天職の舞台裏

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

L字デスク設置

広い作業スペースが欲しくて奥行きもしっかりある机が欲しい。楽譜の製本にも困らない、資料を拡げてもキーボードが打ちづらくないものが。かといって、いかにも書斎めいたものは引っ越すときに大変そうだし、重厚感は全く求めていない。思い切ってL字形か?でも部屋に収まるかしら?と思いつつネットで物色して見つけたのがこちら。

www.low-ya.com

奥行きが60cm、L字のそれぞれが96cmあり、相当広く余裕を持って使えそうです。問題は、156cm×156cmが部屋にうまく収まるのかということですが、従前机横に2つ並べていた棚を1つに減らしてさらにずらせば行けそうです。減らした棚は、書棚の脇に、横向きに配置。正面から出し入れができませんが、頻度の低いモノを収納するなら大丈夫そう。注文前に、設置スペース分を計測して書棚を移動し、模様替えを行ってみました。

backstage.senri4000.com

注文から1週間もたたずに配送され、重量と嵩に息子1号に呆れられましたが、階下で開封し、部品をばらして2階に運び込み、週末になって息子1号の主導で組み立てしました。重さとか大きさの問題で手に余るところもあるのですが、なにしろ二次元と三次元の脳内変換能力が低いので、取説を読んで上手く組み立てるのが大変苦手なのです。ということで、説明書を息子1号が読んで理解して指示してくれるがままにドライバーでネジを回していたのでした(苦笑)。

説明書もとても分かりやすく、また、パーツの構成もシンプルで、大きなものの割に組み立てやすく取り回しもしやすかったです。1時間ほどかけて組み上がり、旧来の机と入れ替えて配置。InBoxと読みかけの書籍のコーナー、ScanSnapが机上に配置できて嬉しいです。会社に置きっ放しになっているノートPC台を持ち帰って来ようかな。書見台も設置したいところ。

設置後、山になっていた書類のスキャンを敢行し、ずいぶんすっきりしました。机上に設置できたので、今後は毎日の習慣を取り戻さねば。しかし、Evernote側のInBoxもあまり整理されていないんだよね。以前は「前日のレビュー」でInBoxに入っているノートのタイトル変更やフォルダ移動をしていたのだけど、最近デフォルトビューを「すべてのノート」にしたら、あまり気にならなくなってしまい、InBoxのファイル数を気にせず放置に終わっている気がします(汗)。ここも改善の余地あり。

そして、机が広いと、読書も机に向かってやりやすくなり、畳に座椅子というこれまでの読書スタイルから机にワークチェアへと変化が起きて我ながらびっくり。生活の高さが変わりました。

インプット・アウトプットの連携もスムーズになると期待しています(本当かしら)。