天職の舞台裏

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

桜の開花宣言 2017

生活雑感

気がつけば3月も月末週です。

自分が子どもの頃は、桜といえば4月初めの入学式シーズンが盛りのイメージで、当地の開花宣言も4月に入ってからの年も珍しくなかったようです。ここ20年ほどは、ほぼ3月の20日~月末に開花、花見のベストは3月末の週末であることも珍しくありません。

気象庁 | 生物季節観測の情報

自分のここ2年程のブログ記事でも、4月の最初の週末では既に満開を過ぎていたり。

桜 2016 - 天職の舞台裏

桜2015 - 天職の舞台裏

それが今年はずいぶん開花が遅く感じます。朝ウォークで桜並木の川沿いに出かけているおかげで、例年より観測が頻繁にできるのですが、ようやく花をつけている木を1本みつけたのが3/28。こちらです。

気象庁の開花宣言も同日だったようです。例年に従って、このあたりはライトアップの準備をしていたようで、翌日朝行ったら機材が置いてありました。が、まだライトアップはできそうにありません。

しばらくは桜観測のウォーキングが楽しめそうです。ということは、週末であっても朝早く行かないと混雑するということですね。翌日3/29はこちら。少し花の量が増えましたし、花が咲いている木の数も増えていました。

新聞購読2ヶ月経過

インプット

2月から新聞の電子版の購読を始めてそろそろ2ヶ月が経過します。 

backstage.senri4000.com

 朝出かける前の「支度」タスクの中で2紙分をダウンロードしておき、通勤のバスの中で読み切ります。事情でバスでなく電車で出勤することもママあるのですが(一番多い理由は雨で、次が寝坊です)、その場合は、会社に着いてからの時間を使って読んでいることが多いです。また、出張が入っているときは、移動中の新幹線車中で読んでいることもあります。 

こんな感じで、ウィークデイの新聞購読はほぼ習慣化しました。週末はタスクリストが異なるためか、同じように取り組むのが難しいようで、読まないこともよくありますが、あまり気にしていません。紙の新聞を取っていた頃よりはずっと読む量と頻度が増えたのでよしとしています。 

おすすめに従って、1紙ではなく2紙を購読し、ほぼ毎日連続して読んでいます。取り上げられている大きなニュースは共通していることが多いですが、取り上げられ方は微妙に違うこともありますし、片方が日経なので経済系・ビジネス系のニュースで大きく取り上げられているものが朝日には見当たらないということもよくあります。比較できるのは面白いですね。 

新聞のトーンとしては昔から朝日が好きなので読んでいると落ち着くことはありますし、一方で、サラリーマンをしていると、今日の日経に載ってた云々というのは頻繁にありますので朝のうちに目を通しておくメリットもそれなりに高いです。まあ自分にとってはよい取り合わせなのだと思います。 

それにしても、しばらく新聞を停止していた間はニュースのインプットが相当偏っていたことが実感されます。特に経済系でない社会系のニュースや海外のニュースは興味が高くなく、自ら取りに行かないのですっかり疎くなってしまっていました。継続して読むようになって、ようやく最近なにが起こっているのかぼんやり分かるようになりました。また、気になるキーワードなど、その場で検索したり、関連書籍を読む機会も増えました。いい流れになっている気がします。 

電子版が便利なのは、後で読み返すかもと思った記事が簡単にクリッピングできること、連載記事などを読み飛ばしていても後から追いかけるのが簡単なことでしょうか。なにより古新聞を纏めなくてよいというのはもちろんですが。

iPad miniからiPad に代えてまだ数日ですが、一応、紙面全体がなんとか読める大きさになりました。特に、見出しは全部が一気に目に入るので、この記事気になる、これを読んでおこうと思ってその後拡大して読むまでのスピードが上がり、読了までの時間が短縮されたように思います。詳細を読んでいる記事の数はあまり変わっていない気がするので効率化ということでしょう。

ということで、うまく習慣化されました報告でした。このまま継続していくと思います。

3/20~3/26 今週のまとめ (2017-W12)

