天職の舞台裏

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

最強旅行2018 白神山地とウェスパ椿山

今年も行ってきました、最強の仲間との旅行会。5回目の今年は、「秋田」に決定していたのですが、旅程を検討して行くうちに、タイトル通りになり、宿泊地は青森になっていました。一言で言うと、「素晴らしかった。でも、なにしろ遠かった~!」です(笑)。私にとっては初めての青森になりました。

緑の中の散策が多くでき、森林浴たっぷり満喫しました。やっぱりこういうところに住みたい!と言い、「リモートワークが要るよねぇ」と返されました。

過去の旅行記録は以下の通り。自分でも見つけるのがたいへんなので、リンク貼っています。

(1) 最強の仲間とともに - 知財渉外にて

(2) 春の『最強』旅行2015 - 天職の舞台裏

(3) 『最強』旅行2016 本番 1日目 - 天職の舞台裏

(4) 最強旅行2017 前乗り - 天職の舞台裏

去年は旅行記を妙に詳細に始めたため、終わらなかった反省があり、今年はざっくり1記事にまとめておこうと思います。

集合前の有志旅

毎年、数人は前乗りするのですが、今年は例年より金曜もお休みして入ることにしたメンバーが多かったですね。そして、個人の前乗りでなく、グループ行動になったのも特徴的。さらに、初めてレンタカーも使っみました。乳頭温泉に行った組と、盛岡からレンタカーで秋田へ向かった組みの2組。

私はレンタカー組に参加して、田沢湖・抱き返り渓谷・角館と周遊して秋田市内泊。台風の影響でずっと雨の予報だったのですが、幸運なことに移動中に雨が降り、降りて散策するときには止んでいることが多かったです。が、角館では時間が押してほぼ閉館間際に武家屋敷(石黒家)に飛び込んだところ土砂降りに遭い、駐車場までの間もかなり降られました。

翌日はそのままレンタカーで秋田側の白神山地(藤里町)へ入り、通行止めの解除を待って、岳岱自然観察教育林へ向かい、樹齢400年ブナと湿原で満開のニッコウキスゲを堪能(ちょうど満開とは全然知らず、世界遺産センターで教えてもらいました)。

東能代でレンタカーを乗り捨て、五能線リゾートしらかみに乗車。リゾートしらかみって、快速ですが全車指定席。そしてもの凄く取りにくい。発売日に行ったのに取れなくて往復路の指定が取れないんではないかとはらはらしました。どうも、キャンセルが多く出るとか、システム側の問題が多いような感じで、結局はどちらも問題なく取れたのですが。

リゾートしらかみも良かったですが、五能線自体も日本海側を走って景色が素晴らしかったです。窓も大きく取ってあって楽しめました。

本番

16時過ぎのウェスパ椿山到着で全員集合。こんなに遅い集合は初めてかも。バーベキューも天候が心配だったのですが(雨の場合はホットプレートで焼肉になる予定だったらしい)、ここでも強運発揮してやってる間はしっかり晴れてました。

その後の星を見ようとか、花火をやろうとかの時点ではぐっしょり降られたので、良いんだか悪いんだか。夕食後は、恒例のババヌキ&Jengaで盛り上がり、来年の幹事を決めました。(10人でやるババヌキはさっぱり予想がつかなくて面白いのです・・・)

もう、ここまで来ると、動ける間は毎年旅行に行き続けるんだろうな、私たち、という感じで、誰も継続に疑問を持ちません。去年も今年も10人勢揃いしてますしね・・・。前乗りの楽しさ、本番の楽しさ、どちらもGoodです。

翌日は、青森側から白神山地へ。メジャースポットの十二湖散策で、青池にも行きました。車がないので、バスやらタクシーやら駆使して、挙げ句相当歩いてみたり。楽しみました。緑が麗しく、しばらくここに留まりたい、とか一人で思っていましたが、なんとスニーカーの底が剥がれてしまい、レジ袋(小)で包んで歩く羽目になりました。うーん、スニーカーじゃなくてトレッキングシューズにすべきだったか・・・。

最後に再び十二湖駅からリゾートしらかみに乗って秋田へ。お昼過ぎには解散して、それぞれ新幹線・車・飛行機へ。最後の方の自宅到着は大分11時だったような。秋田駅で靴を買いまして、壊れたスニーカーは処分いたしました。翌日には、ウォーキングシューズとトレッキングシューズの2足を買いました!

来年は天橋立。これまた楽しみです!