天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

息子2号につきあう

ここのところ実家方面に注力していて自分の家族はすっかり後回しだったのですが、本日は息子2号に乞われてトランポリンとスキーショップへ。

今週も実は白馬さのさかスキー場でモーグルのB級大会が開かれているらしいのですが、送迎につきあってくれる運転手の都合が付かず(息子1号は試験が近く課題にも追われているらしくて断られた模様。毎回金曜~日曜では厳しいよねさすがに。)、今週は見送り。代わりに明日は近場で練習会に日帰り参加。

ということで、本日は約1ヶ月ぶりのトランポリン。そして、モーグル用のスキー板にようやくビンディングを購入できたので(当初からセットで買っておけば良かった。地元のスキーショップに去年は見かけたビンディングが取り扱われていなかったという罠)、その取り付け加工を依頼しに、そのままスキーショップへ移動。

ブーツ&ヘルメット用のリュックも購入、ついつい目が行くスキーウェアを試着(買わないって)。来週も引取りのために同じスケジュールになるっぽい。

どうやら実家の母は、毎週土曜日は1Dayでデイサービスに連れて行ってもらうことになりそうなので(本日お試しで好印象だったみたい)、今後は土曜日は自分&家族のために使い、日曜日に実家が定着しそうです。

遠足効果でリセット

丸1週間お休みしていまして、確かにメールの未読は400通と凄いことになっていたんですけれども、案外その他については仕事が山積みで大変ということもなく、大丈夫でした。

お休みの間に、通常なら私が噛まなくてはいけない承認ルートをスキップしてもらったり、正式なものは後回しにして根回しだけ先にしてもらったり、報告を後からもらうことで処理は先行してもらっていたり、部下の皆さんがしっかりやってもらえたということだと思います(感謝!)。

ということで、出社する前は危ぶんでいたのですが、当初の予定どおり、出張に出ることができました。

某所の委員会活動での出張で、もちろん仕事の一環ではあるわけなんですが、使う頭の部分が違うというか、毎度割とリフレッシュ効果があることが多いのですね。あちこち出かけるため、気分は遠足のような感じです。

で、今回も、体は疲れていたものの、メンタルなリフレッシュを狙って出張に出かけました。十数人での議論を聞いたり参加したり、数時間の会議の後には継続審議と銘打って宴会も開かれてそれに参加したり、大いにしゃべって笑ってリフレッシュができました。

仕事に邁進するのも良いのですが、やはりこうした違う刺激は大事だなと改めて思ったことでした。

別れは突然に

父が亡くなりました。

自宅での事故によるものだったため、何もかもが突然で、理解も気持ちもついていかないままにいろいろなことが押し寄せてきて溺れるようでした。

f:id:senri4000:20180118221504j:plain

葬儀までも怒濤のようだったのですが、なんとか終えて、とりあえず、一人暮らしになった母の生活基盤を整え、主な手続関係を済ませ、一旦完了として仕事に戻りました。

まだまだこの先、いろいろ控えています。葬儀が終わったところで、この先やらなくてはいけないことを大まかに書き出したのですが、大きく分けて5つかなと思っています。

まずは、1)葬儀関係の後処理(49日までにやることあれこれあります)、2)母が一人でも暮らしていけるように介護サービスも組み立て直し、生活を整えること、3)死亡に伴う各種手続(各所への届出や名義の変更など)、4)父の遺品の整理、そして5)相続。

ひとまずは、2)と3)を中心に処理をしたということですね。

当初は、突然一人になってしまった母がどうなることか危ぶんだのですが、骨折の回復も進んでいることもあってか、少し前よりもたいそう前向きで驚くほど。以前は渋っていた補聴器のお試しもやってみたりしています。

