天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

ネームカードとパスケース

Apple Watchを導入したときに、Suicaアプリを入れてApple Watchに登録し、東京出張時は快適に使っています。

backstage.senri4000.com

とはいえ、当地はSuica圏ではありません。もちろん、相互利用可能なので使えるのですが、地元の交通系ICカードを使って地元の交通機関を利用するとポイントが貯まります(定期券利用を除く)。私は日によって通勤経路を変えている(バスにしたり鉄道にしたり)のと、出張・外出も多くて定期券のメリットがあまり出ないので定期を購入しておらず、毎日使うとバカにならない程度にはポイントが貯まります。

ということで、ポイントのために地元での利用はアプリじゃなくて今もカードを利用しています。Apple Watch導入前は、RAKUNIのケースを使っていて、ポケットにカードを入れていたのですが、Watchを入れてからiPhoneに色々集合させて持ち歩く要請が低くなったことで、カード型のケースをやめ、リュックからパスケースをぶら下げて利用してきました。

最近どうもリュックからものを出し入れするために上げ下げする頻度が高いのがよろしくない気がしており(身体を捻っているので)、できるだけこの動作をやめたい。リール付きのパスケースにすれば緩和されるかなぁとか考えていたところ、今度は会社のネームカード(セキュリティカード)をケースごと忘れるのが頻発しまして。

忘れると執務フロアに入れないので、総務に申し出てその日一日ゲスト用のカードを借りるのですが、いったい何度借りたことかという感じでして、ちゃんと支度タスクのチェックリストにも、出発準備のチェックリストにもダブルで入っているのに、それも毎回見てるのに見過ごして入れ忘れることがまだあるってどうなの・・・。流石に頻度高くて恥ずかしい(し、そもそも不便です)。

ということで、両方の課題を払拭すべく、2枚のカードを収納できるタイプのリール付きケースを購入しました。もうね、カバンにつけるとか諦めて、1日中首から下げていることにします。これなら流石に忘れない。

早速購入して使ってみたのですが、支障が出たのが2点。首からぶら下げて歩いていると、オフィス内程度はいいのですが、外をガンガン歩くには揺れて腕とかにあたるのでよろしくないです。カード2枚とか入れてると結構硬くて痛いし。この点は、夏の服だと厳しいのですが、幸いちょうど涼しくなってきたので、ジャケットを着ると内ポケットにカードケース部分だけ収納すればOKですね。

もう1点、セキュリティカードでプリンタの認証も行なっているのですが、なんとカードケースに入れた状態でやってみたらうまく反応しなくて認証してくれない。改札や執務フロアに入るところは全然問題なかったんですけど。日に何度も印刷はしますし、その度にカード取り出していたのでは煩雑。ということで、セパレーターをさらに入れて確実を期すことにしました。

フロムウエスト フラックス・パス

フロムウエスト フラックス・パス

やってみたら、全体にどこでも反応が多少鈍くなり時間がかかるようになりましたが、めでたくプリンタでも認証可能となりまして、一件落着しました。カードの枚数が増えたので多少肩こりに寄与しそうな気がしないでもないですが、しばらくこれで行ってみます。

健康診断で体調不良になるって

8月は毎年恒例の健康診断のシーズン。今年は婦人科オプションのために院内検診で、予約の都合で9月初めになりました。

何度かここでも書いていますが、健康診断を受けると必ず体調が崩れます。それもバリウムのせいでお腹の調子が悪くなるという程度ではすまず、受診している途中から頭痛が出てきて時間とともに発熱し、最後には通常活動ができなくなって床につく羽目になります。

健康診断2015 - 天職の舞台裏

健康診断2016 - 天職の舞台裏

8/21~8/27 今週のまとめ (2017-W34) - 天職の舞台裏

このため、オプションがない年でも社内検診でそのまま仕事に復帰するのが難しく、結局午後から年休とって安静にする必要があるので、それなら1日お休みにして院内検診の方がまだ楽だよね、とか毎年思っているところでした。

今年はその方針に沿って1日有給休暇を取って臨んだのですが、やっぱり血液検査のあたりから調子が悪くなりだし、頭痛が酷くてメガネがかけられず、あちこちの検査室を回るのに見えなくて苦労しました。なにが原因というほど特定できないのですが、どんどん調子が悪くなり、最後のバリウムでとどめを刺されるのが毎度のことですね。

f:id:senri4000:20160907221133j:plain

健康診断の目的って、健康状態を評価することで、健康維持と病気の早期発見をできるようにすることだと思うのですが、そのためにここまで体調悪化させるのって本末転倒感が凄いと毎年思うんですよね。毎日食事や運動量に注意して健康状態を保つようにしている私の努力を健診に台無しにされている感が腹ただしい。

