天職の舞台裏

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

朝のタスク順を見直す

今週の目標は、ガタガタになった諸々を平常に復帰させる、です。ガイドはもちろん「たすくま」で、ちゃんとガイドに沿って暮らしていれば最適な生活になるものを色々目が眩んで?先送りしたり時間を守れなかったりしたために崩れてしまっている状態。時々こういうていたらくになりますね。。

こうなると体調にも影響が出てきまして、過食気味になるためダイエットどころか体重は増加するし、就寝が遅くなって運動不足になるため体中凝りまくるし、という状況です。こんな肉体環境?で冴えた頭脳労働はできません。とりあえず、非常事態宣言して仕事を絞ったので、はみ出していた分をひっこめて、生活ペースを戻すことにしました。

まずは、残業や持ち帰り仕事で活動が夜にシフトしてしまっていたところを改善。就寝時刻を戻して、朝の活動開始時間を確保するところからです。私の平常は、朝にほぼ自分のための活動が集中しているので、夜にシフトすると朝起きられなくて全滅する宿命になります。睡眠時間が削れない(日中気持ち悪くて活動できない)ため、必ずそうなってしまう(身体のためにはよいのでしょうが)。

最適な一日は朝5時から活動開始なのですが、ここ数週間は5時台に起きられたことがほとんどなく、結果、朝ウォーク30分が削られる日が多くなっていました。このせいで、マッサージに行っても解消しない肩凝り状態。まずはここから、と、久しぶりに(多少遅れたものの)予定時刻の6時半頃に朝ウォークに出かけたところ、

暑い。

日差しがまぶしいし、気温も既に相当高くなっています。よく考えたら、朝ウォークを始めたのは冬のさなかで、同時刻で「日の出ウォーク」だったのでした。もうすぐ夏至ですから、随分環境が違います。

backstage.senri4000.com

元々この時刻にウォーキングを設定していたのは、朝の目覚めの活動が一通り終わって一段落するから、という理由ですが、なによりこれ以上前だとまだ暗くて寒かったからというのが大きかったように思います。朝の目覚めの活動は、2階の寝室から階下に下りて、洗濯(干す)、食洗機の食器を片づけてお弁当・総菜をつくる、軽く朝食を取る、ラジオ体操までで、約1時間ほどになります。ここまですると活動で目が覚めるので、自室に上がって出勤支度に入り、着替えてPCに向かう(日記をつけたりEvernoteのInBox整理をしたり)という流れです。もともとそういうタスク順になっていたので、1階の活動と2階の活動の間にウォーキングを差し込んだ格好ですね。

で、あまりに暑かったのと日差しが痛かったので、ウォークを朝一番タスクに持ってきてタスク順を見直すことにしました。この季節だと、帰ってくるとシャワーもしっかり浴びたいし、すると、着替えが先に来ることになり、などと色々触ってみて、試行しています。

冬の朝よりも夏の朝の方が活動している人の量が圧倒的に多いのですが、さすがに7時前と5時過ぎでは随分様子が違います。人出の少ない中、快適にウォーキングやジョギングを楽しむことができました。帰宅してからも割と調子よくタスクがこなせたので、しばらくこれで行ってみます。

Rayを足首につけてみた

そろそろ導入から1年になるMisfit Rayです。大した不満もなく、気に入って24時間装着しており、きっと今後も使い続けることでしょう。

backstage.senri4000.com

だいたい3ヶ月程度で電池が尽きるということがわかってきたので、予備の電池を常備しています。夫も使用しているので、その分も加味して在庫を。なにしろ突然死亡してしまうので、そのときに手元にないと困ります。

ということで、先日Amazonで予備電池の購入をしたのですが、その際、一緒に買いませんか的なお勧めで出てきたパラコードセットを衝動買いしてしまいました。

Rayは8gの重さしかなく、他の活動量計に比べて私的には絶対的に優れているのですが、それでも手首につけていると重さで痛くなることがあります(本当に左手首が虚弱で。右にはあまりしたくないし)。かといって、腕時計と違って外していたら意味がないのでなんとか我慢して過ごしているわけですが、パラコードに付け替えれば足首につけることができるらしい。

購入したものの、付け替えのガイド図が例によって私には意味不明だったため、しばらく放置していたのですが、ここへきてまた手首の調子が悪化しているため、思い切って付け替えました。