レビュー

もう3月も終わりに近いはずなのに、なぜこう朝晩寒いのでしょう。そしてまた花粉の飛散も激しくて、風邪をひいたかと思うほどに頭が重かったりします。

本番の前あたりからどうも生活ペースが狂っていて運動不足が続いています。ずっと腰が痛かったので、勧められて「腰痛これだけ体操」を実践してみているのですが、こちらは効果がありそう、と思ったところ、他の部分がストレッチ足りていないらしい(汗)。

気候のせいなのかどうか分かりませんが、去年や一昨年に比べて季節の変わり目で眠いという感じはありません。まだ寒いので身体が冬仕様のままなのかしら。とすると、4月に入ってから来るのかなぁ。。

昨年秋からずっと予定が合わずに実家に行けていなかったところ、ようやく週末に行ってきました。この数ヶ月の間に「えっ」と思う変化があったりもして、色々対応を進めていく必要が待ったなしという感じです。今回は妹と一緒に行ったのですが、プロジェクト化してWorkFlowy共有して書き出すようにしてみたり。話が発散して終わらないので助かりますが、あれもこれも手をつけないといけなさそうで重くてぐったりしそうです。いやはや、相談できる相手がいて良かったです。

今週のエントリ

3/20(月・祝)

backstage.senri4000.com

息子たちはともかく、私自身のスキーシーズンは終了です。今年は積雪量が多い上にまだ近隣のスキー場でも降雪がある気候なのですが、予定通り今週末で営業終了するところが多いらしく、「全面滑走可能なのにもったいないよねぇ。」とぼやく息子2号でした。とはいえ、春休みに行ったところはどこもかなり空いているようでしたから、3月末や4月になってからスキーに行こうと思うのはガチでやる人だけだと思います、はい。

3/25(土)

backstage.senri4000.com

そして、用済みになったiPad mini2は、夫に下げ渡し予定です。ちゃんと新しい状態にリセットして、家のWiFiセッティングだけ入れて引き渡します(といいつつ、ちょうど海外出張中なので予告だけ)。

今週のインプットメディア

しばらく個人的読書はお休みで、株主総会関係の集中インプットに追われそうです。とはいえ、今週は物色しているだけで終わってしまいました。

初読の本

インテリジェンスの最強テキスト

インテリジェンスの最強テキスト

読み始めました。一気に読みたいのですが、なかなか他との兼ね合いで時間が取れません。残念。

腰痛はもう怖くない 3秒から始める腰痛体操 (NHKまる得マガジン)

腰痛はもう怖くない 3秒から始める腰痛体操 (NHKまる得マガジン)

紹介されて、腰痛これだけ体操実践中です。

その他のメディア

のきばトーク、配信から自分が聴くまでの時間がだんだん伸びている気が(現在1週遅れでなんとか)。最近はすっかり台所仕事の友になっています。

のきばトーク36

iPad Pro と Smart Keyboardを導入

ガジェット・小物

廉価版?

3月に新しいiPadが発表になると随分前から噂されていて、10日?17日?と待っていたのですが、発表になったのは21日でしたね。

www.appbank.net

スマートキーボードは?

期待と違ってAir2の方の後継でしたが、値頃感もあるし、これでいいかな~と思ってスペック確認していたところ、もう少しで予約するというところになって気がつきました。

スマートキーボードが付かない。

スマートコネクターが付くのって、Proだけなんですねぇ。そして、今私が求めている用途には、軽くて薄いキーボードが必須です。できるだけ、iPad 本体も薄くて軽くないと、普段の通勤の友には辛い。使っている方のレビュー記事などを読んで、スマートキーボードなら行けそうと思っていただけにショック。

実は今週出張に連れて行ったiPad miniで、Ankerのキーボードの「T」のキーが効かなくなってしまい、入力が面倒なこと。これはもう買うしかない!と思っていたんですよね。これは困った。

1時間ほど考えて、結局iPad Proをキーボードとともに買ってしまうことにしました。結果的に、キーボードも合わせると値段的には当初のiPadと比べると1.5倍では収まらない結果になってしまいましたorz

