天職の舞台裏

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天職の舞台裏

天職と思って日々仕事をしてますが、その舞台裏で色々考えていること、あるいは水面下でジタバタしてることを書いています。

片づけ祭り:衣類その2

さて、週末になりましたので、片づけ祭りの続きです。前回は、衣類の前半(トップス→ボトムス→かけるモノ)を行いました。

backstage.senri4000.com

後半となる今回は、靴下類→下着類→衣類小物(アクセサリー含む)→バッグ→靴 です。今回も、和室6畳に全部出してきて積み上げました。

靴下・下着

こうした衣類の「小さいモノ」は、あちこちに分散収納されていて、さらに、「まだ着られそう」ということで捨てる理由がみつからなくて処分されていなかったり、それが積み重なって、既に存在感がなくなって「なんとなく」そこにあるだけのものが多いこと。

こうしたものは、こんまりさんによると、「寝ている」ので意識にのぼらないそうですが、全部出してきて触ってあげることで、生気?を吹き込み、起こして向き合うことができます。触って「ときめく」か、これからも着たいと思うか、着て嬉しかったり安心できたりするかを「考える」のではなく「感じる」。

ということを繰り返し、

こんなものまだ持ってたのね~

というものたちの大量の処分となりました。

こんまり流の片づけでは、まず完全に「捨てる」を終わらせてから収納なのですが、1日ですべての「捨てる」が終わらない以上、いったん仮でも収納をしないと暮らしていけません。ということで、あちこち分散収納を止め、さらに季節で分ける収納を止めて、同じカテゴリーのモノが全部見渡せる仮収納にしてみました。

また、ひたすら「たたむ」「立てて収納」はすぐに役立ちそうだったので、仮収納から実行。さらに見通しが良くなってご機嫌です。特に、上物は、かけるモノを除いて2本の引出しにオールシーズンが収まる量に絞ったので、着ようと思ったらすべてが目に入ることになり、これまでと違う着回しを考えるようになりました。面白いです。

アクセサリー

こうした「小さい衣類」の近所にアクセサリーが収納されていたからか、アクセサリーが衣類の中に分類されると思い込んでいて、衣類小物扱いでアクセサリーの片づけも実行しました。あとから本を見たらアクセサリーは小物の中に入っていまして、もっと片づけの練度が上がってから取り扱うべきものだったみたいです。

アクセサリーこそ、捨てられないだけのものが多くて、若い頃に買ったものがそのまま残っていて見直すとイタイ感じです(苦笑)。アクセサリー収納箱も埃をかぶっていたり、傷みが激しかったので処分。入手経路?が不明なものがある一方で、想い出が付いているものもあり、少し思い出して、お礼を言ってお別れしました。

アクセサリーの仮収納は、買ったときの箱で傷んでいないものを箱と本体に分離して引出し収納に。元々アクセサリーをあまり付ける方ではないので、タンスの小引き出し(布が貼ってあるのでおそらくそうした用途のための引出しです)2段分を利用します。

バッグ

自分用の鞄類は、寝室や納戸に置かれたタンス周りではなく、自室の収納棚に置いてあります。ということで、自室に移動して実行。

鞄好きのため、収納からあふれ出すことも多くてこれまでも何度か処分はしてきていますが、やはり、以前は「残す理由」ではなくて「捨てる理由」を考えていたため、「まだ使える」「使うかもしれない」ということで残っていたものがいくつもありました。

今回は、ときめくか=「これからも使いたい」と思うかで決めましたので、2つあったビジネスリュックは両方処分。これらのビジネスリュックは、昔はともかく最近ではPCを持ち歩く必要があり、キャリーバッグを避けたいときに仕方なく使っていたのですが、そのたびに気分が停滞していたんですよね(苦笑)。もちろん、好きで求めたものですから、その昔は活躍していたのですが、お役目が終わっていたということなのでしょう。

こうして実行した結果、残ったのは、散歩&買物に使っているリュックサック、オケの練習時に使っているB4サイズの書類バッグなど用途が決まっている鞄の他は、ほとんどがカナナリュックでした。 www.ace.jp

カナナリュックは、2009年に初めて購入したようです。

licensing.senri4000.com

初めて買った茶も黒もまだ現役活躍中です。

[カナナプロジェクト] Kanana project トラベルリュック 48105 08 (ブラウン)

[カナナプロジェクト] Kanana project トラベルリュック 48105 08 (ブラウン)

[カナナプロジェクト] Kanana project トラベルリュック 48107 01 (ブラック)

[カナナプロジェクト] Kanana project トラベルリュック 48107 01 (ブラック)

このほか、A4書類が入るタイプ(今のアクティブリュックの前身かな?)、Anywayバッグという今では取り扱いがなくなってしまったシリーズ、そして、お弁当持参の日のために購入したピクニックリュック。

私の鞄のときめきシリーズでした(笑)。カナナプロジェクトのサイトを見ていると物欲が刺激されて困りますが(そして、最近地元にカナナショップができてしまって危険なのですが)、さすがに今手持ちのこれらで十分満足です。

履くと当たって痛いけど他にないし、と思って使っていた水中用のサンダルを処分しました。きっとまた縁があれば同じようとのモノに出会えるでしょう。最近は、夏のアクティビティが変わってきて、川遊びもしなくなっているので、もう要らないのかもしれません。

靴箱を確認して、サイズが合わなくなっている息子たちの靴を同時に処分。

その他の靴たちは、かなりお疲れになっているので、出会いを求めて靴店に行っても良さそうです。

処分した量は

後半で45Lゴミ袋を7つ追加、前半5袋と合わせて衣類で12袋になりました。