天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

家族新年会 2020

毎年恒例の、家族新年会、今年も亡父の誕生日に合わせて3日に開催しました。

f:id:senri4000:20200103141230j:plain

昨年同様、Evernoteに申し送り事項を書きつけておいたものに合わせて今回も秋頃から準備を始め、息子1号に母を送迎してもらって、楽しく料理を囲んでお酒を飲み・お喋りして過ごしました。

例年乾杯をスパークリングワインにしているのですが、今年は妹が某所で飲んだこれが素晴らしく美味しかったとのことで、9月に早々に仕入れておりまして、確かに素晴らしく美味しかった(ちょっと値段は張るけど。お正月だし!)。

そして、今年は年末在宅していたため、ここ数年頼んでいた礼文島のおせちから近所の京料理のおせちに切り替えました。こちらの料理はなんどもいただいていて美味しいので、おせちも頼んでみたかったのですが、年末不在にしていると引き取りに行けなくて諦めていたんですよね。あまり食べなくなっていることもあり、一段重を。

一段でしたが、なんともギッシリ詰まっていまして、どれも美味しく頂きました。ここ数年余ることが多かったのですが、ほとんど残らず売れまして、これはできれば来年も頼みたいな、と思ったことでした。冷めていても焼き魚なども美味しいし、黒豆の素晴らしいことといったら!

また、今年は、縁あって海鮮ものがいくつも手に入り、こちらも楽しむことができました。るん♪

3年ほど恒例のローストビーフも、年末に塊肉を買い出しに行き、慌てず室温に戻してから焼いたのが良かったのか、息子1号に「味が安定してきたよね」と褒められました。わーい。

申し送りには書いていたのですが、結局やっぱり集合写真は撮り忘れました。ダメだねこりゃ。

前日から調子を崩していた息子2号はほとんど参加できなかったのですが、恒例行事をみんな集合してできるっていいよね、と思う年頭でした。