ちなみに友人にその話をしたところ、「それって、安いノートパソコンなら半額くらいで買えちゃうよね?」と言われたのですが、私がPC買うとなったらそれではガマンできずにきっとLet’s Noteのフルスペックとかに行ってしまうので、さらに高くなってしまうので(ボソボソ)。。

ローズゴールド128GB

ということで、出張帰りに駅近くのビックカメラに行って現物を確かめ、128GBのローズゴールドモデルをお買い上げ。しかし、同時に買おうとしたらキーボードが在庫なし、ということで、結局オンラインで購入してアップルストアまで引き取りに行きました。でもなんとか数時間のタイムラグでその日のうちに全部揃えました(その間別の用事があったので)!

復元失敗

帰宅してからiTunesにバックアップをしようとしたところ、バックアップファイルが作成される度にウィルスが発見されましたとウィルスチェッカーに削除されてしまい結局断念。iCloudのバックアップから復元したところ、今度は大昔のAppleIDのパスワードを求められて止まらない(泣)。

セキュリティがどんどん厳しくなっているためか、以前のIDでのパスワードが求められて困るというのはサポート情報も上がっています。

support.apple.com

このサポートに従うと、以前のIDにいったん変更した上で、サインアウトするという方法のようですが、私の昔のIDって、AppleがIDにメールアドレスを強制するようになる前のものなので、メールアドレス形式でなく、現時点ではこれに変更しようと思っても無理なんですね。

これは復元を諦めて、まっさらなところからアプリを入れ直した方がいいかなぁ、と思いつつ、それでも原因が不明なのでは、新しく設定しても同じエラーがでないとも限らないので、心配です。サポートページから、症状を入力して、サポートから指定時間に電話を入れてもらうことにしました。

指定時間に電話をくれたAppleCareの係の人に説明すると、数分で調べてくれた結果、おそらく、昔のIDで購入したアプリが残っていて、そのためにパスワードを求められるのではないかということでした。その時代のアプリを削除すれば出なくなるだろうという話でしたが、今となってはどれがその時代のものかはっきりしません(とほほ)。

新しいiPadとして出発?!

ということは、工場出荷状態に戻して、新たにアプリをインストールしていけばよいですか?ときいてみたところ、それであれば今のIDと紐付くことになるので、確実、との回答だったため、すっぱり諦めて、今使っているアプリだけインストールすることにしました。ずいぶん長いこと使っているので、古くなって使わなくなったものも相当数ありますし、いい機会かもしれません。

というすったもんだの結果、多少時間がかかりましたが、無事にまっさらな状態から必要なアプリをインストールしまして、落ち着きました。件のパスワード要求も出なくなって、ほっ。

数年前は、復元よりも新しい方で乗り換えが推奨されていたような覚えがありますが、最近は復元で難なく新しいのに乗り換えできるようになっていたので、久し振りのトラブルでした。

新しくインストールすると、アプリごとのIDとPWの入力の嵐になり、そして久し振りなのでその情報がうまく記録がなかったりして多少混乱があったりしたのでした。まだ起動していないものもありますが、概ね日常使うアプリについては設定済みました。

まだ、キーボードとカバーの関係がよく理解できていなくてもたもたしていますが、徐々に慣れていきます。少なくとも、新聞には、画面が大きいのは便利!

斑尾高原にスキー

生活雑感

春分の日の3連休、斑尾高原に家族スキーに行ってきました。気候はすっかり春を思わせる時期ですが、時々寒さが戻って先週は降雪も記録されたりしていました。今年は積雪量が多いので、当日相当気温が上がったとしても、もちこたえるだろうと想定。

途中の長野道・上信越自動車道は、下りるインター(豊田・飯山)までほとんど残雪がなく、多少不安になったのですが、さすがに近づくと路面にも、路側にもまだしっかり残っていました。

となりのタングラムスキーサーカスは10年ほど前に行ったことがあるものの、斑尾高原は全く初めてです。今回は、夫の仕事上の知人が退職後にスキー関連ビジネスを始められたとのことで、外国資本・外国人向けの宿(Active Life Madarao)を紹介頂いたのが縁で行ってみることに。