で、毎年ぼやいていても解決にならないので、これをなんとか改善できないのか?と考えてみました。常時雇用の場合、法律上健康診断の受診義務がありますが、この項目は限定的です(一般健康診断)。割とよくあるのは、若年層はこの法定項目だけ受診で、35歳以上とか40歳以上とか、生活習慣病が疑われる年代になってくると、早期発見とか、健診結果を示して生活習慣を改めるきっかけとさせるため(そして健康保険組合の医療費出費を減らすため)に、上乗せ健診をさせる形ですね。胃部レントゲン(バリウム)とか、腹部エコーとかはこれです(健診のご案内 | 健診・保健指導のご案内 | 全国健康保険協会)。

sangyoui-navi.jp

健診受診は雇用者と被傭者の両方に義務があるので、理由なく拒否できないんですが(体調が悪くなるのは十分正当理由だと個人的には思うけど)、具合が悪くなったことがある場合は申告すればスキップできるものもありそうです。また、血液検査の場合、これまで調子が悪くなった(=貧血症状が出たなど)人向けには座ってじゃなくてベッドに横になっての採決も用意されています。これまでお願いしてこなかったのですが(貧血という自覚はなかったので)、来年は少しでも負担を減らすためにお願いしようと思いました。

我慢してないで、問診のときなども、これまで調子が悪くなったのでスキップしたいことを伝えてできるだけ負荷を減らすようにした方が良さそうです。回復に3日くらいかかるって、やっぱり良くないよねぇ。何が主原因なのかが特定できてないんですが、採便指示が出る段階で既に調子が悪くなってるので、まずはここから拒否かな・・・。

9/10~9/16 今週のまとめ (2018-W37)

経営会議が2つある(持株会社と事業会社)という厳しい週でした。発表があるとかいうわけではなく参加者というか陪席者というかという感じなので内容面の負荷はさほどないのですが、どちらもノンストップで4〜5時間やるので体力勝負な感じになります(腰とお尻が痛い)。

そしてすっかり秋の気温が低い日が続きました。急に下がったのでこの季節って何を着ていたのかと考え込んだり、置きジャケットを持ち帰ったりしました。残暑ってなかったっけ?とか言い合ったのですが、今日は久しぶりに真夏日になり、来週も残暑戻るようですね。

今週の良かったこと

  1. Scrapboxに思いつきを書き留めて広げる試行中。連想を固定して眺める経験が新しくて面白い。
  2. 上野千鶴子さんの「情報生産者になる」が「これが欲しかった」感高くて興奮中。
  3. ホットクック利用さらにパワーアップ。塩麹と手動炒めを色々。

4つの価値観に沿って

1.プロフェッショナルたること

外部団体活動最終年ということで、来年度の研究テーマの選定を仕切っています。システムとして明示のものを作ってプロセスを回す試みを始めていて、やってみるまで何が出てくるかわからない怖さがありつつも(もちろん想定はしていますが、その通りにはならないので試行錯誤)、概ね狙いの幅の範囲に入ってきそうな感じです。これまで暗黙知で回してきたり、それに自覚的な人と無意識にできている人、特段意識もなくお客様になっていた人、と色々いたのだろうなぁと思いつつ、今後の形式知化に励んでいます。あと2ヶ月ほどが山場になります。それが終われば、全部整理してこの先が回るように残したところでお役御免ですね。

こういった、ゼロベースというよりは、暗黙・無意識にそこあるものを浮かび上がらせる形で整理する、整理した結果について関係者から合意を取る、その形に対して組織化し人を巻き込み、スピードと効果をアップする、というのが自分の得意とするところなんだな、と改めて思ったりしています。

2. 心身の健康

タスク管理の状況

上述のように会議ガッツリに加えて日帰り出張(直行)もあって、あまり作業が進まないのを覚悟の上で予定を組んでいたのですが、貴重な予定のない日に進めるべきタスクにどうしても着手ができず、なんだかなぁ、とか思ったことでした。

また、大きな塊で進行させるべきプロジェクトのマイルストーンがどうもうまく書けていなくて不満に思っています。やる前に分解するのがどうもうまくできないので集中してやる必要があるわけなのですが、会議や予定で分断されるとなんだかよくわからなくなってしまうというおなじみの悩みがあります。少し分解ができそうになったあたりの管理が一番苦手なのかも、とか思う昨今です。さて、自覚したところで、次の手を考えねば。

体調管理&ダイエット

インプットに寄ったため、夜が遅めになり、その分だけよりもなぜか上乗せして睡眠要求が増えてしまい、朝が遅くなる傾向が続いた週でした。おかげで睡眠は十分で快調でしたがウォーキングの習慣を戻すつもりだったんですけど??

