天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

ケーブルとモバイルバッテリーを発注

Mac Book Proには左右に2つずつのUSB type cポートが付いています。そしてこれだけ(あ、イヤホンジャックはあります)。電源専用のポートとかもなく、これを使うので、左右どちらのポートでも充電ができて便利です(2年前のMac Book proを使っている息子1号に羨ましがられています)。

先日の記事に書いたように、出張含めて持ち運ぶことが増えそうなので、充電周りを整えることにしました。

これまではiOSデバイス2台持ちということで、出張時はUSBの6ポート充電器とLightningケーブル・マイクロUSBケーブルを持ち歩いていました。加えて小型のモバイルバッテリーを毎日。

USB充電器はそこそこかさばるので、iPad proに代えてMacを持ち歩くのであれば、iPhoneのためだけに充電器というのはオーバースペック。それならMacの充電器を持ってMacからiPhoneは充電する方が良いでしょう。充電用にAC電源が使えるかどうかわからないので、Macにも使えるモバイルバッテリーも用意しておきたいかも。

さらに言えば、家で充電に使っているUSB cのケーブルは、机の下から電源を取るので、移動の度に取り外ししたくない。そもそも2mのケーブルなので持ち歩くには長すぎるし。

また、type cとUSB-Aの変換ハブは持っていますが、特定用途がハッキリしているのであれば、そして、それが移動を伴うのであれば、専用の変換ケーブルの方が取り回しがしやすい。

などと色々考えた結果、以下のものをAmazonで注文しました。
1) USB type c cable を複数種類(長さ色々で使い分けたい)
2) type c-USB Aの変換ケーブル(ScanSnapiX500、外付HDDなど汎用的に)
3) type c-lightningの変換ケーブル(iPhoneの充電用)
4) type c-USB micro Bの変換ケーブル(ScanSnap iX100との接続用)
5) type c対応のモバイルバッテリー

本日実家にMacを連れて行って思ったのですが、今後もiPadじゃなくてMacになりそう(取り回ししやすい)で、すると、ScanSnap iX100への接続に上記の4)があった方が便利そうです(本日はハブで処理)。

そして、出張時は、一度Macの充電セットに上記の3)と5)で行ってみようかな、と思います。何が軽くてかさばらないか、取り回しがしやすいかを色々試行錯誤していくつもりです。