土曜の昼ごろ到着して、ランチはどうすると言いながらずるずる進んでいたら結局到着してしまい、人滑りしてからゲレ食になりました。広いバーンの初級・中級斜面が多く、雪の状態も悪くなく、おまけに前日に息子2号が私の板にもワックスをかけてくれていたので大層滑りやすくて満足。晴天で、見晴らしも素晴らしかったです。

このスキー場は林間の非圧雪コースが開かれているツリーランが売りのようで、あちこちに入口がありましたが、さすがにこの時期になるとパウダースノーというわけに行かないので、今一つ、次回は是非パウダーの時期(2月ごろ)に来たいというのが息子2号の弁でした。

英語しか通じなかった宿は、快適な滞在でしたが、3月に入ってスタッフの数をぐっと絞り込んでいるようで、あちこち手が回っていない感がありました。食事はシンプルなコースミールで、きっと若い男性には少ないだろうな~。

最終日の午前中もがっちり滑っていた夫と息子2号、のんびり過ごした私と息子1号でした。さすがに連休最終日で渋滞に遭い、往路よりも復路は時間がかかりましたが、運転手3人だとかなり楽ですね。

正月休みに負傷休場していた息子2号ですが、この3連休で今シーズン滑走日数は23日だそうです(@_@)。さすがに平日に行けるほど近くないので50日は難しいでしょうがGWまで滑る気満々なので、40日くらいは行くのかもしれません。

3/13~3/19 今週のまとめ (2017-W11)

レビュー

春に向かって徐々に気温が高くなっています。とはいえ、行きつ戻りつ上がっていくので、時々戻ってグッと寒くなり、それが出張日に当たった水曜は震えていました。

本番が終わって気が抜けたのか、生活時間に余裕ができたはずが就寝時刻が遅くなる傾向にあり(もっとも、今週は日帰り出張が2日間あったせいでペースが組みにくかったということもあるのですが)、そのままさっぱり朝が起きられず(眠りも浅い傾向にありました)、運動不足で終わりました。

週末は月曜の春分の日までの連休で、スキーに出かけましたが、これは改めて記事を書こうと思います。運動量という面で行くと、私がちんたら滑っている程度ではまったく運動にならないんですよね。息子2号のようにガンガン上級コースをトレーニングバリに行けば別ですが(倒れ込みそうに疲労してました)。

仕事面では年度末に向かって諸々整理に入っていますし、成果も出しつつありますが、同時に来年度の変化も色々予告されており、ハードなスタートになりそうです。ここまでのインプットの整理を終える前に次のインプットをする羽目になって困惑。

今週のエントリ

上記のような状況だったせいなのか、気がついたら週が終わっていました。エントリありません。。インプットに偏ったのかもしれません。

今週のインプットメディア

本番終わったこともあり、期せずしてテーマ読書になりました。

初読の本

会社法

会社法

全体像をちゃんと押えようと思って購入し読みかけたところ、急に株主総会の統括をやれと言われて慌ててスピードアップして読了しました。全体感を押えるにはとてもよい本だったと思います。が、これだけで凌げるわけではまったくないので、次は何を仕入れるべきか・・・。

親の認知症に気づいたら読む本

親の認知症に気づいたら読む本

認知症 家族を救う安心対策集 (主婦の友実用No.1シリーズ)

認知症 家族を救う安心対策集 (主婦の友実用No.1シリーズ)

出張でオアゾの丸善に出かけ、上の2冊を買いました。下の方は出たばかりらしく、山積みになっていました。レファレンスとしてよさそうです。上の方は、家族目線で書かれているのが有用かな、と。重なる記載も相当量ありますが、用途別に使い分けると良いと思います。

田原総一朗責任編集オフレコ! BOOKS この世界を知るための教養 10のキーワードですべてがわかる (オフレコ!BOOKS)

田原総一朗責任編集オフレコ! BOOKS この世界を知るための教養 10のキーワードですべてがわかる (オフレコ!BOOKS)

インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書)

インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書)

