天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

レッツノートのバッテリーリコール

先週末、パナソニックのサービスから自宅に電話がかかってきました。手持ちのレッツノートCF-S10が、バッテリーのリコールがかかっていた対象機種にあたっている可能性があり、その確認ということでした。

ノートパソコン用バッテリーパック交換・回収のお知らせ | パナソニック パソコンサポート

実はリコールがかかっていたことをつゆほども知らなかったワタクシ、びっくり。個人用のPCは、このCF-S10がレッツノートが3代目で、天板を赤にしたりしているので、直接パナソニックのオンラインショップで購入しています。ということで、ユーザー登録は自動的にされていますから、そこから電話をかけて頂いた、ということでしょう。

f:id:senri4000:20141225065529j:plain

電話口で指示されるままに、電源を切って持って来て、バッテリーパックを外し、製造番号やらロットを告げると、

対象機種です。

ときっぱり言われてしまいました。交換用のバッテリーが来るまで6日ほどかかるので、その間はバッテリーは外して使わないで下さいとのこと。そして、到着した箱にある指示書に従って、その箱に入れて古い方を送るように。その際、6時間は冷蔵庫で冷やした後、クール冷蔵扱いで送って下さい。と言われて驚きました。なんとなく心配になり(さっきまで使っていたのに)、そのまま外して冷蔵庫へ。

6日もかかることはなく、2日後には新しいバッテリーが届きました。指示書はこんなのでした。

f:id:senri4000:20141225065640j:plain

それにしても、梱包をそのまま生かしてきっちり入れ替えて送らせようという細かい指示が並んでいて、うーむ、けっこう難しかった。このやり方って、なんだかとても日本的だなぁ、と思ったことでした。まず読まないで破っちゃう人とかいそうなんだけど。

ともあれ、四苦八苦して新しいバッテリーを取り出し、冷蔵庫から古い方を出して梱包を入れかえ、ヤマトさんに集荷を依頼して、無事にクール冷蔵で発送しました。

f:id:senri4000:20141225065651j:plain