先週末に始めたゼロトレは、朝の習慣にすることにして、とりあえず毎朝継続して1週間が経過しました。まずは4週間毎日続けること、というインストラクションなので、ここで効果が?とか言わずに継続します。変化が実感できるまで行かなくても、あちこち伸びていい感じではあります。

ゼロトレ

ゼロトレ

毎週頼んでいる生協の注文を前回忘れたため、スーパーに何度か買い物に行き、今度は忘れないようにと次回の注文をし、とかやっていたらなんだかストックが一瞬すごい量になってしまいました。どうも買い物すると買いすぎる傾向にあるようで(最近ようやく自覚した)、毎週同じものを適量買うのが良さそうという結論になりつつあります。という中で、慌てて食材の消費に励んだ今週でした。ホットクックフル回転です。

3. 快適な生活

インプットに偏ったため、環境整備はぜんぜん気が回らず、毎朝日記を書くたびに「また忘れてた」と思い出す毎日でした。週末になってようやく掃除だけ実行。夏が終わってきたので今シーズンで処分するものとか考えたいんだけどな。

4. 家族のQOL

実家まわり

母から電話で嘔吐が酷かったと報告があり(すでに回復してからでしたが)、しばらく前にも同じようなことがあったなぁ、と思い出し。一人暮らしで面倒になって適当なものを食べているのでは疑惑が少しあるので、時々は聞き取りした方が良さそうな、とか思いました。食事系は人の手を借りるのが難しい(味とか好みがありますし)のですが、訪問時に確認できないので(食事を共にすることは稀)、聞き取りしっかりしないと。。

夫と息子たち

息子2号の付属校推薦プロセスが始まりました。特に保護者の承認が必要だったわけではないようで、第4志望まで書いて出したと事後報告。この先、10月始めに推薦会議が行われ、志望の学部・学科に推薦がもらえるかが決まります。その結果に従って、11月終わり頃に推薦入試、12月初めに合格発表となります。推薦可否は、基本は同じ志望の中で成績順に並べて判定されるようで、同じ志望学科にどれだけ上位者がいるかで決まりますね。外部受験の生徒さんもそれなりの数あり、志望者数の傾向も毎年変動するようなので、蓋を開けてみないと分からないみたい。

今週のエントリ

低調です。Ulysses開く回数減ってます(正式版購入したのに)。なんでかなぁ。

9/11(火)

backstage.senri4000.com

実家関係は紙が多いのですが、といっても、最近落ち着いてきて、隔週でもそこまで溜まっていない感じです。自宅でフローとして発生する紙は、郵便物系(これも昔に比べると減りました)、子供達の学校書類系( 小中学校時代に比べれば激減していますが)がほとんどですね。これに、アナログノートの取り込み、思い出書類の取り込みが加わります。いっときせっせとやっていた自炊(紙の本を裁断してスキャン)は、電子版が増えてほとんど出番がなくなりました。そうそう、健康診断の結果もまだ紙できますねー。給与明細はPDFになって久しいですが。ということで、まだまだスキャンは必要そうです。

9/14(金)

backstage.senri4000.com

電源周りで言えば、USB Cに統合されたことで、ACアダプタ&ケーブルを据え置き→持ち歩きの面倒がなくなりました。typc cの急速充電器がMac用の充電器としても使えるので、自宅の机下に這わせた電源ラインはそのまま据え置きで問題なし。

今週のインプット

情報生産者になる (ちくま新書)

情報生産者になる (ちくま新書)

月曜に書店で購入し、3日かけて興奮しながら読了しました。本書の中に出て来る「引用ストックの作り方」を本書を読むのに使ってみようと思い立ったのですが、初めの「アンダーラインを引いて読む」で挫折。紙の本にアンダーラインってどうしても引けません(後から消すのが難しく、再読時にノイズになって耐えられないため)。電子版の発売が9/27って酷い。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXIV (電撃文庫)

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXIV (電撃文庫)