当面は、手続系・相続関係をこちらで進行させつつ、日曜ごとに実家訪問して、母の状態を見ながら、残りのあれこれを進めていきたいと思っています。

しかし、葬儀場での2泊2日にはじまり、そのまま実家に泊まったり通ったりしてのリピートタスクのない1週間を過ごす中で、すっかり「たすくま」でスタートボタンを押す習慣が失われ、仕事に復帰しても抜け漏れ激しい本日でした。そもそも5営業日も放置したのでメールは400通、不在中の諸々に追いつくのは何のタスク?状態ではあったのですが。。。

当面、日常生活を取り戻すのが目標になりそうです。

疲れてもいるのですが、やっぱり、気持ちはまだついて行っていなくて、じっくり向き合えていないな、と感じます。モツレクが聴きたいと思うのだけれど、色々引き出されそうで怖くて聴けないでいるのが自分としては象徴的なのです。。。

モーツァルト:レクイエム

モーツァルト:レクイエム

  • アーティスト: ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ベーム(カール),マティス(エディット),ハマリ(ユリア),オフマン(ヴィエスワフ),リッダーブッシュ(カール),ウィーン国立歌劇場合唱団,モーツァルト,ベーム(カール),ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2009/11/11
  • メディア: CD
  • クリック: 11回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る

2018現在の日記の形

【本】日記のすすめ|ゆうびんや

ゆうびんや(@do_mailman )さんが、昨年末にセルフパブリッシングで出された「日記のすすめ」を読みました。

log-is-fun.com

語り口がとても軟らかく、お人柄をそのまま表しているように思いました。そして、とても分かりやすい。日記に対する著者の熱意が伝わってきつつも、決して押しつけがましくないのでするする読めてしまい、やってみようかな、という気にさせる一冊です。お勧め。特に、「幸せのロングテール」と「休日終わりに憂鬱にならないための日記」が良かったです!

書いて蓄積して読み返すことで、記憶に振り回されず自分をつかまえることができ、色々な場面で役に立つことが、種々の切り口で書かれています。そうそう、そうだよね~と思いながら読みました。

自分に合った日記の形を

上記の「日記のすすめ」には、色々なタイプの日記がおすすめされており、自分に合った日記の形を試して行けそうです。

私自身、これまで色々な形式の日記らしきものを試してきたのですが、一行日記のような総括タイプは、そのときの印象に左右されすぎて(ピークエンドの法則!)、増幅させてしまいがちでした。また、日記は書き出すことで客観的に把握できるため、「感情のマネジメントに適している」反面、書いているうちにこれまた増幅されて興奮してしまったり、止まらなくなって長くなりすぎる、という性癖があり、自由に書き綴る形式はあまり向かない(続かない)ようでした。

Excelベース日記

ということで、あらかじめ項目を決めて、それをトリガーにして書いていく、それも、あまり長くならない程度のコメント形式で書いていくのが自分に合っているという結論になり、私自身の「日記」は、現在、一週間1ファイルのエクセルになっています。昨年の振り返り今年の年頭記事にも書いたように、2017年からは4つの価値観に沿って項目立てをしています。なんどか言及していますが、しばらく現物を載せていなかったので、ひさしぶりにフォームを公開してみます。

f:id:senri4000:20180108093620p:plain

また、自分の色々な状況は、天候や睡眠時間、体調や運動量といったことに大きく左右されるため、これらの客観的なデータを共に書いておき、それを見ながら思い出して書く、また、前々日やその週の他の日の日記を読み返しつつ比べてみたりして書くのがよいようです。

いつ日記を書くか

「日記を書く」タスクは平日は朝7時に壁として時刻指定、休日は壁にはせずに7~9時のセクションに配置しており、天気・体重・睡眠については当日分を、運動量やその他の項目については前日分を書いています。その日の活動を開始する前に書いてしまうのがコツで、うっかり活動を開始してしまうと、昨日どうだったかと今日どうなのかが混じり合ってしまい、書けなくなることが多いです。

日記タスクの見積時間は8分で、脱線しなければ(日記を書いているうちにタスクを思い出してそのまま突入してしまうことが、特に休日の場合は起こりがち)、概ね時間通りに収まります。