最近は動画で案内してくれるのが定着しているので、検索して何度か視聴し、さすがに理解できましたが、だからといってすぐできるほど簡単ではなかった。なにしろ交換すべきバネ部材が本当に小さいのです。治具がついているのですが、これを使って外すのは問題ないけどはめるときにいったいどうやったらバンドと本体を固定しつつ治具に持ち替えるのができるのか結局理解できず、指先と爪を駆使して乗り切りました。

【MISFIT】 RAY(レイ)バンドの交換方法

よく手元が見えないので、遠近両用メガネを外して、手元を明るく照らした上でしばらく悪戦苦闘しましたが、なんとか取り替えられて一安心。

足首装着は、多少の違和感はあるものの、手首ほど苦にならず、良い感じです。Misfitアプリ内のデバイス装着位置を「手首」から「靴」に切り替えて数日暮らしています。

ただ、足元だと当然LEDは見えませんし、どうもバイブレーションがうまく効いていないのか通知がよく分からない。電話やメッセージの通知はそれなりに重宝していたので多少不便です。まあでも通知が重要なときは手首に付け替えればよいので良しとします。

5/15~5/21 今週のまとめ (2017-W20)

ついに30度を超え、真夏日の到来です。「ああ、今年もまた夏がやってくるのね~」と思いますね。当地の真夏は基本猛暑日なので、こんなものでは済まないのですが、秋・冬・春と過ぎていると身体は忘れているので、5月に真夏日を迎えると、ある種覚悟する感じがします。

一度仕事の状況もまとめてエントリにしたいと思っていますが、絶賛引継ぎ進行中で、株主総会本番まであと1ヶ月を切りました。それが終われば落ち着くかと言えば、落ち着いていたらまた来年同じように手戻り多く酷い目にあるのは明らかなので、それまでの間に仕組みを作りたい。といか、作らないとこのまま非常事態が常態になってしまうので、腰を据えて自分リソースを投入します。

ということで、期間限定(のつもり)で、非常事態モードに移行。あれこれ手を出していた外部活動は基本すべてお断りを入れ、体制を変更し、秋から予定していたオーケストラ活動も今回はお休みを頂きました。

一方で、見通しを付けるためには大量のタスクをある程度集中して短期間に回してみるのが最も有効なのですが、やり過ぎると体調に影響が出ます。そろそろ出てきているので、その他の活動を上記のように減らすことで、通常ペースに戻せるように調整を始めています。

今週のエントリ

割と頑張りました。バックデートせずに更新できた日が多かった。もう1~2本書きたかったのですが、追いつかず。

5/15(月)

backstage.senri4000.com

その後毎日、通勤も普段使いも持ち歩いております。例外は、食品の買物のときだけですね(買物のときは、エコバッグとしてアウトドア用リュックに)。お弁当持参もしてみましたが、マチがしっかりあるので、そこに入れてちょうどよい感じです。さすがにお弁当とiPadを入れるとずっしり来ますが、なんとか許容範囲。

5/17(水)

backstage.senri4000.com

週に3回のバイトでスーツ着用。でも、手持ちのスーツは入学式のときに買った1着しかなく、カッターシャツは2枚。とりあえず、シャツの洗濯とアイロンは週末纏めてというわけにいかず、先日出張移動中のところへ「アイロン台ってどうやって固定するの?」などという電話が入りました。この先もう少し涼しいシャツとかスーツとか必要になるのだろうか?

5/18(木)

backstage.senri4000.com

実践中の係長自身の業務見直しが進んでいるようです。たっぷり時間をかけてやりたいこと、効率化すべきことの切り分けが難しいですね。「重要性の原則」と「神は細部に宿る」の兼ね合いというか。

今週のインプットメディア

仕事のインプットに注力、合間にリラックスのための再読という感じになってます。

初読の本

役員のための株主総会運営法〔第2版〕

役員のための株主総会運営法〔第2版〕

「商事法務フェア」がされていて、見かけて即購入。こういうのができるのがリアル書店のよいところですよね。翌日会社で読了しました。担当向けでなく役員向けということからか、分かりやすく腹落ちしやすいものになっており、ありがたいばかり。