月曜をお疲れ休みにして近隣の書店に出かけたので、佐藤氏の紙の本を買いました。電子版の存在を確かめてみたのですが、おそらく上の方は新刊で、下の方はかなり時間が経っているせいで電書がない模様。たまには紙も良いでしょう。相変わらずで面白いです。手嶋氏との共著は新しいものが出ているようなので、そちらも注文。

逃げるは恥だが役に立つ(9)<完> (KC KISS)

逃げるは恥だが役に立つ(9)<完> (KC KISS)

完結巻が出ていたので購入。これも、その時点では電書が見つけられず、面倒になって紙で買ってしまいました(苦笑)。一挙に終わりまで持っていった感じですが、読後感は良かったです。家事の分担についての会話は深いな。。。

3/6~3/12 今週のまとめ (2017-W10)

レビュー

今週は、日曜日に本番を控えていて、前日が総練習というスケジュールだったので、当然ながら予定では、個人練習も総ざらえして何回か全曲全体を回しておき、不足しているところを補充するつもりでした。

が、こうした予定はままならないことが多く、仕事がなんだかあふれてしまい、振り返れば週の前半はほとんど残業していて夜の自分時間を食いつぶしてしまいましたorz。

3月は、知財側も法務側も事情でお休みが多く、そこに体調不良が重なったり、セミナーが集中してすれ違いが多くなったりして、通常量の業務負荷でも青息吐息のところ、さらに急に期限を切られて対応を迫られる、などということが重なり、とりあえず送れるものは先に送ってなんとか今月を乗り切ろう~!というのが合言葉になりつつあります。

そんな中、自分の手持ち作業と承認案件の全体が見えにくくなって取りこぼしが増えてきたので、これはまずい、と新しいツールを導入してみることにしました。導入時ってさらに時間がかかるので残業傾向に拍車をかけましたが、そこをサボると後々響くので思い切って。導入後の様子はまた改めて書きたいと思います。

今週のエントリ

3/10(金)

backstage.senri4000.com

さいきん、入力デバイスとしてあまり使い勝手がよくなくなっていて(アプリ側のアップデートが重なると、どんどんもっさりしてくるんですよね。。。)、すっかり新聞リーダーとなっているiPad mini。早く新しいiPadの発表がないかな~、と期待しています。

3/12(日)

backstage.senri4000.com

本番の後はたいそう消耗してその後打ち上げもあってぐったり疲れるので、今年こそはと翌日お疲れ休みを取りました。大正解。

今週のインプットメディア

雇用システムについてのインプットまとめを少しずつ進めています。新聞記事や雑誌の記事も目につくようになり、今までより丁寧目に読んでいます。

初読の本

問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論 (文春新書)

問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論 (文春新書)

Business Law Journal(ビジネスロージャーナル) 2017年 04 月号 [雑誌]

Business Law Journal(ビジネスロージャーナル) 2017年 04 月号 [雑誌]

「働き方改革」が旬のためか、法務系雑誌で特集をよく見かけます。この中の、「「働き方改革」を踏まえた労働法リスクの見直しと対応」という記事の中に、以下のような記載があって、深く頷きました。

いわゆる日本型雇用システムは、使用者が正社員の雇用を保障する一方、労働者はその勤務地も職務も使用者の無限定な人事権に委ねるといった暗黙の了解を中心とし、これを前提として、新卒一括採用や年功序列賃金、雇用の調整弁としての非正規雇用の利用といった雇用慣行が形成されている。

正社員と非正規雇用との格差是正など、安倍政権が掲げる働き方改革はこうした日本型雇用システムの現在の課題を的確にとらえているといえるが、これらの課題はシステムの本質から生じている、いわば不可避的な影響ともいうべきものである。したがって、これに対する改革を行おうとすれば、日本型雇用システムの抜本的なバージョンなプがもたらされる可能性がある。

その他のメディア

今週は、のきばトークがお休みでした。

「我が国の知財紛争処理システムの機能強化に向けて(案)」に対する意見募集が始まったため、この文書と、引用されている報告書を読んでいました。