紙版の発売に気がついておらず、BookLiveから続刊通知がきて慌てて購入して読みました。最終巻ですね。え、そういう終わり方・・・。と思ったりしましたが、最終決戦、集中のキオカと分散の帝国かぁ、などと組織論的にも読んでみたりしていました。エピローグのシャミーユはとてもいい感じですね。じっくり2度読みして満足しました。読み返すには痛いところが多い(感情を揺さぶられてきつい)作品ではあるので、この先シリーズ全体を読み返すかどうかは微妙(すでに3回以上読んでるのでなんとも、ですけど)。

ごりゅご.com Cast

ごりゅご.com Cast

  • goryugo & haruna1221
  • ソフトウェア ハウツー
  • ¥0

倉下さんのインタビューを聞きました。出版記念セミナーの翌日ということで、お題はもちろんScrapbox。どういう使い方が適しているか、というのが目下の私の関心事なのですが、ヒントを色々もらえたように思います。以下の記事も併せて。

rashita.net

日帰り出張時の電源まわり

Macの持ち歩きをベースに、ケーブル・バッテリー類を発注しました。

backstage.senri4000.com

ちょうど台風やら地震やらの災害週だったせいもあってか、バッテリーについてAmazonの配送が予定日に到着せず、数日してからさらに遅れますというメールが入ったりして随分遅くなったのですが、とりあえず出張には間に合いました。ということで、今回の日帰り出張は、以下のセットで行ってみました。

1) Mac Book Pro
2) iPhone
3) Kindle paperwhite
4) USB type c cable 2m
5) type c対応モバイルバッテリー
6) Type c to Lightning ケーブル 0.3m
7) Type c対応急速充電器

一日中会議の出張であり、その間ほぼMacは開きっぱなし、接続しっぱなしです。それもあって、充電が要るかな?と思い、割と充実目に持って行ったのですが、結論から言えば、充電関係は全く使いませんでした。

iPhoneからテザリングして使っているので、常時Mac-iPhoneはケーブル接続したまま。このため充電も同時に行われていて、いつもバッテリーの消耗の速さに悩まされているiPhone側も心配要らず。Macは電源取らずに使用していたのですが(電源が遠かったので)、そのせいでMacの充電の減りが早くて困る、ということも特段感じませんでした。結果、1日終わってMacの充電率は50%くらい。全く問題ありません。帰りの新幹線で開いたりもしないし(酔う)。

ということで、日帰り出張の場合、充電の心配は要らず、6) Type c to Lightning ケーブル 0.3m だけを忘れずに持てば良さそうです。私にとってはそれなりにMacが重いので、バッテリーや充電器が要らないのはかなり助かります。

泊まりの場合には、寝ている間にMacに充電するためのセットは必要として、バッテリーが要るかどうかは微妙ですね。Macを開いて作業している時間の長さが長いのならほぼ要らなさそう、移動が長くて作業しないのならあった方がいいのかなぁ。あ、移動中に電源が取れるのなら不要なのか。ここは、もう少し試行が要りそうです。

ScanSnap Cloud設定完了

ScanSnapを2台持っています。元々書類をEvernoteにガンガン入れるために据え置きで使っているiX500と、実家の書類のスキャンのために購入したモバイルのiX100。

backstage.senri4000.com

backstage.senri4000.com

前者を乗り換えプログラムで購入したときには、既にScanSnap Cloudが存在しており、それも狙っていたようですが、WiFiが辛くて断念したみたいです(上記の記事によれば)。その後、2階にWiFiアクセスポイント追加しましたが、すっかりScanSnap Cloudのことは忘れ去っていたみたいです。いやはや。まあそもそもノートPCとはいえ殆ど据え置きで使って来たので、USBケーブルで繋いでいて特段問題にもならず、そのままになっていたのでしょう。

www.pfu.fujitsu.com

ともあれ、今回Macに変えて、できるだけケーブル類から自由になりたい思いがあり、Twitter経由でCloudについて教えてもらったことで、トライする気持ちが高まりました。

本体がCloud対応するにはファームウェアのアップデートが必要だったらしく、そこから始まりました。

まずは、自分の机上にて。手元のアクセスポイントからなぜgの電波が出ていないのか(切ったのか私?)不明なのですが、通常ここではaしか使わないし、g飛ばしてそちらに繋がっても面倒なので(3階建我が家のWiFi状況はなんとかしたいところもあるんだけど有線まで引き回したのにもう全然上手くいかないのでこれ以上労力はかけないと決意しております。5年後には引っ越すだろう幾ら何でも)、1階から出ている電波に繋いでみました。ちょっと遠いかなと思ったんだけど、割と問題なく。