決算早期化が実現する7つの原則

決算早期化が実現する7つの原則

先週購入した下記の書籍と並んでいたので同時購入するか迷ったのですが、記載が重複している感じもしたので見送りました。下記を読了してから上記は電子版が出ていたことを発見し、電子で購入して読了しました。

「経理の仕組み」で実現する 決算早期化の実務マニュアル〈第2版〉

「経理の仕組み」で実現する 決算早期化の実務マニュアル〈第2版〉

そして、開示の全体像を見るには、と探していて、「財務報告実務検定」に行き当たり、その公式テキストを購入してぼちぼち読んでいます。

再読本

その他のメディア

のきばトーク43

「洗い出し」のすっきり感の話から。まだ聞きかけです。

朝メール夜メール試行中

小鳥遊さん『似非タスクシュート』実行を興味深く見守っています。こちらの記事で紹介されているツールは、小室淑恵さんの朝メール夜メールを参考にしているとのことです。以前、@人事に記事が掲載されたときに、これは使えるかも、と思って部下の課長・係長に展開しました。詳細は、こちらの記事がわかりやすくまとまっていると思います。

食いついてきたのは法務側の係長で、是非やってみたい、自分が効果をまず実感したいので、先行してやらせて欲しいということで、私宛に朝メール夜メールを入れてもらっています。私自身も共有のイメージが湧くように(毎日できなくて歯抜けになりがちですが)、送っています(たすくまのリストと記録を適宜バインドして転記しています)。

f:id:senri4000:20170518190652j:plain

悩まれるのはやはり仕事時間の見積りのようで、朝あれもこれもやりたいと思っていても時間に区切って落としてみるととてもできそうにないことが朝メールを書く時点で既に判明することもあれば、モリモリの計画を立ててみたところ、夜メールの報告では実際の時間がかなりかかってしまい、積み残しになったということもあります。割込みが発生したせいで予定通り進まないことも、これまた「あるある」で、頻発しています。

今日のひとことで、その日の思いや1日終わっての所感を書くことも、今まで頭の中にぼんやりあったことが可視化されて良いようです。仕事や仕事の進め方に対する彼女の意気込みが直に伝わってきて読むのが毎日楽しみです。

副次効果として、実際毎日何をしているのかが見えやすくなり、ちょっとした疑問も解消しやすくなりました。ベースが共有されているので、相談にも来やすいようで、細々とした報告が増えて様々なレベルで進めやすくなっています。これまで週1の係内ミーティングの後で時間をとってまとめて話をしていたのですが、そこで改めて時間を取らなくても済んでいます。

この後は、係内の若いメンバーにどう展開していくかということで、導入にあたっては、個人の仕事の進め方を一対一面談でヒアリングし、導入への感触を見た上で目的設定をし、1ヶ月程度お試し期間で導入することを考えています。記録すること、毎日メールすることは、多少の面倒感が伴いますし、始めてみないと効果が実感できない類のものなので、ある程度は強制的にやってみないと難しいのですが、幸い年度の行動計画も立案中(ちょっと遅くなってますが)で、導入しやすい時期でもあり、また、メンバーが全員若く、業務経験もまだ数年なので、割と未知のことにも抵抗がないのが幸いかな、と思っています。

バイトも職住近接

息子1号の話です。

昨年大学に入学して、自動車学校も終了した頃にアルバイトを始めました。初めてだったので勝手もよく分からず、できそうなものを選んだのが、公文の教室での採点のアルバイトでした。教室が少し離れた場所にあり、電車の駅からは遠くないものの、大学からも家からも遠いのが案外ネックになったのと、何しろひたすら量をこなさなければいけない内容に多少嫌気がさして徐々に減らしてこの4月で辞めました。

そこで探したのは、できるだけ近場の塾講師の口。最近は個別指導塾も増えているからか、かなりの募集があるようで、いくつかピックアップした中で決めたのが自宅至近というか最寄駅のすぐ側にある個別指導塾です。

f:id:senri4000:20170517231008j:plain

塾のバイトなので夜間が多く、始まりは19時半とか20時とかだったりするのですが、ここだと大学から帰宅して(なんなら晩ご飯済ませて)着替えて出かけることができ、事前の準備もしやすいようです。スーツ着用義務があるので着替え必須なのですが、大学から直行だと着替えの悩みがありそうですよね。