読み返し

書いた日記の読み返しは、翌日書くときにその週の分をさらっと見返しますし、週のまとめ記事を書くときには1週間分を読み返しています。その後の読み返しは基本的にしておらず、日記を週のまとめに総括し、週のまとめを月のまとめに総括する形にしていますので、読み返しはブログ記事の方で行っています。

行動ログ

日記以外にも、「たすくま」の前日ログを朝Evernoteに送っており、こちらには、タスクの終了時の一言レビューと日に数回振り返りのレビューが入っています。「たすくま」では、写真も添付しているので、情報量が多く、見返すと前日の記憶の蘇りが鮮やかです。こちらの見返しは、日記とは別に、朝のタスクになっています。以前は日記を書く前に前日レビュータスクで見返していたのですが、最近朝のタスク時間が逼迫していて足らないため、通勤時のバスの中に追いやられてしまいました・・・。このため、前日のログと日記はあまり連動性がありません。

1/1~1/7 今週のまとめ (2018-W1)

月曜始まりの2018年第1週でした。

スキー場で花火の音を聞きつつ、カウントダウンは日付が変わるまで保たず、テレビもつけなかったので、ひっそり新年を迎えて軽くおせちの朝食を頂いて始まりました。地元も寒い寒いと思っていましたが、豪雪地帯はさらに寒かったです。

毎年のことながら、年末の振り返りと年始の宣言エントリが間に合わず、仕事始めにずれこんでドタバタしましたが、なんとか週末までに追いつきました。4日から出勤というのが心理的に負荷高かったのですが、2日出て3連休ということで、実際出てみたらさほどでもなくホッとしました。

4つの価値観に沿って

1.プロフェッショナルたること

仕事始めで暖機運転です。ただ、知財の係争系が年末からいくつもアクティブになっていて、海外は年始が早いため、ちょっとドタバタ(思い出すのに時間がかかるし)。次代に繋ぐために、OJTをゆっくりしている時間がないので(これまで失敗しまくっているので)、自分が動くのではなく、標準化していくことを中心に据えてやりたいと始めてはいるのですが、手離れするところまで持ち込むにはかなり時間がかかりそうです。

そして、そういう形を取り出すと、人が抜けるという目に何度か合っていて、その予兆がまたあって困惑しているところ。

2. 心身の健康

タスク管理の状況

夜のうちに明日のタスクリストを読み込み設定するようにしているのですが、よくよくみると、デフォルトの時点で収まりきっていないセクションがいくつもある・・・。そして朝の開始が5時のところ5時きっちりに起きられたことが数えるほどしかないので、朝一番はタスクを削るところから始まってしまうのだな、と改めて思ったり。

体調管理&ダイエット

スキー自体では運動量が足らないということが再確認され、移動が長いとさらによろしくない、という年末年始でした。仕事が始まったら、慣れないせいか体中凝りまくってしまい、多少の運動やストレッチでは中々快調なラインまで戻りません。平常の基準を上げて、快適なところまで持っていきたいです。

平日の朝ウォークが1回、週末にも2回ウォーキングに行けたので、スタートとしてはまずまずです。スクワットも忘れずに継続していきたいな。日替りセールでこんな本も買いました。

死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい (幻冬舎単行本)

死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい (幻冬舎単行本)

年末年始の旅行で案の定体重は増えまして、帰宅後に必死で戻しました。2Kgの増減幅ごと下げるという目標は変わらず、このまま行きたいと思います。

3. 快適な生活

溢れかえっていた(苦笑)InBoxを空にしました。押し出されて隣で溢れかえっているActive Boxの見直しが次に控えています。その次は、保存書類箱ですね。この3つしか要らないのですが、見直さないと溢れる(不要になっているものまで停滞してしまう)ということがこの2年で分かりました。