文書の種類ごとにクラウドの保存先を選べるのですが、基本全部EvernoteでOKなので、ここは振り分け設定しておりません。名刺のスキャン設定(表裏2枚で1ファイルのpdfにしつつ一気に読み取りは行う)が使えないのが地味に不便だなぁとか思ってますが実はやりようがあるのかも(調べてない)。

Evernoteに取り込んだ後に、共有ノートブックに入れたりするニーズも結構あるので、いったんScanSnapがEvernoteに作ってきた「Document」というノートブックに入る設定をそのまま使うことにしました。InBoxには敢えて入れず、私が居ない時にも使う息子1号とこのきた「Document」ノートブックを共有に。

MacでScanSnap Managerが起動しているとそちらが優先になるようなので、終了しておきます。設定が済めば、単独でスキャンが実行できるように。

カバーを開くと、スキャンボタンが通常接続時は青のところ、Cloudがスタンバイできていれば紫に光ります。これを確認した上で、スキャン開始。Cloud側でOCRかける都合で、少しEvernoteに取り込まれるまでに時間がかかります。

地味に嬉しいのは、OCRしたついでに?タイトルっぽいものを見つけたらファイル名に採用してくれることですね。笑えるタイトルになったり、盛大に文字化けしてたりすることもありますが、全部自分であとからつけるよりずっと楽です。

据え置き側のScanSnap iX500はこんなところ。机の角に配置できるようになり、よりすっきりして満足しました。

次は、モバイルの方(iX100)の設定です。

こちらは、これまでScanSnap Connect ApplicationをiPad proにインストールして、このiPadをScanSnap iX100に直接接続して使用してきました。このアプリ上ではOCRができないため、スキャンした時にファイル名をつけ、ScanSnap SyncでPC側に持ってきて、ScanSnap Organizer上でOCRをかけ、さらにその後でEvernoteに取り込みを行なっていました。七面倒なところがありまして、実はEvernoteへの取り込みが行われていないファイルが大量にありますorz

ということで、まずは、iX500と同様に使えるように、ScanSnap Cloudアプリの環境設定からスキャナを追加。無事に使えるようになりました。

本命は、実家でiPhoneからテザリングしてインターネットにつなぎ、直接Evernoteに取り込みです。ネットワーク接続先の変更は、アプリ内のネットワーク変更ボタンでできるのですが、その際にはPCと有線接続(USB micro経由で)する必要があります。一度設定しておいたら、その接続環境下に行ったら自動でなるのかな?と思ってたのですが、WiFiアクセスポイントならそれでいけるようなのですが、テザリングだとScanSnapが自ら接続しにいけないようなので、面倒でも毎回PC側からネットワーク変更ボタンを押して接続してやる必要があるみたいです。

ということで、そのために短めのUSB type C-USB micro変換ケーブルを購入。実家でも無事にCloudスキャンができるようになりました。これまで2回やってどちらも問題なくできています。ただし、要注意なのは、この機種は自動紙送りがついていないので、常に手差し。時間をおかずに連続読み取りさせると1ファイル扱いになるのですが、どのくらいの時間までが連続とみなされるのかがよくわからず、何となくスキャンさせていたら全然関係のない書類たちが1ファイル化されてしまうというオチが。少し長めに待ち時間を置いた方が安全なようです。

ともあれ、実家関係の書類が直接Evernoteに取り込めるようになり、それなりのタイトルがつく(こともある)ようになって生産性向上感があります!めでたい。

9/3〜9/9 今週のまとめ (2018-W36)

台風21号襲来、引き続き北海道の地震と大きな災害に見舞われた週でした。被災地の皆様にお見舞い申し上げます。幸い自宅周りは風雨凄かったものの、特に被害はなく無事でした(自転車が倒れたとかアコーディオンタイプの門扉が風に流されて歪んだ程度)。

前日に学校関係は休校を決めたところが多かったようで、会社はどうするのかと思っていたところ、夫の勤務先は朝一にメールが入って休業になっていましたが、自分の勤務先は通例どおり暴風・大雨警報発令かつ交通機関が不通の場合だけ自宅待機で、朝の時間帯はまだどこも動いていたため、ほとんど出社していました。が、刻々と地上の鉄道が運転見合わせ予告をするのを見て諦めた?ようで、地下鉄沿線以外は10時前に帰宅指令が出ました。うーん、前日に決めても良かったんじゃないかなぁ?と思ったことでした。

今週の良かったこと

  1. ゆっくりリアル書店巡りしてカフェに行きそのまま1冊読了。至福。

  2. 美術展に行きました。(早割チケット買っていたところ紛失しかかって焦りましたが見つかってほっ。)

