天職の舞台裏

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

バルミューダ ザトースターがやってきた

ネットで話題になっていた、バルミューダのザ・トースター。愛読しているブログの方の記事で見かけて気にはなったものの、そこまでしなくていいか?と思って静観を決め込んでました。

k-signpost.com

先日、友人宅での飲み会へ夫とともに行ったところ、そのおうちにバルミューダのザ・トースター(グレーの)が鎮座してまして、もちろんその場でトーストを食べさせてくれたんですね。この友人(夫婦)、趣味やら価値観が近いので、同じような物を買っていることもよくあります(危険だ。笑)。確かに美味しいねぇ、と言って帰ってきたのですが、驚いたことに夫がすっかり買う気になっていて、勢いにおされて注文しました。

が、どうやら人気に火が付いた後だったらしく、どこを見ても品切れ。Amazonに至っては、製造元の値段より1万円以上高い値で売られている店舗がある始末。ということで、待ちを覚悟でヨドバシドットコムへ注文。7月半ばになるという話だったのですが、そこまで待つことなく、出荷のお知らせが来まして、届きました。

到着に備えて、前日のうちにフォカッチャやクロワッサンなど買い込んで待機。開封して、早速明太子&じゃがいものフォカッチャをクロワッサンモードで温めてみます。

こんなふうに曇った後、進みます。

写真はフォカッチャですが、もちろん、クロワッサンもやってみました。これまでの通常のオーブンでは、どうしても表面が焦げてしまう上、バターがベタっとなってしまい美味しさ半減なので、クロワッサンは買ってその場で食べられない場合は買うこと自体控えてました。

が、これならサクサクで食べられます。他にも種々のパンをリベイクしてみましたが、どれも焼きたてほかほか状態に近くなり、大満足。

一方、トーストモードについては、息子2号は大感激してましたが、私自身は正直なところあまり違いが分からない。というか、よくよく考えてみると、どうやら食パンのトーストってそこまで好きでもなかったみたい。焼きたての各種のパンをそのまま食べるのが好きなんですね。

ということで、リベイクできるのがとても嬉しい。バケットも、ガーリックフランスも、明太子フランスも~。パン好きにはたまりません。

タイマーセットしたときの音が可愛いというのは息子2号の感想でした。