天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

PC対応のバックパックを新調

2016年に購入していたビジネスリュックですが、使用頻度が低くて数ヶ月で息子1号に下げ渡ししていました。ところ、激しく使い倒してくれて、ジッパーが壊れたり、手提げ部分がちぎれたり(!)して昇天。常時Mac Book Pro, iPad pro, iPhoneと電源セットを持ち歩く上に、着替えを入れて1泊とかに行っちゃうので過負荷だったらしいです。

backstage.senri4000.com

そこで、彼としては同じ用途で新しいのが必要になり、あれこれ吟味して、ネットの評判も調べ、現物も見に行った結果、InCaseのCity Collection Compact Backpackを購入。形の工夫なのか、片・腰にかかる重さが軽くて優秀!と激賞していました。

この段階では、いいね~、と横目で見ておりました。

私の現在の普段使いバッグは相変わらずanelloのミニリュックでして、お弁当からiPad proまで毎日突っ込んで通勤しております。

backstage.senri4000.com

去年Mac Book Proを導入したときに、出張持参もしばらくやってみたのですが、iPad proのキーボード交換で調子がよくなったこともあり、Macが必須の出張というのもあまりない(メールチェック・ワークフローの承認程度であって、自分で出先でまでガシガシ作業する必要がない)ということで、出張時も(日帰りなら)あまり体勢が変わりません。

backstage.senri4000.com

backstage.senri4000.com

そんな状況下、会社の支給PCが新しくなりまして、割と軽めのまともな(シンクライアントではない)ノートになりました。一応、今後のリモートワークも見据えて、相変わらず仮想端末で接続はしているものの、音声・映像にも耐えうる環境が整備された格好です。

jpn.nec.com

そして、目下、子会社監査役仕事で対象会社への出張訪問機会を精力的に増やしているところです。で、社内のネットワークに接続するには会社支給のPCである必要があります。ということで、当初はMac Bookを入れている無印のナイロンケースに入れてanelloのフルサイズリュックで持ち歩いたりしてたのですが、多少取り回しが面倒に感じられるようになり、加えて息子1号のリュックが羨ましくもあり。

www.muji.net

やっぱりPC収納用のクッションポケットが付いているリュックが欲しい〜!と出張直前に唐突に思いまして、息子1号に紹介された店舗をいくつかハシゴ。実はInCaseのもうワンサイズ小さいCity Dot Backpackの現物を見ることができればそれが欲しいなと思っておりました。

が、残念ながら見当たらず、別のブランド(côte&ciel )をお店の人にオススメされて欲しくなって買ったのでした。結局大きさは息子1号のと同じになってしまい(15インチMacサイズ)、私にとってはかなり大きいです。

最近は、電子書籍だけでなく、PDF書類をNotabilityに入れて読んでいることも多いため、PCとiPad Proの両方をポケットに突っ込んで持っていき、さらに出張先で配布された書類も同じところに入れて持ち帰ったのですが、保持には全く問題なく、さらには腰や肩への負担も感じませんでした。ブラボー。

翌日会社にPCを戻すために同じだけの荷物に加えてお弁当を入れたらかさとしては問題なく収納できたものの流石に重すぎて肩と腰に来ましたけどね。出張の時はやりませんから!

ということで、何度ビジネスリュックっぽいのを買ったり使うのやめたりしてるんだ、と我ながら思いつつ、当面は出張スタイルこれになりそうです。

f:id:senri4000:20190722194326j:plain