  3. Scrapboxという抜き書き先ができたことで、読んで書き留めたいこと、って結構あるんだな、という発見。

4つの価値観に沿って

日記の項目に「思想を育てる」というのを追加しました。Scrapboxのプロジェクトにページを書き足したりして試行中なのですが、ついつい忘れがちなので思い出す意味もあって。書き始めるとだらだらと書いてしまいがちで、一体どの区切りで1ページとするべきなのかよくわからないなぁ、などと考えています。

1.プロフェッショナルたること

先週で8月が終わったため、法務側の月次の活動まとめをしたり、10月以降の体制を考えたり、基盤整備に勤しんだ週でした。月のまとめについて何をするのかがまだ確定していない部分があるので、色々試して手を動かす作業が多く、台風の日にこれをやってました。頭が働かないのでちょうどいい?感じでしたわ・・・。

組織を運営するというのが現在の「自分の仕事」の半分を占めていますが、私にとってこれは何かを改めて考えています。もう少しまとまったら記事にしたいな、と思います。。。

2. 心身の健康

タスク管理の状況

タスクの取り組み方とか組み立て方には多少の課題感があって、もう少しチューンする必要があるように思うんだけど、まだ方向性が定まっていない感じです。なので、あまりそこにこだわらずにとりあえずは記録を取る、それにコメントを入れる、全体的なコメントも入れる、といった過ごし方になっています。しばらくはこんな感じかな。

体調管理&ダイエット

台風に健康診断と体にこたえるイベント?が続き、週の大半不調で過ごしました。できるだけ外部環境の影響を少なくしてコンスタントにパフォーマンスが出せるようにしたいと思うわけですが、重なると辛いですね。最近は、こうした影響を感じやすくなっているような傾向もあり、さらに気をつける必要があるというか。

そんなことを考えているときに、書店に行ったらものすごい数平積みされているのを見かけてチラ見し、良さそうだったので買ってきました。やってみるのにちょっと時間がかかりましたが、しばらく続けてみたいと思います。

ゼロトレ

ゼロトレ

体重・体脂肪はあまり変化ありませんでした。勝間さんの「食事ハック」や津川先生の「究極の食事」を読んで、あまり極端に糖質制限もよろしくなさそう、とか思いつつ、決め手に欠けるダイエットという感じです。もっと食事の中身を栄養的に徹底させると自然についてくるのかなぁ。

勝間式 食事ハック

勝間式 食事ハック

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

朝のウォーキングは雨に阻まれたり体調に左右されていけませんでしたが、何度か夜に出かけることができました。正しい姿勢でウォーキングすれば骨盤も動いて歪みがリセットされるとか。

3. 快適な生活

体調のせいで環境にまで手が回らず、週末になってようやくルンバをかけてみたり自分の机を整理したりしていました。あ〜、ScanSnapについても書こうと思って書けてませんね。だいたい使い方わかって回り出しています。

常時リュックサックで出かけていますが、どうも上げ下ろしが頻繁で、右からばかりになっているのが良くないような気がして、カバンの環境整備を考えていました。スマホのケースとかパスケースとかにもつながるので、変更したらまた記事にしたいと思います。

4. 家族のQOL

実家まわり

現在の母の介護認定の期限が11月であるため、9月に入って更新手続きの案内がやってきました。申請自体はケアマネさんが代行してくれますが、調査員による調査が入るため、ここは立会したいということで、日程調整に入りました。

これを控えて、母の現在の状況を改めて聞き取りしたりも。前回は骨折したばかりの頃で、相当不自由が出ていたのですが、この1年弱で随分良くなったな、と思います。骨密度も上がってきているし、前屈も以前に比べると見違えるようにできるようになりました。毎日色々な介護サービスに入ってもらい、近所の人にも見守られているとはいえ、なんとか一人暮らしができており、しっかりしてきていると思います。

とはいうものの、やはりまだ寝る・起きるのところは手すりの力を借りても相当大変そうで(とは言っても以前は足が全然上がらなくて長い時間かかっていたことを思えば随分良くなりました)、立ち上がるときも支えは必要だし、歩くにはあちこち伝い歩きをする必要はあります。屋外では杖かシルバーカーですね。

昨年よりは軽くなっていると思いますが、まだ何かしら人の手を借りる必要はあるなぁ、と思ったことでした。

夫と息子たち

息子2号の2学期が始まりました。途端に台風21号で翌日は早々に休校が決まって、本人曰く「夏休み再び」の気分だったようです。そんなハプニングありつつも、実力試験も終わって通常授業に入りましたが、早速調子を崩して息子1号に保健室までお迎えを頼んだとか・・・。まだまだ雨・台風シーズン続くんですけど大丈夫かなぁ。