4. 家族のQOL

4日から介護サービスも再開。母の訪問リハビリの先生が細かく気をつけてくださるようで、主治医とも連絡を密にとってもらえるし、予想以上でありがたいばかりです。

三連休、息子たちは宿泊スキーに、夫は囲碁合宿に。私は一人で書いたり動いたり。こういうお休みが増えている昨今です。

今週のエントリ

1/1(月)

backstage.senri4000.com

この記事と、2017年の振り返り記事を読み返しながら、週のまとめのテンプレート2018年版を作成しました。年頭記事を読み返さないという反省に従って、全部テンプレートに書き入れたため、なんか膨大になってしまったのですが、今年も継続していきます。

1/2(火)

backstage.senri4000.com

この記事を書くにあたって、いったい何度年末年始スキーに行っているのか確認したかったのですが、こうした記録をしっかり意識して取り始めたのが近年なので、はっきりしなかったのでした。息子1号は高校受験も大学受験2回ともスキーは止めてましたが、息子2号はそうでもなかった気がするし。。。

1/3(水)

backstage.senri4000.com

また来年も同じように続けられることを祈って。

1/4(木)

backstage.senri4000.com

年始早々、インフルエンザ感染報告がイントラにいくつも掲載されるようになってきました。予防接種は済んでいますが、手洗いうがいマスク励行ですかね。。

1/5(金)

backstage.senri4000.com

自分で集中するフローに入っている間は電池切れしないんですが、その後とか、打合せが細切れに入ってきていて集中できない日だったりすると、切れやすいんですよね。

1/6(土)

backstage.senri4000.com

母が顎にキズを作ってるのでびっくりしてどうしたのか聞いてみると、初詣に近くの神社に行ったら砂利を踏み外したのか、段差を超えられなかったのかで転んだようでした。再度骨折にならなくて良かったです。。。

今週のインプット

ウェルスダイナミクス関連

年末に受けたウェルスダイナミクスのプロファイル詳細診断について、来週末にコンサルを受ける予定にしていまして、自分の関心が現在かなりウェルスに向いています。レポート読んでもよく分からないところがあるので、書籍を繰り返し読んでみたり、動画を視聴してみたり。

才能は開ける

才能は開ける

億万長者の秘密をきみに教えよう! (中経出版)

億万長者の秘密をきみに教えよう! (中経出版)

Wealth Dynamics eGuide (English Edition)

Wealth Dynamics eGuide (English Edition)

この先向かっていくところを考えるツールとして使って行ければな、と。

労働・雇用関係

人材覚醒経済

人材覚醒経済

とくさん(@nori76)の下記ツイートで知って即購入して読み始めました。昨年初めに読んでいた雇用・労働関係のインプットに繋がります。

読み終えたら、書店で見かけたこちらを読もうかと思っています。

働き方の男女不平等 理論と実証分析

働き方の男女不平等 理論と実証分析

楽しみ読書

続刊通知が来まして、即購入して読了。

そこをなんとか 14 (花とゆめコミックススペシャル)

そこをなんとか 14 (花とゆめコミックススペシャル)

そして、しばらく新刊を忘れていた下記も。電子版に移行して継続することに。しかし、紙版出てから電子が出るのに随分間が開いてるなぁ。。紙は13巻が9月に出てるんですが。

のきばトーク

のきばトーク66

まさか1日からされるとは思っていなかったのでライブで聞き損ねました(滑っていたので難しかったとは思いますが)。

居宅改修確認

年明けはじめての実家訪問に行ってきました。

年末週に玄関前・トイレや風呂場の手すりなどの居宅改修工事をしてもらい、その前から玄関やベッドに設置するレンタル品のお試しも始まっていたので、出来上がりや使用状況の確認を。

玄関前の手すりができたことで、良い具合に、安全に出入りがしやすくなりました。また、自然な感じで仕上げてもらっており、風景に馴染んでいてよい感じです。さすがプロですね~。トイレや風呂場も両側に手すりが設置されてしっかり支えて起居できるようになりました。一安心。このあと、いったん工事費用を払い込んで、そのあと介護保険から支払を受ける形となります。上限20万円内に収まったので、自己負担なしで行けそうです。助かった。