個別指導塾ってどういう進め方をするのだろうと疑問だったのですが、個人の希望に合わせてテキストを決め、それに沿って授業をし、質問に答え、問題を解かせたりしていくようです。従って、その回にどういう授業の進め方をするのかの計画は立てて、それなりに予習をしていく必要があります。

話を聞いていると、思った通りに進まなかったとか、自分では思いもよらなかったところで引っかかって質問にうまく答えられなくて時間がかかったとか色々あるようです。が、話を聞いている限りとても楽しそう。本人も、教えるのが好きだから塾講師のバイトがしたいと言っていただけに、楽しいそうです。

面白かったのは、

昼寝してたら塾の開始時間を30分過ぎて目が覚めて「やばい全然用意してないよ〜」と焦っている夢を見た

そうで。大学から帰ってきて数時間 空きがあるとつい昼寝をしそう、そうすると起きられないかもしれない恐怖があるので、そのまま夢に出たのだろうというのが本人の分析でした。わかりやすい〜。そして、こいつ、私にソックリだわ(苦笑)。気になっているところがそのままストレートに夢に現れるんですよねぇ。

まあ塾の前に昼寝はしないように頑張ってください(笑)。

anelloミニリュックを買いました

何度もこのブログ・旧ブログで書いているのですが、鞄はすべてリュックにしていまして(腰痛持ちのため…)、ここ10年ほどは、カナナのリュックを複数購入して愛用しています。ここ最近の通勤かばんは、お弁当持参日はピクニックリュックで、そうでないときはA4対応のアクティブリュック系(廃番になってしまったようですが)をメイン使用してきました。

どちらも気に入っていたのですが、A4書類、A5の手帳とノート、化粧ポーチ、ペンケース、ミネラルウォーターの330mlボトル、折り畳み傘が常時入るため、かなり満杯。最近日差しがきつくなってきて、去年傷んで処分した全天候型傘の代わりを購入したところ、しっかりしたタイプにしたので鞄に入れるのが辛くなってきました。

また、普段使いには、初代から愛用しているカナナリュックを使っていたのですが、こちらもかなりくたびれてきている上、山形のために書類が入れにくいのが時々気になり(普段でも書類が入れたいことは多い)、さらにここへ大型の折り畳み傘は難しくなってしまいました。

ということで、(私にとっては)大型の折り畳み傘が難なく入り、A4書類が曲がらずにキープできるバッグとして、最近人気爆発中のanelloのリュックを物色。かなり模倣品が出ているらしく、注意喚起の記事も見かけたので、店頭で確認したいとかも思ったのですが、あまり近所に取り扱っている店舗がなさそうで、断念し、さらに、大小でとても迷ったのですが、ミニサイズでもA4が入るとのオフィシャルショップのコメントでこちらに決定。ちなみに購入したのは楽天のこちらのショップ(スロウファイン)です。

小物は赤、と決めているのですが、リュックは小物というには多少大きいこと、これを赤にしてしまうとかなり目立つことでもう少しくすんだ色を狙ってダークオレンジ(店舗によってはディープオレンジと表記)にしてみました。が、届いた現物を見るとどう見ても赤だよねこれ(笑)。

届いた翌日から使い倒していますが、しっかりA4が入り(ジャストサイズ)、口金シリーズでカパっと広く開いてマチがしっかりあるため収容力が高いこと、脇のポケットが案外しっかりしていてそちらにボトルと傘を入れても落ちにくいことなど、大変気に入って使っています。先日は、翌日帰るだけの宿泊出張に下着の替えだけ持って出たのですが、その際もこちらの底に詰めてOKでした。驚異の収容力で、また、生地が軽いせいか詰め込んでもあまり重さが気にならないところもGoodです。

すっかり通勤も普段使いもこちらになっている昨今、旅行のサブバッグもこれでいけそうで、手持ちの傷んだバッグは処分してもよいかもしれません(さすがにもう少し様子見ますけど)。

ご機嫌報告でした~。

5/8~5/14 今週のまとめ (2017-W19)

日中暑く、冷房が入り出して調整が難しくなってきました。かと思うと雨が降ってグッと下がってみたり。5月を実感。

GWが終わり、仕事の方は色々佳境です。どうやら引き継いだ業務はとても大きな一連の業務の最下流の一部だということが分かってきて、手戻りの多さは各ストリーム間の引き渡しがうまく行ってないせいだろうというところまで見えてきました。