息子1号は相変わらずの夏休み中ですが、友達同士で旅行のはずがキャンセルになってしまったらしく、「暇」とのこと。一人旅でもしようかとか思ったけど、「車の調子が今ひとつなので気分が乗らない」だそうで(ドライブ旅行がやりたいらしい)。

今週のエントリ

9/4(火)

backstage.senri4000.com

息子1号にクレジットカード(家族カード)を作りまして(種々の事情で)、ただいまその練習中です。ついでに電子マネーとか、ApplePayとかも。

今週のインプット

ここのところのリアル書店巡りブームになってまして、週末と週中に別の書店に行って色々チェックしたり、これは紙で買いたい=息子1号に読ませたいと思ったものを買い込んだり、そうでないものは電子版をチェックしたり(そして読みたいものリストに入れる)。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

読了しました。このタイミングで読めてよかったのかも。働き方について考えているところだし。

未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書)

未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書)

こちらは紙で買いました。読了し、貸し出しました。

勝間式 食事ハック

勝間式 食事ハック

買おうと思って買いそこなっていたのを店頭で思い出して購入。こちらはまだ電子版はないようです。ブログでどんどん更新されていたものが書籍にまとまって見やすくなりました。ホットクックの手動炒め機能を早速お試し。ホームベーカリー復活しようか迷っているところです。

室町繚乱 義満と世阿弥と吉野の姫君 (集英社文庫)

室町繚乱 義満と世阿弥と吉野の姫君 (集英社文庫)

こちらも店頭で見かけて、パラパラ眺めて面白そうだったので、電子版を購入してその日のうちに読了しました。

人事と組織の経済学・実践編

人事と組織の経済学・実践編

  • 作者: エドワード・P・ラジアー,マイケル・ギブス,樋口美雄
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2017/05/19
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る

ずっとずっと読んでいて読み終わらないこちら。半分は超えたのですが・・・。職務記述の章を終わって報酬の章にはいりました。

自分でやる

息子たちの話です。

だんだん成長するにつれて、親が代行してやってきた手続などを自分でできるようにして行く必要が出てきます。成人年齢が18歳になるのも確定しましたが、その年齢に達したからといって一気に色々なことが自分でできるようになるわけでもなく、少しずつ練習が必要です。

各種の書類を書いて自分で提出に行く。郵便局の窓口で書留郵便を出す。電話でお店や宿泊の予約をする。ネットで下調べをする。荷物の不在通知から再配達の申し込みをする。身体に支障が出たときに自分で医者に行く。自転車の空気が何度も抜けるのならパンクを疑って自分で自転車店に持ち込んで見てもらう。

デジタルネイティブ世代ですから、ネットを使った下調べは比較的得意なのですが、実際に人と対峙するとなると、勝手が違うのか、その場で小さな意思決定をする必要があるためか、経験してみないと分からず、戸惑いがあってその場で連絡を入れてくることも多いですね(すぐその場で聞けるのですからいい時代になったものです)。

そして、自分でやってみて経験するというのは、失敗とセットなんだよな、そこ、側でみていてついショートカットを教えてたら身につかないんだよな、としみじみ思うのでした。

パスポート申請

息子2号の高校では、卒業前に海外(アジア)での研修旅行が予定されており、パスポートの取得を夏休み中に完了しておくようにという指示がありました。これを全部息子2号に自分でやらせようとしたのですが、なかなか大変でした・・・。

f:id:senri4000:20180904221502j:plain

まず、パスポートの申請に必要な書類の見方が分からない。全くゼロからだと、自分の住んでいる地方自治体のどこが窓口になっているのかからスタートですが、パスポート=旅券がまず知らないし、最近は市町村窓口に業務が委任?されていたり、そうでないところもあったり色々なようで、これは調べるのも一苦労だね、と。こういうのって、ネットが分かりやすいとも限らない。

そして、必要書類にある戸籍謄本とか住民票とか現物を見たことがあるわけもないので、それってなんだ、となり、住民票がいるのか要らないのかも見てすぐには分からない、ということのようでした。

まずは、地元の役場に行って、パスポートを申請したいので、必要書類が欲しいんですけど、って聞いてみたら?と持ちかけたのですが、ここで落とし穴。戸籍にしろ住民票にしろ発行を受けるためには本人確認書類が要ります。マイナンバーカードなぞ作ってませんから、保険証と学生証のセットになるわけですが、財布を落としたときに一緒に保険証を無くしていて再発行手続が済んでない(T . T)。