概ね毎週末に実家訪問して書類の確認をしたり、状況の聞き取りをしたりしているのですが、年末年始はそうもいかず、2週間ぶりになりました。3日に新年会で会ってはいるものの、現場?確認はしておらず、行ってみると、やっぱり色々あったりして、通常間隔キープが大事だな、と改めて思ったことでした。

ということで、今後も可能な限り週1回ペースで通うように継続の予定です。あー、しかし来週末は早速都合がつかないのだった。。。

朝ウォークと電池切れ感

2017年の振り返り記事の中で、

理想的には、毎日5時に起き、日の出の頃に30分ほど近隣をウォーク&ランしてから1日を開始する。日中は仕事の合間を縫ってストレッチやスクワットを行う。1日の締めくくりにしっかりストレッチをするようにしたい。これができている時期は、本当に調子がよい

と書きました。書いた効果で、久しぶりに5時過ぎに起きることができ、なんと1ヶ月以上できていなかった朝ウォークに行って参りました(どれだけ久しぶりだったのか思い出せなくて、今日記を確認したら前回11/24でした。とほほ)。

あまりに久しぶりすぎて、日の出時刻のチェックが甘くて、6時半のラジオ体操の方々とぶつからない時間に出たら帰るまで日の出前でした。途中でチェックしたところ、なんと日の出時刻は7:01。今が一番日の出が遅いんですね。冬至が過ぎてもしばらくは遅くなり、そのあと徐々に早くなっていくようです。

わりと体調的にはよかったので、以前書いたようにランニングをできるだけ混ぜて強度を上げるようにしてみました。これをすると時間の短縮にもなってよい感じです。多少足首に違和感が出るのが気になりますが、歩いているときは大丈夫なので、走ったり歩いたりを繰り返し。

backstage.senri4000.com

で、これもまた久しぶりにお弁当も持参して、非常に気分良く1日を開始したのですが、まだ仕事始めまもなく暖機運転中にも関わらず、15時くらいには「電池切れ感」。そういえば、5時起き朝ウォークを習慣にしていた頃は、朝のうちのエネルギーが高いせいか凄く捗るのだけど、15時頃には疲れ果てて閉店ガラガラしたくなることが多かったのを思い出しました。

とはいえ、会社員はここで閉店するわけにもいかないので、頭脳労働以外の作業やアウトプットじゃなくてインプットなどを中心に1時間弱ほどダラダラしているとなんとか6~7割くらいまで回復したので、弱めの平常運転に戻りました。

のきばトーク66(新春スペシャル)で、倉下さんと佐々木さんが、9時から4時くらいまで仕事(執筆)したらもうそれ以上できないと思うんだけど、世の中の会社員の人たちはなぜ残業して仕事になるんだろうなどという話をされていました。残業前提で力配分しているのでは、という倉下さんの意見もありましたし、そういう面はあると思います。

のきばトーク66

が、私の場合、上記したように、いったん電池切れ起こしても、しばらくタラタラやっているとそれなりに回復してくるので、そこで再度平常運転に戻すと、今度は定時内で終わりきらなくて(勢いがついたりして)そのまま残業に突入してしまう、ということがよくあります。経験的には、夕方電池切れ起こしてから回復を待って再度サイクルを回すのは残業に陥りやすくて危険なんですよね。ちょうどノリが良くなってきた頃に定時がやってくる。

これでつい残業してしまうと、帰宅が遅くなり、次の日起きにくくて朝のエネルギーが足らず、朝から6~7割で取り組むことになったりして、そうすると今度はそれが平常になって、あんまり成果が出ないものだから、そのままなんとなく残業に突入し、それが常態になって数日が過ぎ、気がつくと毎日そういう状態になる、という恐ろしいサイクルに陥ったこともありました。

ということで、17時を過ぎたら時計と睨めっこして、時間を忘れて仕事しないようにしよう、というのが割と最近のスタンスになっています。