(2日目と番外で)。そして、メンバー間の連絡はこれまで委員会活動時代と同様に会社メールでしてきたのですが、さすがにまったくプライベートな活動になってしまっているのでLINEのグループを作ろうか、という話になってきています。インストールしただけで放置してあったLINEにアカウント作りました(笑)。

6/7(火)

backstage.senri4000.com

告知Tweetしたらメーカーの方からリプ頂きました。今後も応援していきたいな、と思います。革製品ということで、使い込んでいくと変化が出てくると予想されますから、しばらく時間が経過したらまた使い心地とか、使い方の変化について書いてみたいと思います。

6/9(木)

backstage.senri4000.com

形と内容は相互作用ということで。組織運営を中心に業務を整理したり企画を進めたりしていきたいと思います。残した実務も片づけつつ・・・。

6/11(土)

backstage.senri4000.com

もともとジャスミン茶が好きだということも手伝って、すっかり気に入ってしまい、2日連続で楽しんでいます。2つめは、「愛来花」を飲みました。

6/12(日)

backstage.senri4000.com

午後から友人と遊ぶ予定を入れたらしく、朝からウォータージャンプに出かけて行きました。トランポリンもウォータージャンプもかなり体力消耗するようなのですが、そんなスケジュールで保つのかしら??と思っていたら、低気圧で頭が痛い~と言って帰ってきました。相変わらず気圧の変化に弱いです。

今週のインプットメディア

少しずつ読み進め、時々楽しみの本に割り込まれて他のタスクが吹っ飛ぶという割と平常な週でした。

初読の本

アンコール・ワットを読む

アンコール・ワットを読む

先週から継続して読んでいます。観光よりでない、学術的・淡泊な記載がかえって面白く、楽しんで読んでいます。1日1章ずつ読んでいるので中々捗らず(全16章あります)、返却期限を延長しました。

チョコレート・ダンディ ?可愛い恋人にはご用心? (集英社コバルト文庫)

チョコレート・ダンディ ?可愛い恋人にはご用心? (集英社コバルト文庫)

続刊を書店の平積みでみつけて帯に書かれた「新釈あしながおじさん」という謳い文句に惹かれて1巻をKindleで購入して読了。久し振りのコバルト文庫、軽く読めて楽しかったです。

これからのエリック・ホッファーのために 在野研究者の生と心得

これからのエリック・ホッファーのために 在野研究者の生と心得

倉下さんの書評から興味をもってウィッシュリストに入れてあったところ、思い切って買って読み始めたところです。わくわく。