これではパスポート申請しても受け取りができませんので、慌てて再発行手続きを依頼。仕方なく、戸籍の部分事項証明書は私がとってくることにしました。(が、書類を整えても中々申請に出向かなかったので、保険証の方が先に届き、全部本人にやらせても間に合ったです。まったくもう)ついでに、パスポートの申請書類一式も、パンフレットと一緒に窓口で貰ってきました(確かに、窓口の方が「こういうケースですね」では、これとこれを用意してきてください、と一瞬で教えてくれるのでわかりやすくて早い。但し、出向く必要があるけど)。

一式本人に渡して記入してから出しに行くように指示したのですが、夏休み40日もあるのに行ったのはなんと最終日でした。どうしてそうなる・・・。おまけに、書類は全部書いたとか豪語してたのに、うっかり裏面書いてなかったとか当日電話かかってきて色々聞かれるし。あ、「自分でやる」経験を積ませるのが重要なので、事前チェックは頼まれない限りやりません。するとこうなります。が、仕方なし。

さらに、申請しに行ったところ、帰ってきてから「戸籍は原本しかダメだって言われたよ。入ってたのコピーだったよ」「そんなこと分かり切ってるからやりません。全部原本渡しました(怒)!」というやりとりが。

持って行ったファイルの中身を全部チェックしたら、案の定ちゃんと中には入っていました・・・(見本に渡していたコピーを引き上げておかなかったのはこちらの痛恨ですが。。)。

なんでその場で全部係官に広げて見せないかね。とぷんすか怒ってたら、本人は「次に行ったら並ばなくていいって言われたし、行くのは俺なんだからいいじゃん」だそうで。まあねぇ、そこ気にしないから、ギリギリになるんだよね、そもそも。で、最終日ですから、再申請は始業式の日になりました(そしてさらに体調不良だからと先延ばしして台風の休校日の中、再提出に行ってましたorz)。

不測の事態に備えてバッファを取るとかないのか?ないのか?しょっちゅう体調不良で予定が予定通りにならない癖に〜、と思うのですが、発想が違うんでしょうねぇ。ちょっと久しぶりにイラついたことでした。自分でさせるって、我慢比べの要素が大きいんですよね。そして今後これに懲りて事前に準備をしっかりするようになるかといえばかなり疑問です。orz

運転免許の更新

ある日自宅に帰ったら、運転免許更新のお知らせハガキが入ってまして、??となったら息子1号宛でした。あれ?まだ免許とって2年だよね?初回って2年更新なのか?と思ったのですが、息子1号が運転免許証を取得したのが2年前の9月。そして彼の誕生日は10月。あ〜そういうことか。なんて勿体無い!

gazoo.com

それはともかく、ハガキを渡したところ、早速運転免許試験場の窓口時間とかを調べていた息子1号、どの時間帯に行くのが混まないだろうか、とか聞かれて、平日の朝一番か午後遅くじゃない?などと答えていたのですが、先日今日行ってくると言って出かけたので、随分早いなぁハガキ着たばっかりだよね、とかのんびり思っていたのです。

お昼頃に首尾を聞いたところ、

まだ更新できる期間になってなかった。うっかりした。

え〜っ。そこって、ハガキの中にデカデカと書いてあると思うんですけど!!

そりゃね、言われてみれば、誕生日の前後1ヶ月ずつが更新期間なので、その日は確かに彼の誕生日より1ヶ月以上前でしたよ。気が付いてやれよ、という声もあるでしょうがしかし。成人してるんだぜ?

本人曰く、

誕生月の前の月の初めから誕生月の終わりまでできるって思い込んでた。受付窓口で指摘されるまで全然気が付かなかった。

そうですが。ちゃんと書類は舐めるように隅から隅まで読みましょうね。何度もね。きっと次回には生かされると信じたいが。色々下調べとかしっかりする割に、妙なところで抜けてるんだよねぇ。この辺は場数でしょうか。

やっぱり、学生ということで、比較的時間に余裕があり、やり直してもあまりこたえない、というのが大きいような気がします。このタイプのミスって自分でやると痛恨すぎてしばらく立ち直れませんが、昔はもっと頻度高かった気はするし。タスク管理でカバーできるようになったのごく最近だし。

何事も経験と場数。と唱えて、手は出さないいぞ〜lと誓うのでありました。