あまりよくない状態であることは分かったので、なぜそれがよくないのかの把握と、あるべき姿の設定と、そのギャップを埋めるための施策の立案に行くわけですが、広がりが膨大なのとこれまで縁がなかった分野なので自分の知識を並行してつけていく必要があり、自分リソースの投入量を大量に要求される状況になっています。

とはいえ、他にも抱えている実務はあるし、組織の運営はあるし、こればかり1日中やれるような贅沢な環境でもないため、遅々として進まない感に苛まれ、「もっと仕事がしたい」と叫ぶ毎日に。いやこれ以上つっこんだら身体は壊れるし生活も荒れるしいいことないんだから、と自分でつっこみ入れるものの、欲求不満状態ですね(苦笑)。

プレッシャーも強くかかっているので、蕁麻疹が再発しており、帰宅しても結局家から接続して仕事することが多く、就寝が遅くなって結果運動不足で全般に凝りが酷くなっています。なぜそれでも仕事したい気持ちが強く出るかなぁ>自分

日記のダイエットメモ欄を見ると、毎日食べ過ぎと書いてあって苦笑するしかありません。ストレスきつめになっているので、毎度のことながら飲み食いにはけ口が向かう傾向にあります。仕事上のストレスが激しいときは業務量が増えているときなので、夜が遅くなり、その際口寂しくなってしまうという循環にあります。。。

その他、休み明けに体調を崩して2日間お休みした息子2号の将来はどうなるのかかなり不安になり、これもストレスの一因になっているのでは、と思います。欠席日数が規定を上回ると内部推薦がもらえなくなるのですが、付属校に行ってるのに外部受験扱いで入れるわけが(受験勉強してないし)・・・。病欠も欠席日数に普通にカウントするという学校側の姿勢にも疑問がありますが、そこで争っても勝ち目はないでしょうから、ダメだった場合の覚悟だけ決めておくか、などとぐるぐる考えたり。

週末は、先週に引き続き実家に行き、スチール家具を粗大ゴミに出す準備に精をだしました。前回訪問時に父の状態があまりよくない感じがしたのですが、今回は自作した台の解体をドライバーや金槌を使って進めており、こうした手を使う仕事ってできなくなったりしないんだなぁ、と傍から見ていて思いました。昔取った杵柄がよい刺激になったのか、よい顔つき・目の感じに見えました。とはいえ、スタミナなくなっているので、少し継続して作業をすると消耗してぐったり、なようですが。

今週のエントリ

書きたいことはいくつかあったのですが、まったく時間が取れず、1週間経過してしまいました。記録のためにブログは書き続けたいものの、かなり厳しい状況です。

今週のインプットメディア

初読の本

国際特許管理の日本的展開 -- GEと東芝の提携による生成と発展

国際特許管理の日本的展開 -- GEと東芝の提携による生成と発展

休み中から少しずつ読んでいます。興味深いんだけど、読み飛ばすタイプの書ではないので、なかなか進まず。

下記2冊は、出張帰りに書店をはしごして仕事関係書籍を物色し、買い込んで週末に読了(ちょっと悲しい感じが)。

「経理の仕組み」で実現する 決算早期化の実務マニュアル〈第2版〉

「経理の仕組み」で実現する 決算早期化の実務マニュアル〈第2版〉

コンプライアンス・内部統制ハンドブック

コンプライアンス・内部統制ハンドブック

上記は、「ハンドブック」なだけあって、実務を進める際に何度も参照することになりそうです。発行が予告されてから熱望していたのですが、期待に違わず素晴らしい。

日本の近代とは何であったか――問題史的考察 (岩波新書)

日本の近代とは何であったか――問題史的考察 (岩波新書)

ウィッシュリストに入れておき、書店に行くたびに探していてようやく見つけました。まだ読み始めたところですが、大変面白そう。

再読本

ふと、読み返したくなり、何度目だ?と思いつつ、全巻再読。毎度思うけど会話(発言)がいちいち深いと思う。

その他のメディア

のきばトーク42

欠かさず聞き続けて1年、リスナーとしても感慨深かったです。1周年とは関係のないところで、最後の最後の倉下さんのコメント(割り込みと脱線の類似性)が非常におもしろかった。